東京都内の女子高校生を自分の車に乗せ、突然目隠しをした上、両手首を縛ったとして、警視庁は東京・日野市に住む44歳の男を逮捕しました。

 逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、宗片善一容疑者(44)です。警視庁によりますと、宗片容疑者は日野市内で造園業を営むとともに、都内にある高校で臨時講師を務めていました。その高校で被害者の女子生徒と知り合い、1月8日、女子生徒と一緒に車に乗って日野市に向かったということです。

 警視庁によりますと、宗片容疑者は停車した車内で突然、女子生徒にアイマスク目隠しをして、梱包(こんぽう)用のラップで両方の手首を縛り、動けないように拘束しました。しかし、女子生徒が嫌がり続けると30分ほどで解放したということです。生徒にけがはありませんでした。その後、被害に遭った女子生徒が学校に相談をしたことから、事件が発覚しました。

 警視庁によりますと、宗片容疑者は調べに対し「自分の性的欲求を満たすために女子高校生を車内に拘束した」などと容疑を認めていて、警視庁は余罪の有無についても調べる方針です。また、なぜ女子生徒が宗片容疑者の車に乗ったのか、事件のいきさつも詳しく調べています。

女子高校生を車内監禁の疑い 東京・日野の臨時講師を逮捕