2月2、3日に東京・六本木で「ホリエモン万博2019」が開催されました。ホリエモンこと堀江貴文氏および、彼が運営するオンラインサロン「HIU(堀江貴文イノベーション大学校)」の会員だけで運営されている、この都市型フェス。

 メイン会場では、HIU会員手作り日本酒恵方巻などが振る舞われたり、恋愛メディアマッチアップ」主催の恋愛相談ブースが出店したりするなど、さまざまなイベントが開催され、大盛況を博していました。

 万博の目玉は、多くの豪華ゲストたちと堀江氏との「怒涛のトークショー」企画。2日には、「PPAP」で世界的に有名となったシンガーソングライターピコ太郎プロデューサー古坂大魔王氏と堀江氏のトークが行われたので、取材してきました!

堀江氏が多くの人に支持されている理由

 当日はジャーナリスト池上彰氏や、オリラジあっちゃんこと中田敦彦氏ほか豪華ゲストが登場。開始早々、古坂氏はそうした流れを踏まえて「ゲストはどういう基準で選んでるんですか?」と質問(以下、2人のトークを収録)。

堀江貴文(以下、堀江):ゲストは自分ではなくHIUの担当が候補を出し、そこから相手側のNGおよび自分のNGを出して決めていますね。

古坂大魔王(古坂):NGはどういう人なんですか?

堀江:(自分的に)面白くない人。仕事を選んでいなかった時代は、話が弾まなかったり、息がクサかったりと、嫌なゲストもいました。

 こうした本音トークに「本当に態度に出やすいから、私もドギマギしてしまいます」と、苦笑いするのは他の番組でも共演している司会の寺田有希氏。古坂氏も「堀江さんの我慢(のできなさ)は3才児ぐらいですからね~」と笑う。

話題になった「席を倒していいですか?」議論に

 ただし、古坂氏は「でも、言いたいことをオブラートに包み過ぎて、なかなか言えない人が多いなか、常に自然体であるからこそ、堀江氏が多くの人に支持されている」と指摘。

 その流れで、去年ニュースにもなり、賛否両論の嵐が起こった、堀江氏の「新幹線グリーン席で前の席のお客がいちいち『席を倒していいですか?』と聞いてくるのが嫌」という持論に話題は波及。



堀江:マナーに対する世間の意識が厳しくなり、世間が息苦しくなってきていますね。

古坂:暇な人ほど(他人叩きに)忙しいと思う。暇な人はSNSも全部やってたり、更新もマメだったりするので、自分の反対意見を見つけると許せなくて、自己主張ができない代わりに、執着して粘着して他人を潰して満足している。

「堀江氏が嫌いだった」古坂氏、衝撃の一言

ホリエモン
トークショーに出演する古坂大魔王(真ん中)と、堀江貴文(右)
 スピードワゴン井戸田氏の結婚式が初対面だったという2人。ホリエモンと初めて会って話した古坂氏は「とてもちゃんとしていて良い人という印象を受けた」という。

古坂:今では堀江さんのツイッターチェックし、タイムラインまで見たりするほどに賛同していますが、実際に会うまでは大嫌いでした(笑)。この人ほど会ってから印象変わる人はいないと思いますよ。僕、堀江さんと品川(品川庄司)が大っ嫌いだったんですよ(笑)

堀江:(苦笑)。世の中で売れている人・仕事がいっぱい来ている人は、基本的に良い人・ちゃんとしてる人ですよね。テレビで嫌なイメージがある人でも、実際に会うと全然違いますよね。

古坂:超一流の人たちの気遣いって本当にすごいです。

ディズニーランドを誘致した浦安市の戦略

 そこから話題は一流の気遣い・おもてなしの話へ。堀江氏には最近、宣伝を手伝った本で、ディズニーランドを浦安に招致した人の話がお気に入りという。「この話、僕、何度もしてるんですが、本当にすごいイイ話なんです」と語る。堀江氏が語った、ディズニーランド誘致の話の概要とは……。

 当時、ディズニーランド富士山麓にできる予定があり、最終候補地としてなんとかねじ込んだのが浦安だった。

 そして、アメリカ本国からディズニーの幹部が視察にやってきた時に、2つの候補地が競ってプレゼンをしたらしい。その時、浦安の考え抜いたおもてなし内容が素晴らしく、開発地が浦安に決まったとのこと。浦安のおもてなし戦略、そこには以下の3つのポイントがあった。

●移動のバスで幹部の好物の食事(お酒も)を揃え、提供した。先にまわったのが富士だったので、日本食にも飽きている頃だろうと、事前にそれぞれのアメリカ料理の好物を1人3品ほどリサーチし、何でも提供できるように準備もした。

●浦安中の小学校を休校にして、子供たちにアメリカと日本の国旗を持たせて大歓迎した。ディズニーランドターゲット層である子供たちからの熱狂的なアピールだった。

●ヘリを用意し、東京駅からの距離の近さをアピールした。ヘリを使うことで距離を近くみせることができる。

 以上のポイントから堀江氏は「おもてなしとは相手が喜ぶことを考えて考えて考え抜き、全て用意しておくこと」と結論。

平成世代が学ぶべき、サービス精神

ホリエモン

 古坂氏も「僕もエンターテインメントの人間としてすごいと思いますね。どんな仕事でも、パフォーマンスや会話で(エンターテインメント性や喜びを与えることに)変換できる人が突き抜けていきますよね」と賛同。

 平成生まれの若者世代は、仲間内のサービス精神は旺盛でも、仕事に対しては飲み会を断ったり、社内のコミュニケーションを避けがちなどサービス精神が少ないと言われている。

 人間関係がわずらわしくなる気持ちもわからなくはないが、仕事でも目一杯相手をもてなすことで、返ってくる成果はあまりにも大きいのかもしれない。3月24日には、そんな堀江氏が主催する「ホリエモングルメ祭in大阪」がふたたび開催される、気になる方は参加してみては?

<取材・文/白戸ミフル>

【白戸ミフル】

合コンに累計2500回参加(今も記録更新中)した合コン漫画家。著書『合コン・アンド・ザ・シティ 恋活・婚活女子の合コンマニュアル』『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』。Twitter:@takara0722