韓国の女優シム・ウンギョンと俳優の松坂桃李ダブル主演を務める映画『新聞記者』の全国公開が6月28日に決定。緊張感みなぎる内容の特報映像とティザーチラシも併せて公開された。

【写真】『新聞記者』ティザービジュアル

 本作は、東京新聞記者・望月衣塑子氏のベストセラー『新聞記者』(角川新書)を原案として、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだ若手エリート官僚・杉原拓海(松坂)との対峙と葛藤を描いたサスペンスエンターテインメントメガホンを取るのは、俳優の山田孝之プロデュースする映画『デイアンドナイト』の藤井道人監督。

 解禁された両A面のティザーチラシは、吉岡と杉原が国会議事堂を背に並び立ち、お互い真逆の方向を向く姿に、「この映画を、信じられるか――?」というコピーが被さったものがひとつ。もう1枚は、スポットライトの当たる国会議事堂と、そこに向かう車の流れが印象的な夜の霞ヶ関の風景に、「たった今、権力の闇の中へ――」という別のコピーが踊ったものになっている。

 併せて公開された特報映像は、国会議事堂に向かって必死に駆けていく吉岡の後ろ姿、携帯越しに何事かをまくし立てる杉原の深刻な表情などを映し出した後、「ひょっとしたら政権がひっくり返るかも知れないぞ…」という何者かの声で幕を閉じている。

 松坂と初共演を果たしたウンギョンは、「私にとって本作品は、芝居だけではなく日本語セリフという乗り越えないといけない課題がありましたが、松坂さんの柔軟なお芝居に頼らせていただきながら頑張ることができました」とコメント

 松坂もウンギョンについて、「やはり目力がすごい方です! パッションみたいなものが、目から伝わってくるので、そこはすごく刺激を受けました。強く吉岡が迫ってくるところは、非常に記憶に残っています」と振り返り、「妥協のなさというか、求め続けていく姿勢には大いに刺激をもらいました」と称賛している。

 映画『新聞記者』は6月28日より全国公開。

『新聞記者』ティザービジュアル(C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