現地時間2019年2月12日ニューアルバムヘッド・アバーヴ・ウォーター』のリリースを今週金曜日に控えるアヴリル・ラヴィーンが、今作からの3rdシングルとなる、ニッキー・ミナージュをフィーチャーした「Dumb Blonde」を公開した。

 曲は、アヴリルが「私は馬鹿なブロンドじゃない/私は愚かなバービー人形じゃない/準備はできてる/あなたが間違っていることを証明してみせる」とキャッチーなコーラスで歌い、ニッキーがパワフルなヴァースを披露するガールズ・アンセムとなっている。

 公開に先駆けてアヴリルは、「@NickiMinajのことが大好き!!!彼女の音楽はずっと聴いてるわ」とツイートし、「#DumbBlondeをレコーディングしてすぐに彼女がこの曲でコラボするのに完璧なアーティストだと思った。彼女が“イエス”って返事してくれた時、夢が叶った感じだった」と振り返っている。

 一方のニッキーも、長年アヴリルのファンだったことを明かし、「信じられないぐらい才能がある」と絶賛している。彼女は「私がレッド・ロブスターで働いてた時、何か月間も毎日彼女の音楽を1時間ずっと聴きながら、仕事場まで運転してた」と投稿し、「“I’m With You”を聴いて泣き、“Complicated”、“Things I’ll Never Say”、“Nobody’s Fool”、“Sk8er Boi”を爆音で流してた」とお気に入りのアヴリルの曲をツイートしている。

 「Dumb Blonde」は、アヴリルにとって6枚目のスタジオアルバムとなる『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』から、タイトルトラック、「Tell Me It’s Over」に次ぐ3曲目のシングルとなっている。2014年からライム病の闘病している彼女がアルバムを発表するのは、約6年ぶりとなる。

アヴリル・ラヴィーン&ニッキー・ミナージュ、コラボ曲「Dumb Blonde」を公開