3月15日(金)より全国ロードショーされる、完全新作となる劇場版「えいがのおそ松さん」。その完成披露舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリー2月15日(金)に行なわれ、レポートが到着しました。

おそ松役の櫻井孝宏さん

会場は、初の劇場版をいち早くご覧になりたいお客様で満席となり、舞台挨拶には、長男・おそ松役の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、脚本を担当した松原秀、藤田陽一監督が登壇し、「えいがのおそ松さん」の魅力について熱く語り合いました。また、本作の物語の軸となる、「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーにかけて、劇中のように自分たちがもし18歳の自分に出会ったら、当時の自分にどんな言葉をかけてあげたいかの質問に櫻井とAmiが回答し、その回答を受け、会場も大いに盛り上がりました。

さらに、本日劇中で登場する18歳おそ松たちの着ぐるみも初お披露目となり、あまりのキュートさに黄色い歓声が湧きました。

また、本日のイベント内で、6つ子にかけての公開記念企画である、6週連続の劇場入場者プレゼント、6週連続の週替わり前説劇場の上映が決定、そして、初日&初週舞台挨拶が実施決定となり、詳細が発表されました。

【登壇者コメント

――映画化決定について、脚本を読んだ時の感想

櫻井 まずは、どういうお話になるのかなと思いました。この作品は、なんでもアリな作品ですので。すぐ死ぬんじゃいますし。ある意味、死を超越していますからね。僕としては、感動あり、笑いありの王道映画のような作品になればいいなと思っていましたが、まさに、そのツボを押さえたお話になっておりいいな!と思いました。

――主題歌について

Dram Ami 「おそ松さん」の映画版で私が主題歌を担当すると聞いた時、まさかと驚きましたが、とても光栄に思いました。この作品はとても人気のある作品なので、ファンの方の期待に自分が応えられるか心配でしたが、せっかく担当させていただくなら、作詞もさせていただこうと思い、気持ちを込めてつくりました。今日皆さんに聴いていただくのでドキドキしますが、反応が楽しみです。先ほど楽屋裏で、櫻井さん、藤田監督、松原さんの3人に歌がとってもよかったとお褒めの言葉をいただき、とっても嬉しかったです(笑)

――18歳の自分にあったら、何と声かける

Dream Ami 私は18歳の頃、すでにこのお仕事をさせていただいていたのですが、フットサルに明け暮れていました。リーグ戦にも出場していて、試合に優勝すると賞品をもらえることをとても楽しみにしていました。当時の自分にあったら、リーグ戦で優勝するからねと伝えたいです。

櫻井 当時の自分はビジョンもなく毎日を繰り返し生きているだけで、将来のことも決めきれていませんでした。でも僕、18歳で声優になろうと決めたんですよね。当時の自分にあったら、頑張りな、なんとかかるからと伝えてあげたいです。

――映画化で意識したこと

松原 映画って、長いですよね。TVシリーズは始まったらすぐ終わってしまうくらいの時間感覚の作品なので、お客様に楽しんでもらうためのストーリーをつくらないといけないと思いました。いっぱいふざけたい気持ちはありましたが(笑)

藤田 TVシリーズシュールギャグが満載で、ドタバタもあります。映画では、どれかによせるというより、全部入れ込めたらと思いつくりました。

――最後の一言

櫻井 この日が迎えられたことがとても嬉しいです。この作品は、世の中を良くしたり、世界を救う話ではないですが、皆さんを笑顔にできる作品だと思います。ぜひ楽しんで観ていただけたら嬉しいです。(WebNewtype

劇場版「えいがのおそ松さん」完成披露舞台挨拶より。下手2段目左からトド松、十四松、一松、チョロ松、カラ松、おそ松。下手1段目左から、松原、Ami、櫻井、藤田、岩井