文・取材:ゴジラ太田

 『ドラゴンクエスト』(以下、『DQ』)シリーズキャラクターモンスターたちがカードとなって戦う、スマートフォンとPC(Yahoo!ゲーム)、そしてNintendo Switch向けの対戦デジタルカードゲームドラゴンクエストライバルズ』。

 2019年2月10日には、4回目となる公式全国大会“勇者杯2018冬”が東京・ベルサー秋葉原にて開催されたが、大会については下記の記事を見ていただくとして、ここでは本作のプロデューサーであるスクウェア・エニックスの二木達博(ふたぎ・たつひろ)氏に、“勇者杯2018冬”の総評や、2019年2月22日に配信される第6弾カードパック『小さな希望のシンフォニー』、2019年2月14日より配信が始まったNintendo Switch版と、怒涛の展開を見せる『DQライバルズ』について、いろいろと語っていただいた。
ドラゴンクエストライバルズ』公式全国大会“勇者杯2018冬”の熱気をリポート! スペシャルゲスト堀井雄二氏も登壇&第6弾の新情報も!!
https://www.famitsu.com/news/201902/13171821.html


【画像34点】「『ドラゴンクエストライバルズ』二木Pが“勇者杯”に第6弾の新カードパック、Nintendo Switch版を語るロングインタビュー! アッと驚く“秘密”も明らかに!?」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

“勇者杯”は開催ごとに来場者数や視聴者数が増えて手応えを感じています



――“勇者杯2018冬”の決勝トーナメントに出場した選手は、前回と異なり全員が初出場選手でしたね。


二木 今回の予選では、12月に開催されたランクマッチ“英雄杯”で上位30位までに入った選手が二次予選に出場できるルールになりました。その中から決勝トーナメントに上がってきた選手が多かったですね。やはりランクマッチの上位にくる選手は強いと思いました。


――“英雄杯”で1位になったあーあい選手は、“勇者杯2018秋”の決勝出場を賭けたランクマッチでは惜しくも2位でしたが、今回は見事に1位で出場権を勝ち取りました。


二木 そうですね。前回のランクマッチでの激戦を見ていて、2位の選手には何も残らないのはどうにかしないといけないと考えて、今回はランクマッチの上位30名に二次予選出場権を与えることにしました。決勝トーナメントでは、あーあい選手は準決勝で、優勝したやぎしん先生選手に惜しくも敗れてしまいましたが、すばらしい試合を見せてくれました。




――2018年5月開催の春を皮切りに夏・秋・冬と、いわば“勇者杯2018”のシーズンが終了したわけですが、“勇者杯”を立ち上げたところから振り返って、この1年はいかがでしたか?


二木 まさに、あっという間でしたね。3ヵ月周期の公式全国大会というのは、あらためて早いスパンだったと感じます。それでも、いろいろな施策を追加していくと皆さんからの手応えも感じましたし、数値上にも効果が現れたので、続けてよかったと思います。


――大会を取材していて、熱気はどんどん上がっている印象です。


二木 「人が集まってくれるかな」と心配していたこともあって、初回の会場はベルサー秋葉原の1階というオープンな場所で開催しました。通りすがりの人にも「何かやっているぞ」とアピールする狙いがあったのですが、夏以降は、2階の屋内で開催しても来場してくださる方が増えたのはうれしかったですね。大会で不備があったところは次回大会への課題にし、いまでは当初考えていた理想に近い形の大会を開催できるようになったと思います。この1年を振り返ると、とてもいいサイクルで進められたかなと。


――今回は試合の模様だけでなく、ターンごとにキーとなるカードが表示されたり、各選手が構築したデッキの戦いかたの解説などが表示されていて、すごくわかりやすくなっていると感じました。


