株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2020年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、2月1日時点での就職活動に関する調査を行いました。(調査期間:2019年2月1日~6日、回答数:1,322人)
詳細レポートはこちら:https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/201902_gakuseichosa.pdf

1.就活解禁1カ月前の不安・・・図表1
○「希望する企業に内定をもらえるか」76.1%、「内定をもらえるか」69.4%の順
○男子に比べ女子で全体的にポイントが高く、不安の大きさが表れています

2.2月までの就職活動準備状況
○「自己分析」80.3%、「業界研究」74.9%、「就職準備イベントに参加」74.7%の順
○前年同期調査に比べ「イベント参加」「企業研究」の伸びが目立ちます

3.インターンシップの参加状況と2月の参加予定・・・図表2
インターンシップ参加経験者は全体の92.4%。前年同期調査(86.6%)よりさらに増加
○平均参加社数7.2社のうち、就職したいと思った企業は2.2社でした

4.現時点の志望業界
○「明確に決まっている」34.4%。「決まっていない」は21.3%で前年より6.6ポイント
○志望業界1位「素材・化学」、2位「情報・インターネットサービス」、3位「医薬品・化粧品」

5.2月1日時点の本選考受験状況と内定状況・・・図表3
○「本選考を受けた」39.9%。受験社数は平均2.7社。インターンシップ参加企業が中心です
○「内定を得た」8.1%。前年同期(4.6%)を3.5ポイント上回る

6.エントリーを決めている企業・・・図表4
○「エントリーを決めている企業がある」90.1%。決めている企業の数は平均10.3社
○就職先候補の判断材料は「仕事内容」がトップ。「奨学金支援制度」は対象者の4割が意識

7.ゴールデンウィーク中の採用活動への意見・・・図表5
○「ぜひやって欲しい」19.7%、「やむを得ない」41.6%。「やらないで欲しい」が38.7%

8.Uターン就職の希望状況
○Uターン就職希望者は27.6%。「出身地・地元が好き/暮らしやすい」が理由のトップ

【調査概要】
調査対象 : 2020年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)
回答者数 : 1,322人(文系男子450人、文系女子381人、理系男子325人、理系女子166人)
調査方法 : インターネット調査法
調査期間 : 2019年2月1日~6日
サンプリング : キャリタス就活2020学生モニター2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)

図表1.


図表2.

図表3.

図表4.

図表5.

配信元企業:株式会社ディスコ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