熊本城マラソン2019』の前夜祭が2月16日に開催され、応援アンバサダーを務める熊本県出身の演歌歌手・石川さゆりHKT48田中美久をはじめ、NHK教育番組『おかあさんといっしょ』10代目たいそうのおにいさん2015年9月より「体験の風をおこそう」応援団に就任した佐藤弘道、さらに復興応援ランナーの安田美沙子ゲストに迎えた。

田中美久SNSに「早速!!」と佐藤弘道、安田美沙子と並ぶところやくまモンに寄り添うツーショットを投稿すれば、安田美沙子は前夜祭後に「仲間たちと食事を終え、明日の準備です。くまもんや、市長さん、弘道お兄さん、HKT田中美久ちゃん、武将隊の皆さんとお会いでき、パワーを交換しました」と本番に向けてモチベーションを高めていた。

また、大西一史熊本市長は「明日はお天気 選手の皆さんも応援の皆さんも明日は思いきり熊本城マラソンを楽しんで頂きたいと思います。私もスターターで頑張ります」と意気込む。

2月17日スタートした『熊本城マラソン2019』には熊本市中心部を発着する3部門のコースに合わせておよそ1万4600人が出場しており、伝統となる『金栗記念第63回熊日30キロロードレース』では精鋭104人が競い男子は片西景(駒大)、女子は岡本奈々依(大阪学院大)が優勝した。

復興チャレンジファンラン(3キロ)には約1500人が出場、歴史めぐりフルマラソンには約1万2400人が出場している。フルマラソン男子では古川大晃(熊本大)が二連覇をなしとげた。

当日、田中美久が「皆さん凄く頑張ってて応援してると胸にグッとくるものがありました!」「来年は、私も一緒に走りたいな」とツイートしたところ、「みくりんが走る姿見てみたい」、「みくちゃんが走るなら全力で応援する!」と反響があり、もし実現したら参加者や応援がかなり増えそうだ。

画像は『田中美久 2019年2月16日Twitter「早速!! #佐藤弘道 さん #安田美沙子 さん #くまモン ちゃんにお会いしました」』『熊本市大西一史 2019年2月16日Twitter熊本城マラソン前夜祭。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト