じょんのび日本遺産」(毎週日曜朝6:00-6:45TBS系)に出演中のナタリー・エモンズが、文化庁を表敬訪問し、宮田亮平文化庁長官と対談した。

【写真を見る】着物姿でダイナミックに“銅鑼”を叩き、ご満悦のナタリー・エモンズと宮田亮平長官

同番組では、文化庁が認定する「日本遺産」を美しい映像でつづり、日本の歴史に秘められた物語や日本の美を生み出す匠の世界、息をのむ絶景などを紹介。ナタリーは旅人として日本各地を訪れ、日本の文化、美しさを伝えている。

今回、改めて日本各地の歴史的魅力と日本文化の素晴らしさを広く知ってもらうため、テレビ番組では初となる文化庁とのタイアップが決定。ナタリーが艶やかな着物姿で文化庁長官室を訪れた。

金工作家でもある宮田長官から、自ら制作した銀錫の“馬上盃”(ばじょうはい)を贈られたナタリーは「ありがとうございます! すごくきれいですね」と目を輝かせ、ナタリーは前日まで番組のロケで旅していた四国・徳島の半田そうめんお土産として手渡した。

■ 海外の人に日本の魅力を伝えるには

宮田長官から「素晴らしい日本の遺産を日本人はどうしても当たり前と思ってしまう。日本の皆さんに、自分の村はこんなにすてきなんだということを伝えてほしい」と激励されたナタリーは「私は日本に住んでいたことがありますが、それでも知らない歴史や文化がいっぱいあるので、(旅をすると)すごく感動しますね。文化とか伝統芸能とか、地元の方に教えてもらって感謝しています」と語る。

また、「これまでナタリーさんが訪れた中で、好きな場所はどこですか?」と聞かれると、「日本各地にすてきな場所がたくさんあるので迷いますが…、島根県の津和野(つわの)でお米や栗の収穫を体験したり、伝統料理をごちそうになり、地元の方たちと触れ合えたことは良い思い出です」と笑顔で返答。

さらに、2020年東京オリンピックパラリンピックをはじめ、さらなる外国人観光客の増加が見込まれる今、宮田長官から「海外の人に日本の魅力を伝えるには、どうしたらよいか」と聞かれると、ナタリーは「言葉が通じなくても、日本人外国人が一緒にできる体験があれば、いいですよね」とアピールした。

対談を終えると、二人は「イエーイ!」とハイタッチ。今回の対談を通してすっかり意気投合した様子を見せ、終始和やかな雰囲気の対談となった。

■ 「じょんのび日本遺産2月17日(日)の放送は

2月17日(日)放送では、2018年日本遺産に認定された山形・鶴岡を訪ねる。旧庄内藩士が刀を鍬に替え開拓した養蚕場をきっかけに、絹産地として発展してきた鶴岡は、今も養蚕から絹織物の生産まで一貫工程が残る国内唯一の地。街並みからは近代化の原風景を体感することができる。

今後も、四国で弘法大師の足跡をたどりながら遍路を体験したり、栃木・那須で明治時代の貴族たちのロマンに思いをはせたり…。“じょんのび旅”をしながら「日本の美」を伝えていく。(ザテレビジョン

「じょんのび日本遺産」と文化庁のタイアップを記念し、ナタリー・エモンズ(左)と宮田亮平文化庁長官の対談が実現!