えみ「私ね、デリヘルで働いてんの。咲田くん知ってるよね」

2月8日(金)深夜放送のドラマ24『フルーツ宅配便』テレビ東京)第5話。

デリバリーヘルス店「フルーツ宅配便」で店長見習いをしている咲田(濱田岳)は、中学の同級生・えみ(仲里依紗)とふたりで出かけることになった。えみがラブホテルから出てきて黒いバンに乗るところを見ていた咲田。えみはデリヘルで働いているのかもしれないと考えていた。

フルーツ宅配便」では、高校受験を控えた娘を持つスダチ(内田慈)が、娘のためにシフトを増やす相談をしてきた。スダチは、客の水谷(古館寛治)にも自分の事情を話してしまう。すると水谷は、店を通さず客と会う「直引き」を勧めてきた。

自分の意志で働いているわけじゃない風俗嬢
咲田「この業界に染まっちゃダメだよ。きっと金銭感覚とかもおかしくなっちゃうかもしれないし、普通の恋愛だってできなくなっちゃうかもしれない。いまなら戻れるよ、ね? えみ」
えみ「うん、もう遅いよ」

えみは、中学生の頃に親が離婚し母親(渡辺真起子)に引き取られていた。母親が連れてきた新しいお父さん(奥田洋平)は、まだ中学生のえみを追い出し一人暮らしをさせ、援助交際で生活費や学費を稼がせた。

そんなえみの事情を知らない咲田は、自分の意志で整形費用やホストに貢ぐ金を稼ぐデリヘル嬢たちを例に出し「この業界に染まっちゃダメ」と言う。自分の居場所も、初めてのセックスの相手も、何もかも自分の意志で決めることができなかったえみは、そのアドバイスに落胆する。

「その男から紹介された仕事ね、援交だったんだ」と、えみが話すとき、歯磨きをする父親の姿が映る。シャカシャカと音が出るほど強く歯ブラシを当て、歯磨き粉を吐き出さず(つけていないのかもしれない)、そのまま歯を見せて笑ったかと思うと一瞬で真顔に戻る。

えみの母親はよれた服を着ていて、髪の毛のまとめ方も雑、化粧っ気もあまりない。父親はアイロンがかかっていそうなYシャツの上に、毛玉のないきれいなセーターを着ている。父親がなぜえみの母親と交際していて、なぜえみを追い出し援助交際までさせたのか、何を感じ、何を考えているのかわからない。

本当は、たとえば「自分の息子だけが大事だった」とか何か理由があるのだと思う。それを見せないのは、あの歯磨きをしていた父親は「えみから見た父親」だったからだ。えみは、いまでも自分がどうしてこんな目に遭っているのか、知らないのかもしれない。

えみの父親役を演じた奥田洋平は、NHK朝ドラひよっこ』で、みね子(有村架純)や時子(佐久間由衣)たちが働くラジオ製造工場のライン長役だった。「ご安全に!」と声を張り上げ少女たちを見守っていた。何を考えているのかわからない不気味な父親役とのギャップに驚く。

手ブレ、顔アップ、並行。カメラワークの感情表現
スダチは、オーナーのミスジ(松尾スズキ)に直引きの現場を見られていた。咲田は100万円の罰金を請求してくるようにミスジに指示されるが、泣いて土下座をするスダチを前にして「100万円を貸す」と言ってしまう。その様子を見ていたミスジが出てきて、スダチにソープで働くように言う。

100万円貸す」と言った咲田と、「ソープで働け」と言うミスジ。スダチは、「ありがとうございます!」とミスジに感謝をした。咲田の善意は、いつも報われない。

中学生の頃に、咲田と小田ちん(前野朋哉)は自殺しようとしていたえみを助けた。当時のえみは「自殺なんてするわけない」と笑っていた。でも、本当は身体を売りたくなくて死のうとしていた。もしかしたら死んだ方が楽だったのかもしれない。咲田の善意は、ヒーローのように気持ち良く誰かを助けることができない。

えみ「でもなんか、話さなきゃ良かったね。業界に染まるなとか、すぐ辞めろって、私ほんと何千万回も言われてきたからさ。うん、もう前と同じ顔じゃ、なんか、会えなくなっちゃったね」

えみと咲田が牧場にいるシーンでは、カメラホームビデオのように手ブレする。牛の乳しぼりをしながらえみがデリヘル嬢であることを告白するシーンは、牛の乳を挟んでふたりの顔のアップが交互に映る。そして、えみが過去を語る場面で咲田が失言をしてからは、池と船の柵が平行になるよう、真横から静的な画面が撮られている。

登場しているのはずっとえみと咲田のふたりだけなのに、撮り方のバリエーションで感情の変化を見せる。手ブレは咲田の高揚感、顔のアップは驚きと動揺、船と池の平行は気まずさ。ずっと咲田の感情だ。えみは、自分の気持ちは自分の口でちゃんと話している。

エンディングテーマの映像が、いつものフルーツ宅配便」のスタッフ4人じゃなかった。えみと行った牧場で買ってきたピンクアルパカぬいぐるみに、徐々にカメラが迫っていく。えみと行った牧場の思い出が、咲田の心の中だけでなくぬいぐるみという物質で残る。その質量によって、簡単に忘れられない記憶の重みが生まれていた。

6話は、今夜0時12分から放送予定。

(むらたえりか

▼配信サイト
Amazonプライムビデオ(テレビ東京オンデマンド)
ひかりTV(テレビ東京オンデマンド)

ドラマ24『フルーツ宅配便』テレビ東京
毎週金曜 深夜0時12分から放送
出演 濱田岳、仲里依紗、前野朋哉、徳永えり、山下リオ、北原里英、原扶貴子、荒川良々松尾スズキ、ほか
原作 鈴木良雄『フルーツ宅配便』小学館ビッグコミックス
脚本 根本ノンジ
監督 白石和彌、沖田修一、是安祐
楽曲制作 高田漣 
主題歌 EGO-WRAPPIN’「裸足の果実」(NOFRAMES / TOY’S FACTORY)
エンディングテーマ 超特急「ソレイユ」(SDR
チーフプロデューサー 浅野太(テレビ東京
プロデューサー 濱谷晃一(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、赤城聡(フラミンゴ)、押田興将(オフィス・シロウズ) 
制作 テレビ東京 オフィス・シロウズ
製作著作 「フルーツ宅配便」製作委員会

鈴木良雄『フルーツ宅配便』4巻(小学館・ビッグコミックス)