木村拓哉が“自由”を着こなす! ゴルフウェア“MARK&LONA”新CM、20日よりWEB限定で放映開始!
ラグジュアリーゴルフウェアブランドMARK&LONA”(マーク&ロナ)が、ブランドアンバサダーの木村拓哉が登場する新CM『Wear the FREEDOM』編(30秒、15秒)を、2月20日よりWEB限定で放映。

また同日オープンする“MARK&LONA”特別サイトでは、CM撮影時の様子を収録したメイキング映像も楽しめる。

昨年、ブランド設立10周年を迎えた“MARK&LONA”は、俳優・タレントとして活躍中の木村拓哉を初のブランドアンバサダーとして起用。「ゴルフに、自由を」をスローガンに、日本国内のみならず、東アジア、米国など世界へ向け、既成概念にとらわれない独自のラグジュアリーな世界観を背景に、ハイテク素材や立体裁断を用いるなど、つねに最先端のゴルフスタイルを発信し続けている。

2月20日よりWEB限定で放映開始となる『Wear the FREEDOM』編は、「REWIND」をテーマにした「2019SPRING/SUMMERCOLLECTION」(以下、2019SS)を紹介する新CM。2019SSは、「バックワード」「反転グラフィック」「VHSアート」といったデザイン要素を、スピード感溢れる形で取り入れ、さらに“REWIND(巻き戻し)”をモチーフにしたアイコンメイングラフィックに用い、RGBカラーに代表されるカラフルな色使いが新鮮なコレクションだ。

新CM『Wear the FREEDOM』編では、真っ白な世界観の中、2019SSのウェアに身を包んだ木村とモデルたちが、インパクトのあるビートに乗って縦横無尽に動き回る様子をスタイリッシュに描写。神出鬼没の木村が、歩きながらゴルフクラブをくるくると回してみたり、手にしたボールを突然目の前から消してみたりしながら、ダイナミックカメラワークとともに、次々とウェアを変えていき、突然画面を覆ったテレビノイズの中に、“MARK&LONA”のロゴと「Wear the FREEDOMゴルフに、自由を」のメッセージが浮かび上がり、エンディングを迎える。

通常のゴルフウェアのCMでは、モデルがスイングをしたり、パッティングをしたり、カートで移動したりと、ゴルフ場をロケーションとして、プレイと関連付けたイメージの訴求が主流。前CM『ゴルフに、自由を』編では、韓国の「サウスケープ・オーナークラブ」を舞台に、ラウンドを楽しむ木村の様子が話題を呼んだ。しかし、新CM『Wear the FREEDOM』編では、ゴルフプレイするシーンをまったく登場させないという斬新な演出で、2019SSのスピード感溢れるカラフルダイナミックイメージを際立てる。

■新CM『Wear the FREEDOM』編メイキングシーン
撮影は都内のスタジオで実施。撮影開始にあたり、監督から大まかな動き方とカメラアングルの説明がされたあと、木村への演出指示は、「Wear the FREEDOM! 自由に楽しんでください!」というもの。CMと同様に、インパクトのあるBGMが流れ始めると、木村は文字どおり、縦横無尽にスタジオ内を動きまわる。CM中のゴルフクラブバトントワリングのようにくるくると回すシーンや、手にしたゴルフボールを突然目の前から消してみせるシーンなどは、すべて木村のアドリブによるものだ。

また。ハイストレッチ軽量プルオーバーニットの中にゴルフクラブを忍ばせ、鼓動に合わせて胸の高鳴りを表現するポーズや、ゴルフクラブシャフトベースギターの弦に見立ててつま弾くしぐさなど、CM本篇には残念ながら収録されなかった貴重なシーンの数々は、メイキング映像として、2月20日より“MARK&LONA”特設サイトで視聴できる。

MARK&LONA”特別サイト
https://www.markandlona.com/tv2019/
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press