二木 esportsの映像を観るのが好きなスタッフからのアイデアで、試合の流れがわかるように、解説を入れたりピックアップカードを表示させるなど、見ている人が流れを理解しやすくするために、挑戦してみました。見ている人が試合を理解できるようにすることは、今回の“勇者杯2018冬”でもっとも力を入れた部分ですピックアップするカードやその説明などは、弊社のスタッフがその都度、スクリーンに表示していました。



――解説の方が「ここは〇〇のカードがくれば」みたいな話をしたら、すぐにそのカードが画面に表示されていて、すごいと思いました。


二木 “勇者杯”の試合は、エンターテインメントとしても十分に楽しめると思っています。会場では大きな歓声が起きたりするので、盛り上がりのポイントもわかりやすいのですが、配信を見ている方や、まだゲームを始めたばかりの初心者の方も、その盛り上がりに乗れるようにしたかったんです。『DQライバルズ』を知らない人、カードゲームは知っているけど『DQライバルズ』は知らないという方が試合を見たときに、「いまはこのカードが重要なんだな」、「これが手札に来たから盛り上がっているのか」と、パッとわかるようにする狙いがありました。


――試合内容についてですが、盤面で戦っていくデッキや、リーダーに直接ダメージを与えるためのデッキなど、多彩な組み合わせが見られましたね。やはり、第5弾『勇気の英雄譚』で実装されたヒーローカードの影響が大きいのでしょうか?



二木 ヒーローカードは3枚に対して、リーダーは7人いるので、多彩なデッキ構築が検討できるようになったと思います。そんな中で、どのリーダーが勝ち上がってくるのか、私たちも楽しみにしていました。ただ、決勝大会前に2回目のカード調整を行ったのですが、決勝大会の出場プレイヤーの皆さんは決勝に向けての調整がたいへんだったと思いますので、申し訳なく思っています。


――今回の“勇者杯”の一次予選は元日直後というタイミングだったにも関わらず、約54,000人もの参加者が集まったそうですね。


二木 スケジュール的にどうしてもその時期になってしまいましたが、多くの方に参加していただけました。前回の“勇者杯”から、出場したい人は必ず予選に出られるという仕組みにしていて、抽選で落ちることなく、すべての人が登れる“道”を作りました。それによって、大会に対して熱を持ってくれる方が増えたと感じています。


――そういう意味では、“勇者杯”は『DQライバルズ』で頂点を狙ういわゆる“ガチ勢”と、純粋に楽しみたい“エンジョイ勢”がともに楽しめる最高の舞台ですね。経験を重ねて自信がつけば、“勇者杯”出場を狙うプレイヤーも生まれてくるでしょうし。


二木 そうなるとうれしいですね。次回となる“勇者杯2019春”の予選では、大会に参加できるチャンスを増やしてみようと考えています。いまは、ゲーム内の一次予選で負けたら終わりとなり、一度しかチャンスがない状況ですが、負けた経験から「つぎはこうしたらいいんじゃないか」と戦略を練り直す方もいると思います。その戦略を再度試せるチャンスがあってもいいのかなと。そこで“勇者杯2019春”では、一次予選のイベントマッチを2回開催するほか、独立したオンライン大会を開催して、その大会を勝ち上がっても二次予選にいけるような仕組みにします。少しでも二次予選に行けるチャンスを増やそうと思います。


――プレイヤーチャンスが増えていいのですが、運営は大丈夫ですか?(笑)


二木 そこはがんばります(笑)“勇者杯”で大事なのは、「自分も上に行けそうかも」と、たくさんの人に感じてもらうことです。5万人以上が参加する一次予選で、1回のチャレンジで約250人しか二次予選に進めないとなると、ハードルが高く感じられてしまいますから。


――そう思うプレイヤーも多いでしょうね。


二木 なので、複数の機会を作って、負けたとしても経験を活かしてつぎに繋がるデッキ構築を考え、「このデッキがあれば、自分も二次予選に進めるかも」と自信を持ってもらえるようにするのが狙いです。また、ランクマッチで上位30名に入るようなプレイヤーは、やはりプレイにかなりの時間を割いてくれているのですが、それは物理的に無理という方も多いと思います。そこで、プレイに大きく時間を割けない方でも出られる機会をなるべく多くしたかったんですね。


