確認されている中で世界最高齢の鳥であるアホウドリが、68歳にして新たに卵を産んだことがわかった。ウィズダムと名付けられたそのアホウドリは、ハワイの北西約1931kmに位置するミッドウェー環礁国立野生動物保護区に巣を作り、そこで産卵していた。海外メディアSkyNewsが伝えた。

【写真】卵を産んでる最中のアホウドリのウィズダム

 ウィズダムは11月29日に産卵したことを生物学者が確認。生物学者によると、ウィズダムは少なくとも68歳。この事実により、アホウドリの寿命を再評価することを迫られているという。

 これまでウィズダムは、30羽から36羽を育ててきたと考えられている。2001年ウィズダムが産んだ1羽は、2017年の時点でウィズダムから3、4kmほどの場所で確認された。

 同地域ではアホウドリが何世代にもわたり生息していることを挙げ、合衆国魚類野生生物局の生物学者ケリー・グッデールは「ウィズダムが家に帰った時に、自分の子供たち、その子供たちに囲まれることを想像してみてください。ものすごい家族大集合です」と語る。

 アホウドリは産卵後、2ヵ月ほど卵を抱いて過ごし、孵化後の5ヵ月間を子育てに費やす。また生涯にわたりパートナーと添い遂げ、相手が死んだ場合のみ新しい相手を見つける。現在のウィズダムのパートナーであるアケアカマイの年齢は不明で、2羽は2006年から一緒にいる。

アホウドリのウィズダム※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット