秋元才加JOYパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」2月23日(土)の放送では、厚生労働省 人材開発統括官 若年者・キャリア形成支援担当参事官の伊藤正史さんに、「新卒応援ハローワークとわかものハローワーク」をテーマに話を伺いました。

秋元才加(左)とJOY



「新卒応援ハローワーク」は、主に学生の就職活動を支援する専門のハローワーク大学院、大学、短大、高専、専修学校などの学生や、新卒求人への応募を希望する卒業後概ね3年以内の方が対象です。

一方、「わかものハローワーク」は、新卒などではない方で正社員の就職を目指す、概ね45歳未満の方の支援をおこなうもの。正社員就職を希望しながら、不安定な就労状態にあるフリーターなどの正社員就職を支援することが主な目的です。

伊藤さんによると、新卒応援ハローワークは各都道府県に必ず1ヵ所は設置されていて、現在は全国に56ヵ所あるとか。わかものハローワークは、大都市部を中心に全国に28ヵ所あるほか、一般のハローワークのなかに設置された「わかもの支援コーナー」が全国に200ヵ所以上あり、ここでもわかものハローワークとほぼ同様の支援を受けられます。

「どちらのハローワークも、一人ひとりに専任の担当者がつき、継続的にサポートをおこないます」と伊藤さん。
基本的なサポートとして、エントリーシート履歴書の書き方、面接の指導などをおこなうそうです。そのほか、自分がどんな仕事をしたいのか定まっていない方や、採用試験になかなか受からない方には、職業適性の検査、キャリアコンサルティングなどを通して自己分析を促し、改めて志望の業種や職種を明確にするなど、幅広いアドバイスもおこなっています。

また、各種セミナーも開催していて、新卒応援ハローワークでは、「自己PRセミナー」や「面接のマナー集団面接のセミナー」「ビジネスマナーのセミナー」などがあります。わかものハローワークでも、面接セミナーなどの基本的なものをはじめ、コミュニケーションスキルアップさせるセミナーや求職者同士のグループワークなども実施しています。

ハローワークでおこなっている支援、さらには個別指導やセミナーなどは全て無料で、求職者にとって手厚いサポートを受けることができます。
そして、「就職したい人をサポートするだけでなく、人材を確保したい企業側に対しても、専門的なアドバイスマッチング支援をしている」と伊藤さんは言います。
人材不足に悩んでいる業種とのマッチング、さらにはハローワークの全国ネットワークを活かした、都市部の若者と地方企業とのマッチングなどの支援もおこなっており、「若い人材を求める企業の人事担当の方にも、ぜひ利用していただきたい」とアピールしました。

就職活動ってどうしたらいいの?”など不安を抱えた学生たち、今年3月に卒業予定でまだ就職が決まっていない人、そして、正社員就職を目指している概ね45歳未満の方たちに向け、伊藤さんはメッセージを送ります。「まずは新卒応援ハローワーク及びわかものハローワークに相談していただきたい。あなたに合った個別のきめ細かな支援で、一緒に就職を目指していきましょう!」と呼びかけました。

秋元は「想像を超える手厚いサポートですね。改めて自分の個性や魅力を発見できる場所だと思う」と感心しきり。JOYも「これだけのことが無料で受けられるのは心強い。こうしたサポートがあるというだけで安心感につながるし、職を転々としたり、仕事で悩んでいる友達にも教えたい」と話していました。

伊藤正史さん(右)、秋元才加(左)とJOY




----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年3月3日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radikoアプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:秋元才加JOYWeekly Japan!!
放送日時:毎週土曜11:00~11:25
パーソナリティ秋元才加JOY
番組Webサイトhttp://www.tfm.co.jp/japan/
個別指導、セミナー…すべて無料! 手厚い“就職支援”を受けられる施設とは?