スイスバール 2019年2月13日Intelligent Data Management(TM)を実現するバックアップ・ソリューションのリーダー企業であるVeeam(R) Software(本社:スイスバール。以下、Veeam)は、2018年の業績を発表しました。2018年の受注額は9億6,300万ドルと前年比16%増となり、12年連続で2桁の伸びを達成しました。また、年間に獲得した新規顧客は48,000社(月平均4,000社)にのぼりました。Veeamの成長力は、競合各社を凌駕した2017年の業績をさらに上回るものとなり、Veeamによるインテリジェント・データマネジメント・ソリューションに対する需要が世界中で企業の規模を問わず高まっていることを裏づけています。なおVeeamは、世界的ベンチャーキャピタルであるInsight Venture Partnersカナダの公的年金運用機関であるCPPIBから、2019年1月にストレージ関連ソフトウェアベンダーとして過去最大規模となる5億ドルの投資を受けました。
スイスバール 2019年2月13日Intelligent Data Management™を実現するバックアップ・ソリューションのリーダー企業であるVeeam(R) Software(本社:スイスバール。以下、Veeam)は、2018年の業績を発表しました。2018年の受注額は9億6,300万ドルと前年比16%増となり、12年連続で2桁の伸びを達成しました。また、年間に獲得した新規顧客は48,000社(月平均4,000社)にのぼりました。Veeamの成長力は、競合各社を凌駕した2017年の業績(https://www.veeam.com/news/veeam-set-on-path-to-be-a-billion-dollar-software-company.html)をさらに上回るものとなり、Veeamによるインテリジェント・データマネジメント・ソリューションに対する需要が世界中で企業の規模を問わず高まっていることを裏づけています。なおVeeamは、世界的ベンチャーキャピタルであるInsight Venture Partnersカナダの公的年金運用機関であるCPPIBから、2019年1月にストレージ関連ソフトウェアベンダーとして過去最大規模となる5億ドルの投資を受けました。

Veeam共同創設者でセールス&マーケティング部門のエグゼクティブ・バイスプレジデント(EVP)であるRatmir Timashevは、次のように述べています。

データマネジメントコンプライアンスリスク管理、またデータの盗難やサイバー犯罪の防止は、2019年および将来にわたる企業の課題です。2018年に発生したさまざまな事件で判明したように、100%安全なデータというものはありません。顧客は、データの活用範囲を広げビジネスを変革しなければならない一方で、単一のベンダーロックインされない、かつリスクを軽減できるデータマネジメントを求めています。Veeamはバックアップされたデータに付加価値を与え他のビジネス用途に活用するための新しいソリューションを、Hewlett-Packard Enterprise (HPE)、NetApp、CiscoLenovoとの強固なアライアンスを通じ提供し、ハイブリッドクラウド環境におけるデータマネジメントという変化の激しい市場をリードすることで、着実な成長と利益を積み重ねています。パートナー、顧客、およびアライアンス企業の力により、また当社創立以来最も重要な製品であるVeeam Availability Suite 9.5 Update 4(https://www.veeam.com/data-center-availability-suite.html )が実現する新しいクラウドデータマネジメント機能により、当社はインテリジェント・データマネジメントトップベンダーに、また株式非公開のソフトウェアベンダーとして世界最大規模になりました」


2018年業績・事業のハイライト


投資と役員人事
Veeamは2018年を通じて事業拡大のため多額の投資を行っており、特にプラハにあるResearch and Development(R&D)Centerの拡充に1億5000万ドルを投資する計画を発表しました。この投資によりVeeamはソフトウェア開発者を500人増員します。Veeamの従業員数は現在3,500人を超え、2019年は1,000人増加する予定です。

事業のグローバル化を加速するために、役員を2名任命しました。ゼネラルマネージャー兼セールス部門シニア・バイスプレジデントPaul Strelzickと、EMEAのゼネラルマネージャー兼シニア・バイスプレジデントDaniel Friedです。Strelzickは最近までInsight Venture Partnersのアドバイザーおよびコンサルタントを務めました。それ以前はSolarWindsのワールドワイド・セールス部門のエグゼクティブ・バイスプレジデントを10年間務めました。Strelzickは、マーケティングおよびセールス体制の構築を専門としており、アメリカでのビジネスを推進するための理想的な人材です。2017年にEMEAのセールス&マーケティングのシニア・バイスプレジデントを退職したFriedは、Veeamに復職しEMEAの全戦略を統括して、パートナーの事業機会と新興市場でのシェア拡大を図ります。

IDCのリサーチ・ディレクターであるPhil Goodwinは、次のように述べています。「データ保護およびレプリケーション市場は、グローバルの売上が70億ドルを超えかつ競争の激しい業界で、今後も年間4.3%の成長が見込まれています。クラウドデータマネジメントの新しいビジョンが示すように、Veeamは、データのアベイラビリティ・ソリューションを深く広く拡大し続けています。さらに、Insight Venture Partnersからの投資を活用することで、今後も継続的に2桁成長を続けるでしょう」

[ご案内]
Veeamが主催するインテリジェント・データマネジメントに関する世界最大のイベント、VeeamON 2019(https://www.veeam.com/veeamon)が、2019年5月20日から22日にかけて、米国マイアミで開催されます。2018年シカゴを皮切りに世界各地で開催し、約10,000名の顧客、パートナーインフルエンサーが参加しました。 VeeamON 2019の詳細については、https://www.veeam.com/jpをご参照ください。


Veeam Softwareについて
Veeam(R)はインテリジェント・データマネジメントを実現するバックアップ・ソリューションのリーダー企業です。Veeam Availability Platformは、インテリジェント・データマネジメントの5つの段階をお客様が進んでいくための最善のソリューションです。Veeamはフォーチュン500の82%、グローバル200066%を含む330,000社を超える顧客を擁しており、顧客満足度スコアは業界平均の3.5倍で業界最高です。Veeamのグローバルなエコシステムは、61,000社以上のチャネル・パートナー、エクスクルーシブ・リセラーであるCisco、HPE、NetApp、Lenovoさらに21,000社以上のサービスプロバイダーで構成されています。スイスバールに本社を置き、30カ国以上に支社を開設しています。

詳細については、https://www.veeam.com/jpアクセスするか、Twitter https://twitter.com/veeam_japan でVeeamをフォローしてください。

配信元企業:ヴィーム・ソフトウェア株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