プロデュースユニット始動に初演出と、近年つくり手としての演劇活動が続いた鈴木砂羽。次の一手に選んだのは、あらゆるアプローチで“女”を描くブス会*の新作『エーデルワイス』だ。オーディションで主演の座を射止め、脚本・演出を手がける主宰のペヤンヌマキと語らいながら作品づくりを進める現在の心境に耳を傾けた。

【チケット情報はこちら】

鈴木演じるスランプ中の漫画家アキナが、自身の代表作『たたかえ!いばら姫』を読み返すシーンに端を発する本作。さまざまな男の価値観に翻弄される若い女・ミユキの姿を描いたこの劇中作と、アキナの周りで繰り広げられる人間模様が交錯する形で物語は展開する。劇中のエピソードには、鈴木とペヤンヌの実体験がふんだんに盛り込まれているという。

今年でデビュー25周年を迎える鈴木は、これまでの芸能生活を「男性性を優位にして仕事には真摯に向き合ってきました」と振り返る。一方で「プライベートの恋愛では櫛の歯が欠けた部分が多くあって……」とも。常にトップギアで俳優業を行ってきた自覚から悲しむ暇もなかったが、最近「女として私は何が欠けていて、本来なら何を享受できたんだろう?」と考える機会があったと話す。

そんな時に出会ったのが、ブス会*の『男女逆転版・痴人の愛』(2017年)。谷崎潤一郎の原作をアレンジしたペヤンヌの脚本・演出に触れて「この人は私が女として開けるべき扉の鍵を持っている」と直感する。オーディションを経てペヤンヌと対話を重ねるうち、新作の構想が自然と像を結び始めた。

浮かび上がったのは、女性が自身にかける“呪縛”。劇中には、周りが求める女らしさに消耗する登場人物の姿が描かれる。コンサバ返りする現代にも通じて息苦しい――と筆者が訴えると、「でもその息苦しさって幻想で、女が自分に呪いをかけた末の産物だってことに年を重ねて気づいたの」と言い切る。

そこで鈴木とペヤンヌは実体験を昇華させたストーリーを用意。崖に咲く高山植物から想を得たタイトルに鈴木の生き様を投影し、「呪縛から解き放たれ、他人と自分を心から愛したい」と願う気持ちを作品に込めた。「だからこの『エーデルワイス』は今までの“集大成”。同時に女として産まれた私の人生“第2章”の幕開けでもあるんです」

公演は2月27日(水)から3月10日(日)まで、東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて。チケットは発売中。

取材・文:岡山朋代

鈴木砂羽