【この記事の動画を見る】

バスや電車の空席に自分の荷物を置いて席を占領し平気な顔をしている人を見かけるが、このほど米ニュージャージー州にて混雑した電車内で2座席を独り占めした女が鉄道警察に電車を降りるよう促された。ネット上ではこの女の身勝手な行為に非難の声が相次いでいる。『NJ.com』『Metro』などが伝えた。

2月13日ラッシュアワー時、なんとも迷惑な乗客のせいでニュージャージー州の鉄道会社「NJ Transit」の電車は25分の遅れを出した。

ニューヨーク州とニュージャージー州を結ぶ通勤電車はこの日も混雑しており、座席は埋まっていた。しかし優先席に座っていたひとりの女が、隣の席にヴィトンのバッグを置いて2席を占領していた。女はイヤホンを耳にしてスマホをいじり、立っている乗客を無視している。

すると女の前に立っていたひとりの女性乗客が、女にバッグをどかすよう言うと、女は「うるさいな! あんたは障害者でも妊婦でもないだろう!? 黙れ!! あんたの臭いやノミをあたしに移されるのは嫌なんだよ!」と汚い口調で罵り叫んだ。隣に座っていた男性乗客が文句を言うもまるで取り合わず、女は隣の座席からバッグをどかそうとしなかった。

やがて車掌がやってきて、女に「他の乗客をここに座らせてもらえませんかね?」と頼むと「嫌よ。他にも空席はあるでしょう?」と反論。さらに車掌が女のバッグに軽く触れ、「このバッグは座席上の棚に置いてください」と言うと、女は「私の物に触らないで! ここは私の個人スペースなのよ! 誰も私の隣に座ってほしくないの!」とあくまでも身勝手な態度を崩さなかった。

たまりかねた車掌は、迷惑行為を恥じる様子もない女に「そんなに個人用スペースが欲しいなら、外に行けばいい」と言い放ち、この件を鉄道警察に通報した。かけつけた警察は女を車外へ出るよう促し、女はニューアーク・ペン駅で電車を降ろされた。女は警官にも「このヴィトンのバッグは300ドル(約33,000円)もするんだから、バッグのためにスペースを占領するのは当然でしょ!!」と主張していたという。この光景を見ていた他の乗客らは、公共の場での常識を全く無視したこの女に当然のごとく呆れた。さらに事の一部始終を撮影していた乗客により動画が公開されると、ネット上でもたちまちこの女に対して非難の声が殺到した。

「隣に誰も座ってほしくないなら、公共の交通機関なんか使うな!」「自分ならこのバッグの上に座ってやる」「この女、頭おかしいんじゃないの!?」「うわ、なんて醜い人間なんだ」「公共の乗り物で『個人のスペース』!? 呆れた」「子供みたいな奴だ。みっともない」「失礼な奴はどこにでもいるもんだ」「逮捕されて留置場でたっぷりと個人スペースを楽しめばよかったのに」といった声があがっている。

画像は『NJ.com 2019年2月14日公開YouTubePassenger on NJ Transit refuses to move her bag」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト