2月19日囲碁・将棋チャンネルで放映された第27期銀河戦のAブロック6回戦で、折田翔吾アマが豊川孝弘七段を破り、6人抜きを達成。同ブロックの最多勝ち抜き者になることが確定したため、決勝トーナメント入りが決まった(同棋戦では、予選ブロック最多勝ち抜き者とブロック優勝者が、それぞれ決勝トーナメントに進む)。

かつては瀬川晶司アマ(当時)がA級棋士を破った

 今期の銀河戦には4名のアマチュア代表が参加しており、折田アマの他に、木村孝太郎アマも4人抜きを達成している。こちらは5回戦で増田康宏六段が快進撃を止めたが、ブロック4連勝はやはり最多勝ち抜き者の有力候補となる。2名のアマチュアが決勝トーナメントに進出することになれば、史上初の快挙だ。

 銀河戦は2000年に始まった第9期からアマ選手の参加が認められているが、ここ数年のアマチュアはよくて1~2勝という成績が続いていた。過去には、第9期で瀬川晶司アマ(アマ含めて段位は対局当時、以下同)が7人抜きを果たし、決勝トーナメントへ進出したこともある。この時は先崎学八段に敗れたが、瀬川アマは3年後の第12期にも3人抜きを果たし、決勝トーナメントの1回戦でも久保利明八段を破る殊勲の星を挙げた。アマチュアが現役のA級棋士を破るのは史上初の快挙で、この白星がのちに特例として行われた瀬川のプロ編入試験実施につながったともいえる。

「黒船来航」の要因は?

 ただ、アマチュアが参加できる他の棋戦でも、最近はプロが貫禄を見せることが多かった。折田アマと木村アマの快進撃は、久々となるプロ棋戦への「黒船来航」ともいえるが、その要因はどのあたりにあるのだろうか。

 まず、折田アマについて紹介したい。折田アマは元奨励会員で、三段リーグまで昇ったが、2016年に年齢制限で退会した。その後、一昨年の第34期アマ王将戦で準優勝し、銀河戦への参加資格を得る。そしてプロを次々なぎ倒す今期の活躍だ。その過程で瀬川五段と今泉健司四段という「アマの先輩」を破ったのも、何かの巡り合わせだろうか。「瀬川戦と今泉戦は逆転勝ちだったので印象に残っています」という。

チャンネル登録者約3万のユーチューバーでもある

 アマチュアとしての活躍については「実力以上の結果で、ツキが巡ってきた。アマ大会での経験も大きいと思います。他に奨励会退会後に変わった部分としては、将棋ソフトの活用でしょうか。自分の対局の検討や、序盤の研究に使います」と語る。

 昨年の朝日杯にも参加したが、初戦で都成竜馬五段に敗れた。だから「1局は勝ちたいと思っていたが、まさかの決勝トーナメント進出でビックリ」。プロ編入試験が視野に入ってきたことについては、「目指せるところまできたので、今後も頑張りたいです」と前向きな姿勢をみせる。

 折田アマにはユーチューバー(アゲアゲ将棋実況)としての姿もある。将棋の実況中継などを行っているのだ。奨励会経験者は、退会後に一定の期間を経ないとアマチュア大会に参加できないが、その期間にも「自分の将棋を生かしたいという思いがあり、また動画配信もやってみたかったので、始めました」という。

 現在、チャンネル登録者は約3万人。「思った以上に見てくれる方がいて、また応援もしてくれるのでありがたいです。自分自身のモチベーションにもなっています。これからも継続してやっていければと思います」という。

「プロと指せるだけで光栄」

 木村孝太郎アマは、立命館大学に通う大学1年生。折田アマとは異なり奨励会の在籍経験はない純粋アマだが、中学時代の2014年に全国中学生選抜将棋選手権で優勝した実績がある。また昨年の学生名人戦では準優勝している。一昨年の第7回アマチュア銀河戦で優勝し、プロの銀河戦への参加資格を得た。