――確かに、ランクマッチレジェンドに到達するのはかなりたいへんです。


二木 「時間さえあれば、自分もレジェンドに行ける」と考えているプレイヤーも、たくさんいると思うんです。果たして、本当にそうなのか? そこを試す意味も込めて、そんな方も“勇者杯”に挑戦したくなるような環境を作ることが目標です。“勇者杯2018冬”の出場選手はレジェンドクラスの上位陣が中心となっていましたが、これからその間口が広がっていくとうれしいですね。


――今回の会場には初心者コーナーが設けられていましたが、かなりたくさんの人が並んで大盛況でした。大会を機にプレイを始める方も多いのですか?


二木 “勇者杯”では来場者の方に任意でアンケートをお願いしていて、「『DQライバルズ』をプレイしたことがありますか?」という質問に、「プレイしたことがない」と答える方がけっこういました。“勇者杯”では会場外でチラシを配っているのですが、それを見て来てくれた方が意外と多くて。これだけ足を運んでくれる方がいるのなら、その場で『DQライバルズ』に触れてもらえるコーナーがあってもいいなと思いました。



――僕は『DQ』シリーズが大好きなのですが、カードゲームにはあまり興味がなかったんです。そんなときに『DQライバルズ』が配信され、「『DQ』だし、少し触ってみようかな」とプレイしたらハマってしまって。『DQ』シリーズが好きで来場して、そこで『DQライバルズ』に触れてくれる人がたくさんいることにうれしくなりました。


二木 『DQライバルズ』は、RPGである『DQ』にカードゲームを掛け合わせたタイトルです。カードゲームは若い世代に人気があって、長い歴史があるRPGはとりわけ大人世代から高い支持を受けています。そこを掛け合わせて、お互いの架け橋になるタイトルにしたいなという思いが『DQライバルズ』にはあります。それが実を結んできているとしたら、とてもありがたいですね。


ふたりのヒーローカードが決まって第6弾は大きく動き出しました



――2019年2月22日に配信が始まる第6弾の新カードパック『小さな希望のシンフォニー』は、タイトル通り小さなキャラクターたちが活躍するようですが、どのような経緯でこの内容に?



二木 「第6弾のヒーローは誰にしよう」と考えたとき、堀井さん(堀井雄二氏。『DQ』の生みの親であるゲームデザイナー)ともお話して、今回は勇者ではなく、違う形の“英雄”を登場させようと。そこで、いくつかの候補の中からレックスタバサを選んだことが始まりです。彼らが子どもということもあり、第6弾は子どもたちを集めたカードパックにするというアイデアに繋がりました。


――新ヒーローレックスタバサですが、声優の内田彩さんが二役を演じるという驚きの発表もありました。


二木 『DQV 天空の花嫁』でも双子として登場するので、設定的にもおもしろいかなと。見事に、男の子女の子を演じ分けてくれました。ヒーローカードも含めてレジェンドレアカードは重要なのですが、『DQ』らしさを大事にするためにも、カードの効果は原作を想起させるものにしていますレジェンドレアを誰にするか決めてから、全体を設計していく形なので、いろいろな『DQ』シリーズから子どもたちを集めてカードの内容を決めるのはたいへんでしたが、とても楽しかったですね。



――レックスタバサが持つヒーローの効果は、テリーゼシカと相性がよさそうだなと感じました。


二木 レックスはみずからが攻撃するリーダーと、タバサは特技を得意とするリーダーと相性はいいですね。でも、第6弾では新しい武器や、リーダーに攻撃力を+1する効果を持つカードが登場するので、テリー以外のリーダーも攻撃手段を得やすくなって、レックスを活用できると思います。各リーダーごとに便利な特技カードも増やしているので、タバサと組み合わせれば特技中心で戦えるリーダーを作りやすいはずです。



