アップアップガールズ(仮)が、トリプルA面のニューシングル「アゲノミクス!!/キミロス/阿破乱舞」を2月19日リリースした。

【写真を見る】アップアップガールズ(仮)の最新シングル「アゲノミクス!!/キミロス/阿破乱舞」のジャケット写真。まさにアゲアゲなビジュアルに

2018年末に持ち歌80曲を歌った全曲ライブアンコールで、81曲目の新曲として聴かせた「アゲノミクス!!」に続いて、残る2曲も2月10日2019年最初のワンマンで初披露。ライブインティングアーティストとのコラボレーションとなったそのライブニューシングルについて聞いた。

■ 「仮」の漢字に込められた意味を初めて知りました

――まずは、2019年最初のワンマンになった2月10日さいたまでのライブを終えた感想はいかがですか?

古川小夏:2018年の最後が全曲ライブで終わって、燃え尽きちゃうかなっていう不安もありましたけど、2019年の最初のライブは今度リリースされるニューシングルの3曲を詰め込んで、それだけでも今までとはかなり違ったライブになりましたね。

全曲ライブから丸1カ月以上空きましたけど、やっぱり私たちの強みはライブだなと思えるものができて、いいスタートが切れたなって思います。

森咲樹:腹黒ピカソさんのライブインティングとコラボしたんですけど、私たちにとっても初めての試みで、2019年最初にそんな新しいコラボができたことがうれしいです。ありたがいことに、そこで完成した絵を引っさげてツアーを回らせていただけることになって、年明け早々から楽しみが増えたなって思っています。

――絵をツアーに持っていかせてくださいとお願いしたのは関根さんでしたけど、本当にあの場のアドリブで頼んだんですか?

関根梓:事前に事務所の社長から「頼んでみるのもありなんじゃない?」とは言われてましたけど、「頼め」とは言われてないです(笑)。でも、これはもう言った者勝ちだなと思って、言っちゃいました。

――ステージ上に自分たちとは別の人がいて、別のことをしているというのはどんな気持ちでした?

新井愛瞳:「お互いのことはあまり気にしないでやりましょう」って言っていたんですけど、私たちもいつも通りのライブができたし、腹黒さんも自分の世界に集中される方で、「好きなように描けました」って言っていただけて良かったです。せっかくだったら、1曲くらい一緒に歌っても良かったかなとは思いましたけど…。

古川:そんな無茶な!(笑) 画家さんだから!

新井:でも、最後の1曲を完成した絵の前でやれたのがうれしかったですね。会場の支配人さんも「こういう試みいいですよね」って言ってくださったので、やって良かったなって思います。

佐保明梨:本当にどういう絵ができるのか知らなかったので、ちらちら見ながら歌ってましたけど、どんどん仕上がっているなとか、メンバーイメージカラーが足されていっているなぁとか…。

――(自分のイメージカラーの)黄色が増えるといいな、とか?

佐保:それは気にしていなかったですけど(笑)。私たちのライブイメージや、(仮)という文字を絵で表現していただけて。「仮」の「反」の部分は原石っていう意味があるんだって聞いて、そんなすてきな意味があるグループ名だったなんて新しい発見でしたね。

新井:8年もこの名前を背負ってやってきて、初めて知ったよね(笑)

■ また私たちにとって武器になる1曲ができました

――そのライブでも歌ったトリプルA面ニューシングルについて、1曲ずつ聞いていきますが、まず「アゲノミクス!!」はとにかく派手でおバカなお祭りソングという感じですね。ファンの方も受け入れ体制万全な「こういう曲の盛り上げ方なら任せろ!」という感じで。

森:確かに(笑)。この曲はそれまでにも何度か歌っていますけど、徐々に成長しているなって思います。アプガはいろいろと破天荒なことをやってきましたけど、2018年アルバムにしても大人っぽいことにチャレンジさせていただいて楽曲の視野が広がって、1周回ってきたからこそできる真面目なおバカ(笑)

リリイベで歌っていても湘南乃風さんの「睡蓮花」みたいなノリで、コールを入れたりしていただけて。カラオケで歌っても盛り上がれるんじゃないかなって思います。また私たちにとって武器になる1曲ができましたね。

――こういうノリ一発!みたいな楽曲は歌いやすいですか? 逆に難しいですか?

関根:歌いやすいし、表現しやすいです。今までもアプガはおバカな曲がたくさんありましたけど、そこから培ったバカの種類が増えたなって思って(笑)。楽曲で表現しなきゃいけない元気さやバカっぽさを昔以上に皆さんに伝えられるようになったなと思います。

最初に聴いたときは曲のスピード速いし、お客さんついてこられるかなと思いましたけど、今では一緒にヒートアップしていい感じに作り上げてこられているので、これからが楽しみです。

最後の歌詞のところでメロディーを歌っているのが一人だけで、他のメンバーは叫んでいるんですよ。ファンの方は一緒に叫んでいいものか迷っていたらしくて。リリイベで「叫んでいいよ」って言って解き放ってあげたので、もっともっと一緒におバカになろうよって思います。

古川:バカの種類っていう言い方、いいね。

佐保:歌っていくたびに楽しくなっていく曲ですね。AメロやBメロは和のテイストが強いので、こぶしを利かせて歌っていたりしますけど、ドッキュン! バッキュン! っていうところは超アイドルっぽく歌っています。

関根:日々、進化しているよね、あそこ

佐保:レコーディングの時、アイドルっぽく歌ってって言われて、今まであまりそういう曲がなかったので振り切って歌ったんですけど、ライブだとそれがまた楽しくなり過ぎちゃって。あとは最近、サビのワンチャンワンチャン!のところは真顔で歌うことにはまっているんですよ。その方がワンチャン感があるかなと思って。

新井:何だよ、それー!?(笑)

佐保:ファンの方がその顔を見て、笑うんですよ。それが面白くて、最近そこに熱を込めています。

一同:(爆笑)

――これからライブに行く人は佐保さんのその表情に注目ですね。

古川:そこメインじゃないですよ!(笑) あくまでそこに注目してみるのも面白いですよっていうことで。皆さんがそればかり見ていてもねー。

森:そうそう、私たちのことも見てもらわないと困っちゃいますから。

【後編に続く】(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

アップアップガールズ(仮)の(写真左上から時計回りに)古川小夏、森咲樹、佐保明梨、新井愛瞳、関根梓