今や世代を問わず深刻な社会問題とされる依存症。世の中の依存症に対する偏見を取り除くソーシャルアクションをしたり、当事者の心のケアを担うのがソーシャルワーカーの役割です。

 大森榎本クリニックの斉藤章佳さんは精神保健福祉士・社会福祉士として約20年に渡りさまざまな依存症の治療に携わってきました。

斉藤章佳さん
精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さん
 斉藤さん自身のキャリアを振り返ると共にソーシャルワーカーと依存症を取りまく現状ついて、話を聞いてみました。

あらゆる場面に関わるソーシャルワーカーの仕事

――斉藤さんがソーシャルワーカーという仕事や依存症という社会問題を意識するようになったきっかけはどんなことだったのでしょうか。

斉藤章佳(以下、斉藤):私は学生時代に、ずっとサッカーをやっていて、プロを目指して本気で打ち込んできました。それが大きな怪我をして夢を絶たれるという人生初の挫折を味わうんですね。大学では社会福祉学専攻だったためたまたま社会福祉士の養成課程に進むんですけど、その大学を選んだのもサッカー部が強いからという理由でした。

 大学4年の春頃、サッカーへの未練もあって将来の進路を決められない状態で腐ってました。そんな現実から逃げたい気持ちもあって、卒業旅行と銘打って1人沖縄旅行に行くことにしました。宿泊先も決めず那覇市の国際通りにある桜坂という歓楽街を歩いていたら、「兄ちゃん、いい店知ってるよ」って現地の人に声をかけられました。大学生でお金もないし、奢ってもらえそうだったので付いて行ったんです。

――勇気がありますね……!

斉藤:それで連れていかれた店で、泡盛のまわし飲みに参加させられたんですよ。菊之露という銘柄の30度くらいある地酒をグラスにどんどん注がれて、酔い潰れるまで競い合うという。私も体育会系だったので負けず嫌いで、お酒の強さにもかなり自信がありました。でも現地の人は鍛え方が違うのか、まったく酔わないんですよ。

 いつの間にか記憶がなくなってブラックアウト、気がついたら道端で寝ていました。財布の中身も全部なくなっていて、残ったのは着ている服とリュック中の下着だけでした。

沖縄への一人旅で“初めてのカウンセリング体験”

――ツラい現実から逃れるべく旅行に行ったのに、そこで思わぬ災難に出くわしてしまった、と。

斉藤:そんなとき普通は警察に相談しますよね。でもそれだと親に連絡されるだろうし、進路も決まっていないなか、のんきに旅行に行って、しかも問題飲酒までやらかしたなんて知られたくなかったんですよ。一応、斉藤家の長男だったので……。

 帰ろうにも帰られなくて3日間くらい国際通り近くの公園のベンチに座って途方に暮れてるときにホームレスに声をかけられ、これまでの身の上話を全部聞いてもらいました。このときのカミングアウトが私にとって初めてのカウンセリング体験になります。

沖縄のホームレスたちと1週間生活

cigarette
※画像はイメージです(以下、同じ)
――今のお仕事に通じる経験をするわけですね。無一文の状態からどのように資金を集めて帰られたのですか。

斉藤:それから1週間くらいホームレスコミュニティで暮らすことになりました。彼らに教わりシケモク(タバコの吸い殻)を拾ったり、賞味期限が切れたコンビニのパンやおにぎりを食べたりしていましたね。ただ、このままだと親に申し訳ない気持ちもありました。ある日の早朝、黙ってコミュニティを抜けることにしました。

 それから海岸沿いに歩きながら夜は民家を訪ねて泊めてもらえるように交渉するんですけど、そのときにホームレスに話したときと同様、必ず身の上話をするんですよね。事情を解ってもらった上で一晩泊めてもらうということを何度も繰り返しました。

――そこで他人との交渉術を身につけたのかもしれませんね。

斉藤:なかには家業を営む家もあったので、仕事を手伝うことで報酬をもらいました。そうやって帰るための資金をコツコツと集めていったんです。

 沖縄の経験で学んだのは、自分の弱さをオープンにすることで人と繋がれるということ。それまで私はずっと体育会系の気合いと根性の世界にいたから自分の弱さを他人に見せることができなかったんですね。あと自分の居場所は自分で作ること。生きるために働くことですね。

就職先でアルコール依存症と向き合う

――その後、大学で社会福祉士と卒業後専門コースに入り直し精神保健福祉士の資格を習得して榎本クリニックに就職されたということですね。

斉藤:最初の配属先はアルコール依存症専門のフロアでした。そこで多くのアルコール依存症の方々と関わるなかで、沖縄で最初に話を聞いてくれたホームレスアルコール依存症だったことに気づきました。あの目の色(黄疸)や匂い、酒の飲み方など、正真正銘のアルコール依存症でした。

 彼らのコミュニティにいた頃を振り返ると、いつもどこからともなくお酒を持ち寄って、飲みながら「酒のせいで何もかも失った」とか、「ギャンブルにハマって自己破産した」とか、「シャブがずっとやめられなかった」みたいにみんなが口を揃えて言っていたのを覚えています。

 何かしらの依存症が原因でホームレスになった。そう考えると、沖縄での経験はソーシャルワーカーという仕事に就くだけでなく、依存症の実態に触れる最初の機会だったことになります。

――ソーシャルワーカーという仕事の内容について教えてください。

斉藤:堅苦しく言うと、社会福祉士、精神保健福祉士などの資格を有している場合が多く、社会福祉事業に従事する高度な理論や技術を習得した専門職の総称をソーシャルワーカーといいます。ただ資格を持っていなくても名乗ることは可能です。

