「人が人生の中で大きな分岐点に立たされたとき、どういう選択をするのか」。そんな“問い”を投げかける映画『フォルトゥナの瞳』が、2月15日に公開された。弱冠25歳にして20年以上のキャリアを持つ当代随一の実力派俳優・神木隆之介が、初めて挑戦した本格ラブストーリーだ。相手役を務める国民的人気女優・有村架純と共に、心震えるドラマを創り出している。

【写真を見る】ある日突然“フォルトゥナの瞳”を手に入れてしまった青年

■ 異なるジャンルの作品を発表し続けるヒットメーカー百田尚樹原作!

原作は、『永遠の0』『海賊とよばれた男』の百田尚樹による小説『フォルトゥナの瞳』。百田は、放送作家として『探偵!ナイトスクープ』などの番組構成も手掛けている。

主人公の青年、木山慎一郎を演じるのは神木。ヒロインの桐生葵を有村が演じる。さらに脇を固め、物語を味わい深くしているのが、志尊淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉斉藤由貴、時任三郎ら個性豊かな俳優陣。映像化は、『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など青春映画の名匠・三木孝浩が手掛け、主題歌・挿入歌は、大人気ロックバンドONE OK ROCKが担当している。

■ 生死を賭けた男の選択に涙する

“フォルトゥナ”とは運命の女神のこと。その瞳を持ってしまった者には、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力が宿る。ある日、この“フォルトゥナの瞳”を持っていることに気づき、生活が一変してしまう慎一郎。街ゆく人々が次々と透けて見えていく。そして遂には、最愛の女性が“死の運命”に導かれていることを知り、究極の選択を迫られることとなる…。

印象に残るのは、「人は朝起きてから夜寝るまで9000回何かを選択している」という劇中の言葉。幼少期に飛行機事故で家族を失ったことをきっかけに、友人も恋人も作らず仕事のみに生きてきた慎一郎は、心を閉ざし、極力“選ぶこと”を避けていた。そんな慎一郎の世界とのつながり方、ものの見方を変えてくれるのが、偶然入った携帯ショップで出会った葵だ。

選択してこなかった男が、選択を意識し、能動的に生きるようになっていくプロセス。それを映し出す本作は、ラブストーリーベースに、SF的な設定を組み込みつつ、慎一郎の成長をも描いた多層構造の作品となっている。

(C)2019「フォルトゥナの瞳製作委員会(東京ウォーカー(全国版)・平井あゆみ

主人公の青年、木山慎一郎を演じる神木隆之介とヒロインの桐生葵を演じる有村架純