どうもあかりです。ときには「いい子」でいるよりも、「悪い子」になるのが大切なのは、ほかでもなく「好き」だから「悪い子」になってしまうという構図があるからでしょう。だから「彼の前でだけ悪い子」というのは、かわいく愛おしいのです。ということで今回は、そんな「悪い子」チャンスの4場面をご紹介します。彼の前だとつい「いい彼女でいよう」と意識してしまう、がんばりやさんの女子には特に読んでほしいです。


■いつもと違って「わがまま」な瞬間を見せたとき

乱用は厳禁ですが、「好きすぎて聞き分けが悪い子になってしまう」というのは、やっぱりかわいい
例えばデートの去り際。「そろそろ帰ろうか」的な時間になったけれども、いつもいつも「そうだね~、バイバイー」と聞き分け良すぎのいい子ちゃんじゃ、「あれ、さみしくないの?さみしいの俺だけ?」なんて思われてしまうかもしれません。
だからときには、「今日だけでいいからもうちょっと一緒にいたいな」的なことを伝えてあげてください。
また、彼からデートドタキャンをされたとき、「わかった。大丈夫」と伝えるのが大人で「いい子」のお手本行動かもしれませんが、たまにはそこで「えー、嫌だ!会いたいのにー!」と食い下がってみてほしい。
レアだからこそ、彼氏も「俺ともっと一緒にいたいんだ」と実感して嬉しくなります。


■たまには彼氏とのデートを優先するところ

例えばこんな「悪い子」は、すごくかわいいと思います。
彼からデートに誘われたときに、実はすでにその日は飲み会の予定が。そんなときに、「え~、でも飲み会よりもデートしたい!」と本音が思わず出てしまって、おまけ飲み会を「諸事情」でキャンセルしてしまう。「本当はデートするの、内緒だからね!」と。
もちろん、彼以外との人間関係をないがしろにしろとは言いません。友達との関係も大切に。
でも、友達よりも恋人を優先してしまうことが「たまには」あっても、それを強く非難する人もそういないでしょう。
社会人」としては、ひょっとしたらあまりよくないことなのかもしれないけど、それよりも彼のことを優先したい。そんな「悪い子」は、かわいいのです。


■彼氏の前でだけ「エロい女子」になっちゃう

「彼の前でだけ悪い子」と、「彼の前でだけエロい子」は、語感も似てますが、その意味的にもほぼ同義です。
もう付き合ってしまったら男女の仲。腹をくくって、エロさを見せていきましょう。
とくにあまり「エロい子」のイメージを周りから持たれていない人。まあそんな人自体がそんなにいないと思うのですが。
「俺の前だとこんなにエロいの!」という驚きは、「俺がそんなに好きなのか」という気持ちと「俺のエッチが上手なのかな」という気持ちの2つを与えられるところがいいですね。ぜひたまにでいいので、あなたの方からも彼に求めてあげて。


■恋人を好きすぎるがゆえの「悪口」

人の悪口を言っちゃいけない。教科書には、こう書いてあります。
だけど、「好きな人の周りの異性は、憎い」というのは、教科書に何と書いてあろうと当たり前の感情なのです。
例えば「この子、彼のことが好きでは?」という潜在的なライバルがいたり、「元カノと、まだ仲良しでは?」と不安に感じたりしたとき、「その子絶対性格悪いよ!」とか言ってみたとしても、それで彼が「こいつ性格悪いな」と考えるとは思えません。
「好きだから、そう言ってしまった」というのは当然彼にも伝わっているはずだからです。
あとで「ごめんさっきは。本当は悪口なんて言うつもりなかったんだけど。みっともないよね」と反省を伝えてあげれば大丈夫
「そういうことあるよね」と思いつつ、それだけつい必死になってしまった一面に、自分に対する強い愛情を感じ取ってくれるはずです。(遣水あかりライター
(ハウコレ編集部)(モデル/あけちゃる)

「いい子」な彼女より断然かわいい♡彼氏の前でだけ「悪い子」になっちゃおう