――テリーゼシカ初心者でも扱いやすいリーダーなので、レックスタバサ初心者でも戦略の幅を広げやすくなるという意味で設計しているのかな? と思いました。


二木 初心者でも、第5弾で登場した“ロトの血を引く者”のヒーローカードは使いやすいですね。第6弾のヒーローカードは直接攻撃中心、特技中心のデッキに寄せた、少しテクニカルな方向になるかもしれません。実際にプレイするとわかるのですが、レックスヒーローレベルを3まで上げるのはけっこうたいへんなんですよ。なので、レックスヒーローカードコストゼロで設計しました。


――第5弾のヒーローカードはどのようなデッキ構成にも入れられる万能型に対し、第6弾のヒーローカードは特定のデッキをさらに強くする方向性になっているのですね。新システムの“絶好調”についてもお聞きしたいのですが、これはどのような狙いで作られたのでしょうか?


二木 これまではユニットを場に出したら即行動させるのが基本でしたが、あえて場に出して“動かさない”ことでメリットを得られるものを作りたいなと。



――絶好調状態は、そのユニットが行動さえしなければ、相手に何度攻撃されても消えることはないのですか?


二木 はい。たとえば「絶好調状態では毎ターン〇〇効果」というユニットは、行動させずに場に残しておくと効果が毎ターン発動します。


――絶好調状態になるユニットカードもかなりの枚数が追加されるので、いわゆる“絶好調デッキ”というような構築も可能ですね。


二木 絶好調を軸としたデッキは、かなり生まれてくると考えています。場に出したユニットを動かさないというシステムは、「ユニットにもテンション要素を持たせたい」という視点から始まりました。行動するまでは強い状態というイメージですね。システムの名称も、小さなキャラクターが活躍するので、子どもらしいわんぱくなイメージに合わせて“絶好調”に決めました。


――第6弾の戦士専用のレジェンドレアカード“少年テリー”は、テンションスキルが“モンスターマスター”に変化します。戦士でテンションスキルが変化するのは初めてですよね。


二木 “少年テリー”の効果も、原作を再現するところから始まっています。『DQモンスターズ テリーのワンダーランド』は、世代的にも本作のファンリンクしますし、私個人も大好きなタイトルなんです。倒したモンスターを仲間にして戦うのは楽しいよね、これを本作でも再現できないかな、と考えました。モンスターに肉を食べさせて、倒すと仲間になる『DQモンスターズ』の要素も取り入れたかったのですが、それだと少し強くなりすぎる。そこで、テンションスキルを変化させて、『DQモンスターズ テリーのワンダーランド』で少年テリーが最初に仲間にする3体のモンスターを連れて戦える効果にしました。



――少年テリーは冒険者カードなので、勇者ソロの効果で即ドローしてテンションスキルを変えることも可能ですよね?


二木 もちろんできます。テンションスキルを変化させるカードを軸に戦う戦略は、カードを引くまでがたいへんだと思うのですが、少年テリーと勇者ソロを併用すれば試合開始直後に引けるので、安定した戦いができます。テンションスキルが変化すると戦いかたがガラリと変わるので、イメージとしては転職に近いかもしれません。“少年ヤンガス”という商人のレジェンドレアカードも、テンションスキルを変化させる効果を持っています。


――種の特技カードが、弟切草や火炎草などの道具カードに変わりますね。


二木 弟切草と火炎草、大きなパンですね。効果を発動すると、その試合中に手に入る種系の道具カードがすべて変化します。



――すべてですか!?