 仕事をしていくためには、社会福祉学や心理学などの知識や、面接のトレーニングの必要がなんですけど、依存症臨床について言うと、そういった技法は極論現場では役に立たないというのが私の実感です。

――意外とぶっちゃけますね(笑)

斉藤:みんな飲むときは飲むし、ギャンブルをやるときはやる。どんな大学病院の、どんな偉い先生が担当したって、スリップするときはスリップします。つまり私たちは依存症という病気に対して無力なんです。

 だからこそ上から目線ではなくてフラットな対等な関係を築いていくことが重要です。等身大の自分で向き合うべく自分の「マイストーリー」を話すようにしています。なぜ私は今ここにいるのか、という話です。

「救いたい」ではなく、「救うことができない」

対話

――さっきのお話に出てきた“自分の弱さをオープンにする”ことと繋がりますね。依存症の治療にあたっては当事者と同じ目線で立ち、共感することが大切ということですか。

斉藤:そこは一概に言えません。同じような経験をして、それを乗り越えてある程度やめているクリーンな期間があればいいですが、今まさにその問題を抱えているときにこの仕事に就くと距離が取れなくなって共倒れになります。

 当事者の立場で共感し過ぎてしまったり、「私があなたを救いたい」という思いが強い人はこの仕事に向いてないと思います。人を救いたいという思いは一見素晴らしいことのように聞こえますが、その背景にはその人の傲慢さが見え隠れしています。酒をやめるのは私ではなくあなたです。かわりにやめることもやめさせることもできません。

 だからこそ、「私はあなたを救うことはできない」という前提から関係は始まります。逆説的ですよね。依存症からの回復にはパラドキシカルなことがたくさんあります。

――それでは、依存症患者がクリニックで受診する意味はどんなところにあるのでしょうか。

斉藤:そもそも依存症の治療というのは、自分の力で歩いてもらうことなんですよね。我々が問題を解決するとか、困難を取り除くことではありません。カーリングのように周囲が必死になって床を磨く姿を想像してみてください。転ぶことが失敗ではないんです。転んでもいいんです。転んでから起き上がらないことが失敗です。

 これをタフラブ(見守る愛)というんですけど、基本的には相手の話をよく聞く、見守りつつ本人が「助けて」というサインを出したり、訴えてきたときにいつでも手を差しのべるという距離感が重要ですね。そのための準備は惜しまないようにしたいです。

誰もが依存症になるリスクと隣り合わせ

――では、何をもって回復といえるのでしょうか。

斉藤:端的に言うと自己責任ではなく回復責任について考えてみたいと思います。依存症になった責任はあなたにはないが、そこから回復する責任はある。回復責任というのはキーワードです。そして回復におけるポイントは孤立から、社会内に依存先を増やすことです。

 依存症全般にいえることなのですが、依存症になるとみんな孤立してしまうんですよね。その魔力に圧倒されて周囲がみんな離れていく。

 アルコールがわかりやすくて、職場の飲み会とかでも問題飲酒者がいると周りの態度が冷たくなりますよね。でも本人はブラックアウトしていて、記憶がないわけだから気づかない。翌日周囲の反応が更に冷たくなり、メールラインの返信もこない。こうやって人が離れていくんですね。どんどん孤立していきます。

 回復とは、孤立した状態から関係性を再構築することです。小児科医でご自身は脳性麻痺の当事者である熊谷晋一郎先生は「自立とは依存先を増やすこと、希望とは絶望を分かち合うこと」と仰っていますけど、これが依存症からの回復のキーワードだと思います。

 専門病院やクリニック、自助グループもそうだし、社会の中に依存先を増やすこと、いろいろなつながりを取り戻していくことが回復のポイントです。

「ソーシャルワーカー」がいなくなった

Alcoholism

――日本社会におけるソーシャルワーカーや依存症を取り巻く今後の課題というとどんなところでしょうか。

斉藤:国家資格を習得して働いている人は増えていますよ。ただ、有資格者が増えただけで「ソーシャルワーカー」がいなくなりましたね。どういう意味かは現場で働いている人たちにも考えてもらいたいです。私自身も自問自答しています。

 アメリカだとソーシャルワーカーは弁護士や医者と同じ、またはそれ以上の社会的地位が認められています。一方、日本だと認知度も社会的地位もまだまだ低いのが現状です。

 依存症に関しては、芸能人の薬物乱用をはじめ深刻な社会問題として取り上げられるようになりましたね。依存症は習慣の病であり、ライフサイクル病でありストレスへの対処行動という側面があります。仕事上がりにみんなでお酒を飲むという習慣がいい例ですね。

 アルコールの場合は、飲み続けると耐性ができて量が増えていきます。世の中にお酒を飲む人は多いし、そういった意味では誰もが依存症になりうる可能性はあります。非常に身近な問題なので多くの人に知って欲しいところです。

<取材・文/石井通之>

斉藤章佳
1979年生まれ。精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長。アルコール依存症を中心に薬物・ギャンブル性犯罪・クレプトマニアなどさまざまなアディクション問題に携わる。専門は加害者臨床。著書に『男が痴漢になる理由』『万引き依存症』(イースト・プレス)など

【石井通之】

元エロ本編集者。高校卒業後、クリエイティブな分野に憧れて美術大学を目指すも、センスと根気のなさゆえに挫折。大学卒業後、就職した風俗雑誌の編集部でキャリアをスタートさせる。イベントレポートとインタビューが得意(似顔絵イラスト/koya)

精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さん