俳優の濱田岳が主演を務めるドラマフルーツ宅配便』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第6話が15日に放送され、女優の北原里英演じるデリヘル嬢が、主人公・咲田(濱田岳)から励まされるシーン視聴者から「可愛すぎ」「癒し系」などの声が寄せられた。

【写真】“デリヘル嬢”北原里英 『フルーツ宅配便』第6話フォトギャラリー

 一番人気のみかん(徳永えり)がインフルエンザにかかり、イチゴ(山下リオ)も祖父の葬式でお店を休むことに。ほかの従業員も都合がつかず、出勤できるのはいまだに客を取ることができないレモン北原里英)だけという状況に。毎回チェンジされ、落ち込むレモンだが、フリーの予約が入り、ホテルへ向かうと、そこには女性が苦手な客・関(黒田大輔)がいた。黒田はレモンをすっかり気に入り、指名をすることに。そして2人は恋に落ちてしまう…。

 人とうまくコミュニケーションが取れない性格から、これまでチェンジを繰り返されていたレモン。そんな彼女が初対面の関に対して、初めてまともに接客できた帰り道。送迎車の中で咲田(濱田)はレモンに「僕も女の子と話すとき緊張しちゃうんだけど、その点レモンさんなら気楽な感じがするというか」と話すと、彼女は「私に魅力がないということでしょうか…?」とオドオドしながら意気消沈。咲田はレモンをフォローしようと「そういう意味ではなくて、癒やしてくれそうな感じがするっていうか」と声をかけると、彼女は笑顔に。このシーン視聴者から「レモンちゃんかわいい」「きたりえ頑張れ!」「レモンちゃん可愛すぎでは」「癒し系だよね〜」などのツイートが殺到した。

 その後レモンは、店外デートコースで自分を指名した関と外で会うことに。お互い、初めてのデートに緊張し、会話がおぼつかない様子に対してSNS上には「二人ともかわいい!」「ときめく」「恋だね」「胸がギュってなる」などのコメントが寄せられていた。

北原里英 クランクイン!