birdman2_e

 世界中の各地域には、それぞれに身近な生き物たちがいて、それぞれの場所で人間との共存を行っている。日本で言えばスズメカラスタヌキニホンザル、ヒキガエルなんかがそれに当たるかも(地域によって違うと思うけど)。

 さてインドでは鳥といえば、スズメカラスもいるけれど、日本とは違ったこんなカラフルな鳥たちも当たり前のように暮らしている。今日はインドインコたちと、一人のニンゲンの男性とのとある物語をご紹介しよう。



India’s ‘Birdman’ Feeds 4,000 Parakeets A Day

4,000羽のインコに毎日エサをやり続ける男性


 ここは南インドの街、チェンナイ。かつてはマドラスという名前で知られていた、タミルナドゥ州の州都である。この街には野生のインコたちにエサをやり続けている男性がいる。

birdman1_e

 「インドのバードマン」と呼ばれているこの男性はセカールさんといって、撮影当時62歳。現在はチェンナイで、カメラの修理工場を営んでいる。

birdman3_e

 セカールさんはもう10年以上にわたって、毎日2回、およそ4,000羽のインコたちにエサをやり続けている。

birdman4_e

きっかけはあの大津波だった

 こうなったきっかけは2004年に起こったインド洋の大津波だった。あの津波の後、水に浸かったチェンナイの街で、2羽のワカケホンセイインコがセカールさんの家に飛んできたのだという。

 もともとスズメカラスなど家に来る鳥たちに、エサをやって楽しんでいたセカールさん。この時も2羽のインコたちにエサをやったのだが、すると次には10羽、そして50羽、100羽とどんどん仲間を連れてくるようになり、最終的に1,000羽を超えるインコたちにエサをやる事態になったんだとか。

birdman5_e

インコたちのために、インコたちと共に生きる日々

 毎朝4時過ぎに起き出して、6時にはやってくるインコたちのためにエサの準備をするセカールさん。毎日60kgのエサを用意し、1ヶ月にかかる費用は日本円で約24,000円。これはセカールさんの収入の、実に40%にも達するんだそう。

birdman6_e

 セカールさんはエサをやるだけではなく、ケガをしたインコたちの保護や手当も行っている。

birdman20_e

 これからもずっとインコたちの世話を続けたいと言うセカールさんだが、だんだんと年を取るにつれ、毎日のエサやりがきつくもなってきたそうだ。

 それでも「私には鳥たちしかいないし、鳥たちを置いてどこへも行けないしね」と、毎日黙々とエサの準備をするセカールさん。

birdman7_e

「人間は鳥を籠の中に入れるけれど、私は鳥たちに籠に入れられているようなものだよ」と、このバードマンは語っている。

birdman8_e

 あの大津波ではインドも大きな被害を受け、死者・行方不明者は合わせて2万2千人を超えた。ここチェンナイだけでも、犠牲者は千人に達したという。そんな中での小さな優しさから始まった活動が、今もこんなにたくさんのインコたちを支えているのだ。

 以前にもインドの寺院で、インコたちにエサをやり続けている男性を紹介したことがあった。日常生活に信仰が根付いているインドでは、昔から「喜捨」を行う文化がある。

「与えること」によって徳を積み、それがカルマを解消することにつながるわけだが、鳥たちへのエサやリの奥底にも、もしかするとそんな考え方があるのかもしれないね。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52271193.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

だってオーストラリアだから。オーストラリアの巨大な7つの生物たち(※クモ・ワニ出演中)
猫の脱出大作戦!ダンボールで作った巨大迷路をクリアすることができるのか?
濡れた子猫がかわいすぎて。子猫、グレムリン疑惑に関する海外の反応
飼い主がいないと寂しくて・・・分離不安症だった犬にぴったり寄り添い、慰めてくれていたのは猫だった
柴犬の機動力すごい!ピョンピョンと塀を飛び越えていくから塀の意味がまったくないっていう...。

―動画の紹介記事―

スポーツカーとバイクが融合した近未来感。3輪の電動自動車「Model SONDORS」が今年販売予定(アメリカ)
猫の脱出大作戦!ダンボールで作った巨大迷路をクリアすることができるのか?
日本の寿司屋が舞台となった、かわいくってあたたかい、編みぐるみのショートフィルム「Lost&Found」
飼い主がいないと寂しくて・・・分離不安症だった犬にぴったり寄り添い、慰めてくれていたのは猫だった
柴犬の機動力すごい!ピョンピョンと塀を飛び越えていくから塀の意味がまったくないっていう...。
「これが僕の生活のすべてさ」毎日4,000羽のインコにエサをやるインドのバードマン