二木 これも戦いかたがガラリと変わるので、転職のイメージに近いですね。“大砲の壺”(敵ユニット1体に2ダメージを与えて、道具カード1枚を手札に加える)の使いどころが増えたりと、道具カードのバリューはかなり高まると思います。火炎草などのカードコスト2なので、新ヒーロータバサとの相性もいいはずです。


――なるほど


二木 少年ヤンガスも冒険者カードなので、勇者ソロで即ドローできます。なので、もしかしたら勇者ソロとタバサダブルヒーローデッキというのも生まれるかもしれません。


――変化に富んだデッキが数多く生まれる可能性を秘めていますね。ククールレジェンドレアカードフォズ大神官”も、新たなテンションスキルではないですが、ランダムでいずれかのリーダーテンションスキルに変化してテンションを+2するという性能です。少しギャンブル要素がありそうですが……。


二木 そうですね。でも、フォズ大神官が場に残っていれば、毎ターンテンション+2されるので、これもけっこう強いと思います。



――テンションスキルが毎ターン変化することを考えても、必ずテンションスキルを発動できるとなればすごそうです。


二木 占い師のレジェンドレアカードリゼロッタ&ルコリア”も、絶好調カードを軸にした“絶好調占い師”というようなデッキを作れるので、かなりおもしろいものになっています。『DQX オンラインプレイヤーにとってもうれしい仕組みがあって、占い1の効果をリゼロッタ、占い2の効果をルコリアが発動するのですが、超必中モードで使うとリゼロッタとルコリアを同時に呼べるんです。



――『DQX オンラインプレイヤーは感動しちゃいますね! 共通のレジェンドレアカードも、クセの強い性能を持っています。


二木 ワルぼうのことですね(笑)ターン終了時にお互いのデッキのいちばん上にあるカードを捨てるので、確かにクセは強いかも。HPも4なので、出されると倒すのに手間取るでしょう。自分が使う場合は、ラーミアを軸にしたデッキカードの枚数を減らす目的でも使えます。相手のカードも捨ててくれますし、一石二鳥ですね。



――なるほどラーミア発動後に相手が使ってきてオーブカードを捨てられたらたいへんだと思いましたが、そのような使いかたもアリですね。ラプソーンもなかなか厄介そうです……。


二木 ラプソーンは、倒されると相手側のユニットに“死亡時にラプソーンを出す”という効果を強制的に付加させる性能を持っています。



――これは“封印の杖”などで封印しない限り、どちらかの場に残り続けるということなのでしょうか?


二木 ラプソーンを倒すとき、自分の場にユニットが1体もいない状況ならば、この効果を発動させずに倒せます。ラプソーンを出されたときは、倒しかたが重要になるということです。


――魔法使いレジェンドレアカード“妖精ベラ”の性能もおもしろいですよね。


二木 妖精ベラは、コスト3以上の特技カードコストを1下げるのですが、これにタバサを組み合わせると、コスト消費をかなり抑えられるので、おもしろい戦略が可能になると思います。



――ステルスを持っているので、ゲマのような使いかたになるかもしれません。ちなみに、個人的には第5弾のヒーローカードバトル決着までの流れが速いデッキが増えた印象を受けましたが、第6弾では?


二木 ゲームスピードに関しては、絶好調カードなど動かさないほうがいいカードが登場することもあり、そこまで大きな変化はないと考えています。


――絶好調状態のユニットを複数場に出して、つぎのターンに一斉攻撃、その後に絶好調状態に戻す効果を持つカードを使うと、流れはいいかもしれませんね。ユニットを絶好調状態に戻すカードは、共通のものから職業専用のものまで数多く用意されてますし。


二木 それもいいですね。相手としても残しておきたくないユニットとなるので、読み合いはさらにアツくなるでしょう。



――もうひとつの新システムシンクロ”もユニットが強化されるタイプの効果ですが、こちらはずっとガンガン攻撃していけそうです。


二木 シンクロ”の狙いは、バトル後半で低コストユニットカードを引いてもあまり活躍できないという状況を減らしたいというものです。ヒーローレベルが最大まで上がるのはバトル中盤以降になるのがほとんどなので、シンクロ効果を持つカードを最大限活用できます。


――シンクロヒーローレベルと連動しているので、封印効果も効かないのでしょうか?