「プロと指せるだけで光栄。初戦から胸を借りるつもりで戦っていましたが、いい内容で勝てて波に乗れたのか、実力以上のものが出ました」と語る。

 普段は大学の将棋部での実戦が多く、また将棋ソフトを活用して序中盤の研究を行っているそうだ。目標とする棋風は深浦康市九段のもので「終盤の粘りは見習うべきものです」という。木村アマに限らず、アマ棋戦で勝ち進む実力者は終盤で二枚腰の粘りを発揮する選手が多い。「アマ大会で実績を積み、学生大会でも勝ちたい」と語る。

 出身は青森県で、将来は地元に戻って観光関連の仕事に就くことを目指しているという。同じく東北(山形県)出身の阿部健治郎七段は、詰将棋パラダイスの難問に取り組む木村アマをみて「大学(幼稚園大学院まで分かれる詰将棋レベル)を解けるならば、奨励会三段の勉強と変わりません」と語った。

「プロとアマの差が最も大きい競技の一つ」と言われていたが

 ここで、将棋におけるプロアマ戦の歴史を振り返ってみたい。かつて、将棋は「プロとアマの差が最も大きい競技の一つ」と言われていた。プロ棋士を目指していた奨励会員が夢破れた後に、アマチュア棋戦に参加が認められない時代もあった。いわゆる「元奨」はセミプロ扱いで、純粋アマとは異なるとされたのが理由だろうが、セミプロと純粋アマにはそれほど実力差があると考えられていたのだ。

 だが、実は「アマとプロが戦う公式戦」の歴史は古い。順位戦ではその草創期(1948~50年の第3~5期)に、アマ選手の参加が認められていたことがある。昇級する成績までには至らなかったが、プロ相手に勝ち越したアマもいた。

 また、九段戦(現在の竜王戦)では1957年に始まる第9期の一次予選から、アマ選手の参加が認められた。アマ名人経験者として参加した木村義徳アマは、二次予選まで勝ち進む活躍をみせる。木村アマはこの活躍をきっかけとして、のちに奨励会入りして四段昇段(プロデビュー)を果たす。順位戦では最高位のA級まで昇級、段位は最高位の九段にまで昇った。

折田アマは今後4勝5敗以上の成績を挙げれば……

 九段戦のアマ参加枠はしばらく後になくなるが、十段戦を経て竜王戦と発展した時に、再びその枠が復活して、現在まで続いている。1987年11月13日に行われた第1期の開幕戦では、古賀一郎アマが村山聖四段を破った。

 そして第4期竜王戦では天野高志アマが3連勝し、ランキング戦6組の準決勝に進出。丸山忠久四段に敗れたものの、ランキング戦準決勝まで勝ち進んだアマ選手は天野アマがただ一人である。

 その後もアマチュアのプロ棋戦における活躍は目立った。2010年の第41期新人王戦では決勝三番勝負に加来博洋アマが進出。惜しくも準優勝だったが、トーナメントの過程ではのちに名人となる佐藤天彦五段を破っている。そして2015年、ついにアマチュアによる棋戦優勝が初めて実現した。加古川青流戦を勝ち上がった稲葉聡アマが決勝三番勝負でも増田康宏四段を下し、栄冠を勝ち取った。

 なお加来アマ、稲葉アマともに、プロ編入試験受験資格を得る「対プロ公式戦10勝5敗」のラインクリアしているが、受験の権利を行使はしなかった。

 一方、プロ編入試験を目指す折田アマは、ここからプロ棋士を相手に4勝5敗以上の成績を挙げれば、受験資格を得ることになる。また、木村アマの姿も銀河戦決勝トーナメントで見られるかもしれない。トップクラスのプロ棋士とどのように戦うか、実に楽しみである。

(相崎 修司)

第27期銀河戦Aブロック6回戦、折田―豊川戦 ©囲碁・将棋チャンネル