辛口解説者からオールダム監督に転身 就任2日目の初陣に4-1快勝

 英4部オールダム・アスレチック指揮官に就任した元イングランド代表MFポール・スコールズ監督は、デビュー戦となった現地時間12日のヨービル・タウン戦を4-1の勝利で飾った。辛口解説者から指導者へと転身を遂げた同監督は、「最初の練習はサッカースクールのようだったよ」と就任から初陣までの歩みを振り返っている。英公共放送BBC」が報じた。

 現地時間11日にオールダムの指揮官就任が正式にアナウンスされたスコールズ監督。18カ月の契約を結び、その翌日にはリーグ戦で初陣を迎えた。

 本拠地でのヨービル・タウンと対戦したオールダムは4-1で快勝し、スコールズ監督はトップチーム最初の指揮を白星で飾った。マンチェスター・ユナイテッドレジェンドは初戦までの道のりを振り返り、次のように語った。

「これがポール・スコールズチームだとはまだ言えないね。ピッチでの練習は、月曜日(11日)に1時間半しただけだからね。27人で練習をしたが、ファーストチームの練習というよりは、まるでサッカースクールのようだったよ」

 44歳で指揮官デビューとなったスコールズ監督。「とにかく、我々はできることをするだけ。そうすれば勝算は十分にある」。オールダムのポテンシャルは十分と、今後の指揮にも自信をのぞかせていた。(Football ZONE web編集部)

オールダムの指揮官に就任したポール・スコールズ【写真:Getty Images】