木村祐一が出演するサントリー缶コーヒー「ボス」新CM「ヘッドライト・テールライト2019」篇が注目を集めている。心温まるストーリーラインに加え、あの人気キャラクターにそっくりなおかっぱ頭の少女も登場。2人の微笑ましいやりとりも好評で、Youtubeサントリー公式チャンネル」で公開された同CM(60秒篇)の視聴回数は10日間ですでに300万回を突破している。

【写真を見る】あの子にそっくり?「ボーッとしてると冷めるで!」と木村祐一に強烈ツッコミ!

■ じんわり心温まる人生のひとコマ

同CMは、ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズ扮する“宇宙人ジョーンズ”がさまざまな職業を転々としながら未知なる惑星・地球を調査する人気CMシリーズ宇宙人ジョーンズの地球調査」の新作。

シリーズ第68弾となる今回は、トラックドライバーの日常を綴った「ヘッドライト・テールライト」篇(2015年12月)の3年ぶり続編となる。中島みゆきの名曲をモチーフに、木村扮する長距離トラックドライバーのほろ苦く味わい深い人生を描く。

夜の街を大型トラックで走行する、長距離ドライバーの男(木村)。先日参加した中学校同窓会では、出世した同窓生たちから「日本の物流を支えちゃってるってわけや。なぁ?」と茶化されムシャクシャ。

だが、見知らぬサラリーマン(尾美としのり)や行きつけのラーメン屋の看板娘・チエちゃん(新井美羽)とのやりとりが少しずつ男の気分を変えていく。

ラストは、男がラーメン屋の外でぼんやりボスを飲んでいるところへトラックドライバージョーンズが通りかかり、小さな奇跡を起こす――というストーリー。「もうちょっと走るか」とふたたび前を向いた男の姿に、「この惑星では、誰もが、長いドライブを続けている」というナレーションが重なる。

じんわり心温まる同CMに、視聴者からはSNSなどで「見入ってしまう」「沁みるねぇ…」「何回観ても良きだなぁ」といった声が上がっている。

主人公の長距離ドライバーを演じる木村は、お笑い芸人でありながら数々のドラマや映画に出演する俳優でもある。大型トラックドライバー役は初体験だったが、運転シーンの撮影ではときどきメーターやサイドミラーに目をやるなど堂々としたもの。現場では、監督も「いい感じでしたよ。木村さんがよければ、こちらもOKです」と、絶大な信頼を寄せていた。

■ チエちゃんに叱られる!?

同CMが注目を集める理由がもう一つある。行きつけのラーメン屋の看板娘・チエちゃんだ。演じるのは、大河ドラマおんな城主 直虎」(2017年NHK総合ほか)や連続テレビ小説「わろてんか」(2017-2018年NHK総合ほか)にも出演した12歳新井美羽

新井は、木村にも縁のある人気バラエティーチコちゃんに叱られる!」(NHK総合)のチコちゃんそっくりのおかっぱ頭にピンクのブラウス姿で出演。熱々のラーメンを前にぼんやりする木村に「ボーッとしてたら冷めるで!」とピリッとツッコミを入れるなど、元気でちょっぴり口の悪い女の子を好演している。

掛け合いシーンリハーサルでは、「あんまり考えたらあかんで!アホなんやから!」「そんなキャリアないやろ!」など厳しい口調も飛び出すチエちゃんに、カットが掛かるたび天井を見ながら必死で笑いをこらえる木村。

撮影後には、新井について「すごかったですね。お芝居もうまいし、かわいいし、一言でいうと“天才”」とべた褒めで、「普段こんな風に責められることはあまりないので新鮮でしたし、言われた瞬間ゾクッとしました。そっか、言われた方はこんな感じになんねんやと。だから僕もこれからは、もっと心を込めて責めたいと思います(笑)」とニヤリ。めったに見られない“キム兄が叱られる”姿にも注目だ。

■ 「人生、これでよかった」と和らぐ時間を

木村は「今回のCMで演じているのはトラックドライバーですが、いろんな職業に当てはまる内容になっています。男性も女性も若い人も年配の方も、この作品を見ながら人生を振り返って、なんかほっこりするような、これで良かったんだと和らぐような感じを、ご自身とも照らし合わせていただけるとありがたいなと思います。ボーッと見てください」と視聴者メッセージを送る。

誰もが、人生という長いドライブを続けている。でも、たまにはちょっと立ち止まり“ボーッと生きて”みることも大切じゃないか――そんなことを思わせる、サントリー「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」新CM「ヘッドライト・テールライト2019」篇は全国で放映中。(ザテレビジョン

木村祐一がトラックドライバーを演じる“宇宙人ジョーンズ”シリーズ新CMが話題!