二木 いいえ、シンクロの効果自体を封印されるので、有効です。絶好調も同様です。第6弾では、封印効果を持つカードが重要になるかもしれません。


Nintendo Switch版が2019年2月14日より配信! PVに隠された秘密とは!?



――2019年2月14日からNintendo Switch版の『DQライバルズ』が配信されていますが、ゲームプレイ感はPC版と同じなのでしょうか?


二木 操作はコントローラ対応など、Nintendo Switchに合わせた調整を施していますが、携帯モードではスマホ版同様のタッチ操作が可能となっています。基本無料ですし、Nintendo Switch Onlineに加入していないくてもオンライン対戦が可能なので、気軽に遊んでいただければうれしいです。ラットフォームが異なっても対戦できますし、データを連携すればセーブデータの共有と引き継ぎも可能です


――初めての人でも気軽に対戦できるのはいいですね。


二木 ひとつ、ぜひ皆さんにお伝えしたいことがありまして……。第6弾のプロモーションムービーhttps://youtu.be/8ALEymy9sgo)で、最後にネルゲルカードが出てくるシーンがありますよね。「ネルゲル子どもが出てくるのか!?」といったウワサもありましたが、じつは「Nintendo Switch版が出るよ!」という密かなメッセージだったんです。


――どういう意味でしょうか?


二木 ネルゲルといっしょに出ているカードはエビルアップル、からくりエッグ、あらくれですよね。エビルアップルはApple……つまり、iOSです。からくりエッグは機械なので、Androidのロゴに近いイメージで。あらくれはならず者ですが、“Yahoo”にはならず者という意味があるそうです。そして、ネルゲルと言えば指パッチンでしょう。Nintendo SwitchのCMをご覧いただければわかるのですが、CMで必ず流れる「カチッ」という、Joy-ConNintendo Switch本体にはめ込む音は、指パッチンの音に似ていませんか? ということで、あのシーンは『DQライバルズ』の対応ハードNintendo Switchが加わるというメッセージだったんです。



――それは、ふつうは気づきませんよ(笑)


二木 プロモーションムービーでは、ワルぼうエスタークをプチタークに変えるシーンでも指パッチンを使っています。これもヒントです。ただ、ちょっと凝りすぎたなと反省しています。


――確かに指パッチンをしていましたね。言われてみれば……ですが(笑)。無事に発表、配信もされて楽しんでいる方も多いと思います。


二木 『DQライバルズ』のキャラクターは細かく動きますし、カードイラストも大きな画面で見ていただきたくて。テレビ画面で遊べば、また印象が変わるかもしれません。何より、スマホを持っていなかったり、PCで遊ぶのは難しい低年齢層の方にも遊んでもらえるとうれしいですね。基本無料なので、始めやすいと思います。


――アンルシアシドーの、特別なイラストが描かれたレジェンドレアカードがもらえるキャンペーンも開催されています。


二木 Nintendo Switch版の『DQX オンライン』のセーブデータがあればアンルシア、おなじくNintendo Switch版の『DQビルダーズ2 破壊神シドーからっぽの島』のセーブデータがあれば、シドーレジェンドレアカードがもらえます。イラストが特別な、プレミアム版です。スリーブアイコンももらえます。早期ダウンロード特典として、2019年3月31日までにNintendo Switch版の『DQライバルズ』をダウンロードすると、第1弾から第6弾までのレジェンドレアカードの中から必ず1枚もらえる“レジェンドレア確定DXパックチケット”がもらえます。



――『DQライバルズ』を初めてプレイする人はもちろんですが、すでに遊んでいる人も特典のためにダウンロードするのもアリですね。


二木 Nintendo Switchを持っていたら、ぜひ! これを機に『DQライバルズ』がどんどん広がってくれるとうれしいですね。





(C) 2017-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved