キエッリーニが試合前日の記者会見に出席、シメオネ監督の采配に警戒心を示す

 ユベントスイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは、現地時間20日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦アトレチコ・マドリード戦を前に、「アトレチコはスペインよりイタリア寄りのチームだ」と警戒を示した。イタリアメディアフットボールイタリア」が報じている。

 セリエAで首位に立つユベントスは20日、CLラウンド16第1戦でスペインの強豪・アトレチコと対戦する。この一戦を前にした記者会見に登壇したユベントスの主将キエッリーニは、ディエゴ・シメオネ監督の粘り強い精神によって近年好成績を収めるアトレチコについて、彼らはイタリアチームに似ていると、スペイン紙「マルカ」に明かした。

「アトレチコはスペインよりもイタリア寄りのチームだと思う。メンタリティゲームへのアプローチの観点からすれば、彼らは我々のサッカーに近いんだ。シメオネ監督はユベントスストップするために4人のミッドフィールダーを並べる準備ができている。(スペイン人MF)ロドリや(ガーナ代表MF)トーマス(・パーテイ)、(スペイン代表MF)サウール(・ニゲス)や(スペイン代表MF)コケのようにね。それでも、僕は6月1日の決勝戦に、このスタジアムに戻ってくることを望んでいるよ」

 また最後に「現在の世界最高のストッパーはあなたですか?」と尋ねられたキエッリーニは、「違うね。それは(スペイン代表DF)セルヒオ・ラモスだと思うよ」と言って会見を締めくくっている。キエッリーニが「イタリア寄りのチーム」と称したアトレチコとの対戦は、どんな結果が待っているのだろうか。(Football ZONE web編集部)

ユベントスの主将キエッリーニ【写真:Getty Images】