17538747-2

日本養生学会が主催する日本養生学会第20回大会「ようせいフォーラム2019」公開講座が平成31年3月9日、日本女子体育大学にて開催される。

大会テーマ「伝統を現代に」
一般参加の皆様にも役に立つ話が満載!

生活の中に人工知能研究、技術化も著しく進み、こうした時代だからこそより一層に、からだの原点を知り、自分のからだで感じ、生かし、身体性を磨くことが求められます。今回は「伝統を現代に」を取り上げます。

開催概要

期  日 平成31年3月9日(土) 

会  場 日本女子体育大学 本館E101教室
      〒157-8565 東京都世田谷区北烏山 8-19-1
アクセス 京王線 千歳烏山からバス7分

主  催 日本養生学会
後  援 日本女子体育大学

参加費  正会員    3000円
     一 般    1000円
*予約不要・当日受付にて支払い

プログラム

12:30~    受付開始
13:15~14:35 特別講演 (本館E101教室)
        演題:「ブッダの人間観と現代脳科学
        浅野孝雄 脳外科医、埼玉医科大学名誉教授、小川赤十字病院名誉院長
休憩15分
14:50~17:10 シンポジウム (本館E101教室)
        演題1「古典を学ぶ、古典に学ぶ―本学会の若手研究者に期待するもの」
         平沢信康(上武大学)
        演題2「地下足袋型の履物の現代的展開 ー創業100株式会社丸五の挑戦ー」
         宇佐美彰規(株式会社丸五)、天野勝弘(環太平洋大学)
        演題3「天然素材:卵殻膜 ~生活の知恵から最新エビデンスまで~」
        藤田恵理1、清水美穂1、長谷部由紀夫2、跡見順子1
        (1東京農工大学、2株式会社アルマード)
        演題4健康と舞踊(2日目の実技研修の概要説明を含む)
        八木ありさ(日本女子体育大学)
休憩15分
情報提供 バイオフィリックデザイン 原初=伝統を現代に活かす
バイオフィリア(biophilia)とは、生命への愛好が後天的に学ばれる以前に、人間や動物は自然界を「好む」性質を先天的にもつのではないかという仮説である。バイオ=生命・生き物・自然、という用語にフィリア(愛好、趣味)という用語がついて造語されたものである。
        榎本誠也1、渡邊奈々2、天野勝弘3
        (1ビクターエンターテイメント・一般社団法人KANSEI Projects Committee理事、2國學院大學、3環太平洋大学) 

お問い合わせは大会事務局まで
大会事務局:〒157-8565 東京都世田谷区北烏山 8-19-1
TEL/FAX 03-3300-1129

自分のからだで感じ、生かし、身体性を磨く!「ようせいフォーラム2019」公開講座開催。一般参加者も募集!