米国スタートアップPegara, Inc.(読み:ペガラインク、本社:米国デラウェア州、創業者兼CEO:市原 俊亮)は、2019年3月上旬、同社の開発する機械学習向けクラウドコンピューティングサービスGPU EATER(ジーピーユー・イーター)」へAMD社製「Radeon VII」を搭載したインスタンスを世界で初めてリリースします。それに伴い、2019年2月22-23日に東京ビッグサイトで開催される『Slush Tokyo 2019』にて先着10名に限り当該インスタンスの先行予約を受け付けます。また、GPU EATERの30%割引クーポンも同時に配布する予定です。

AMD RADEON VIIについて
AMD Radeon VII」は、2019年のCES基調講演で発表され、2月7日に発売されたばかりの米国AMDAdvanced Micro Devices, Inc.)社製の7nmプロセスを採用した次世代GPUです。16GBのHBM2メモリーを搭載、メモリー帯域幅は1TB/sとなっており、前世代のVega 64と比較して約1.3倍~のパフォーマンスを期待することが可能です。メーカー発表では、ピーク時の単精度(FP32)浮動小数点性能で13.8 TFLOPS、同ピーク時の半精度(FP16)浮動小数点性能で27.7 TFLOPsとされており、NVIDIA社製のGeForce GTX2080Tiと比べても遜色のない性能指標をマークしています。

Slush Tokyo2019での予約方法
Slush Tokyoは、北欧フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベントです。今回で東京開催5回目となる「Slush Tokyo 2019」には、6000人の一般来場者、600のスタートアップ250人の投資家の参加と、300人の報道陣の来場が見込まれます。

AMD Radeon VII搭載インスタンスの予約は、Slush Tokyo 2019の会場内にあるGPU EATERの出展ブースにて2019年2月22日(金)に限り受け付けます。先着10名を予定しており、規定数に達し次第受け付けを終了いたします。ご希望の方はブースへお立ち寄りの際、スタッフまでお声がけください。

また、GPU EATERの30%割引クーポンも同ブースにて発行いたします。こちらはブースにお越し下さった方全員に発行させていただきますので、ご利用される方はぜひお立ち寄りください。

【デモブース】

SLUSH Day 1(ブース #39)


GPU EATERの参加プログラム
Pegara, IncはGPU EATERのデモブース出展、およびイベント内で開催されるピッチコンテストショーテックケースへも参加します。厳正な審査を通過したスタートアップのみが参加できるこちらのプログラムでは、各事業の詳細説明を聴くことができます。GPU EATERにご興味のある方はこちらへのご参加もお待ちしております。

開催日時は以下の通りです。

ピッチコンテスト
SLUSH Day 1 予選
SLUSH Day 2 準決勝/決勝

ショーテックタイム
SLUSH Day 1

Slush Tokyo 2019」公式Webサイト

https://tokyo.slush.org/

GPU EATERについて
米国AMD社製GPUベースDeep Learningクラウドローン
https://www.atpress.ne.jp/news/150925

■Pegara, Inc.について
会社名  : Pegara, Inc.
所在地  : 4000 Barranca parkway, suite 250, Irvine, CA 92604 U.S.
共同創業者: CEO 市原 俊亮、CTO 中塚 晶仁
設立   : 2015年9月21日
URL    : http://www.pegara.com/
事業内容 : Deep Learningの研究開発、
クラウドスティングエンジンの開発

■ペガラジャパン合同会社について
会社名 : ペガラジャパン合同会社
所在地 : 千葉県浦安市海楽2-32-11
代表社員: 市原 俊亮
設立  : 2017年12月1日
URL   : http://jp.pegara.com/
事業内容: 日本国内におけるPegara, Inc.社製品の販売、
サポート、セミナー、コンサルテーション

配信元企業:ペガラジャパン合同会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