アイドルグループ私立恵比寿中学メンバーが主演を務める音楽ドラマ『神ちゅーんず 』(仮)が4月からスタートすることが発表された。ゲスの極み乙女。の川谷絵音が音楽をプロデュースするほか劇中にも本人役で登場する。

【写真】ドラマ『神ちゅーんず』キャストフォトギャラリー

 本作は、楽器ができない女子高生たちが、パソコンデスクトップミュージックDTM)で世界に通用する「神曲」作りに挑戦し、SNSを通じて世界に発信していく様を描く青春音楽群像劇エビ中柏木ひなた主人公の十倉凛を演じるほか、仲間の女子高生役で安本彩花、小林歌穂、中山莉子、真山りか、星名美怜が共演する。

 6人はそれぞれ、「ドラマを通じて音楽の深さを知ることができ、音楽の力を改めてたくさん感じています!」(柏木)、「それぞれいろいろな悩みを抱える女子高生が、DTMという音楽ツールを通じて、もがきながらも音楽を楽しむ姿が、あらゆる状況でみなさんの日常に重なるのでは」(安本)、「このドラマを観て気になった方がいたら、DTMや音楽に関わってほしい」(小林)、「音楽ドラマということでDTMを使い音楽を作ったり、思いっきり歌ったり踊ったりしています」(中山)、「個性の強いキャラクターたちが素敵な音楽と共にドキドキさせてくれると思うので、ぜひドキドキを楽しみながら見ていただけると嬉しいです」(真山)、「音楽に普段触れている方はもちろん、音楽をあまりご存じない方でも、共感できたり、音楽に興味を持っていただけると思います」(星名)と話している。

 音楽プロデュース担当の川谷は、劇中で女子高生たちが生み出す楽曲のすべてを作曲したほか、エビ中によるドラマ主題歌『トレンディガール』と劇中歌『あなたのダンスで騒がしい』の2曲を作詞・作曲。「好きなように作らせて頂きましたが、すごくエビ中にとっても僕にとっても新しいものに挑戦できたかなと思います。川谷絵音本人役としてもドラマに少し出演させて頂いてますが、本人役の響きが新鮮過ぎて撮影の記憶があまりないです」とコメントしている。

 ほかのキャストには、凜の母親役で阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子、担任教師役で永野、喜多乃愛、工藤美桜、泉はる、デビット伊東らが顔をそろえる。

 ドラマ『神ちゅーんず 』(仮)は、朝日放送にて4月7日より毎週日曜23時35分、テレビ朝日にて4月6日より毎週土曜26時30分放送。

ドラマ『神ちゅーんず』メインカット(C)ABCテレビ