プロ野球12球団の春季キャンプ2月1日から一斉にスタートした。中でもひときわ注目を集めているのは、巨人にFA加入した丸佳浩(29)と、その人的補償で広島へ移籍した長野久義(34)の“バトル”だろう。現地取材でしかわからない裏情報を公開する。

 巨人・宮崎キャンプで早くも“丸効果”が発揮されている。シューッ! シューッ!──。1球ごとに独特の掛け声とともにスイングするなど、とにかく丸の一挙一動に巨人の選手たちが釘づけ。黙々とバットを振り、全メニューが終了しても時にみずから居残って特打に励む。巨人に移籍しても広島時代と同じスタイルを貫く背番号8の姿に感化され、ジャイアンツの面々の多くが今まで以上に厳しい練習を積み上げるようになったのだ。

 さらにG主力たちを驚かせているのは、丸のマッチョボディだという。

「それほど大きくない体格ですが、アンダーシャツを脱ぐとアンバランスとも思えるような筋骨隆々の肉体美で、チーム内からは『まるでミケランジェロのようだ』と驚嘆の声が沸き起こっているんです。丸に刺激されて『自分たちも鍛え上げなきゃいけない』というムードで、空いた時間を使ってウェイトレーニングに励む選手が増えています」(さる主力選手)

 それだけではない。丸が広島時代から使用している「Cフラップ」と呼ばれるフェースガード付きヘルメット坂本勇人(30)や陽岱鋼(32)、岡本和真(22)らもさっそくキャンプイン初日から試しだした。Cフラップは厳しい内角攻めや打ち損じた打球から顔面を保護するためのもので、メジャーリーガーの間ではトレンドグッズとなっている。これを丸が昨年10月から使い始めており、その「ケガは未然に防ぐ」というプロ意識の高さに巨人主力勢たちもはやばやと共鳴した格好だ。これには球団関係者も安堵のようで、

「当初は人的補償で長野がチームを去ったことで、一部の選手の間に“原因”となった丸に冷たい視線を投げかける向きもあった。それが、今は積極的にコミュニケーションを図って、『根が超真面目』という“丸カラー”がチーム内に浸透するほどです。思いのほか、順調にチームに溶け込めていて、浮いているような感じは微塵もありません」

 しかしながら、全てが大歓迎というわけではないようだ。巨人番記者が嘆く。

「人気選手だけに、広島時代からメディアの対応にはかなり慎重だった。むげにすることは絶対にしませんが、いわゆる“ハメ取材”にはまず乗らない。だから広島の頃から記者泣かせの選手で有名でした。記者の数が圧倒的に多い巨人に移籍してからも、そのスタイルを崩さず、多くのG担が“鉄壁の丸”を相手に毎日頭を抱え込んでいます。あまりに“予防線”を張りすぎているため、何を言っているのかわからないコメントすらあるほどです」

 いずれにしても、巨人・丸がグラウンド内外で強烈なインパクトを与えているのは間違いないようである。

アサ芸プラス