起死回生の感動を伝える歌詞

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

あのペリーも従軍した米英戦争

浦賀沖に黒船が来航したのは1853年。アメリカ国歌ができたのは、その40年近く前のことです。当時のアメリカは、イギリスとの戦争中でした。

ヨーロッパは、ナポレオン戦争の真っ最中。アメリカは一応、中立していたもののナポレオン寄り。またイギリスは、インディアンに好意的だったとも言われています。さらにカナダイギリスから取り戻すチャンスという意向も加わり、突入した戦争でした。この戦争には、黒船で来航したあのペリー長官も、若き日に従軍していたそうです。

星条旗
まだ明けやらぬ薄明かりのなか、
我らの旗は、しっかりとひるがえっているよ
黄昏どきにも、誇り高く輝いていたし、
決死の戦闘の最中にも、幅の広い縞と明るい星は
堂々とひるがえっていたよ(1番前半)

25時間砲弾を浴びたあと、目にした星条旗

米英戦争は当初、善戦したものの、ナポレオンが不利になるとともにアメリカも劣勢の様相が濃くなっていきました。東海岸の制海権を奪われ、ワシントンD.C.陥落、イギリス陸軍・海軍にカナダ軍も参戦して攻撃され続けるという最大のピンチに見舞われました。

目前に敵が迫ったボルティモア港のマクヘンリー砦では、19隻の大艦隊が襲い掛かろうとするなか、1000名のアメリカ兵士が守りについていました。

1814年9月13日、早朝に始まった戦闘でアメリカ軍1500もの砲弾を浴びせられ、25時間続きました。作詞者の弁護士フランシススコット・キーは戦いの一部始終に身を置き、翌14日早朝、砲撃がやんだとき、星条旗がひるがえっているのを目にしました。その感動を歌ったのが「星条旗」とされています。

「星条旗」の前の3つの国歌

赤色の眩しいのろしの炎と
そこらじゅうで炸裂する爆弾が
我らの旗がそこにあることを夜通し教えてくれた
星条旗はまだひるがえっているか
自由の地と勇気ある者の上に

一番の後半歌詞からは、すさまじい戦闘の様子が彷彿としてきます。

星条旗」が正式にアメリカ国歌になるのは1931年ですが、その以前にも事実上の国歌といえる2つの楽曲がありました。初代国歌ともいえるのは、1798年作詞の「コロンビア万歳」です。大統領就任式をはじめ様々な公式の場で演奏されていました。

二代目は、イギリス国歌・女王陛下万歳と同じメロディの「マイカントリー」です。「星条旗」が正式に国歌になる前は、むしろ、こちらのほうが国歌としての役割を果たしていたようです。

コロンビアという一つの地域に注視した初代国歌が正式国歌にならなかった理由は想像できなくもありません。

二代目国歌は、自由や自然を歌詞にしており、選ばれなかった理由は不明です。曲がかつての敵国イギリス国歌と同じだったからかもしれません。しかし、「星条旗」のメロディイギリス酔っぱらいの歌に基づいているとも言われています。

さらにペリーの黒船来航時に演奏されていた「ヤンキー・ドゥードゥル」も事実上の国歌と言えます。あの「アルプス一万尺」の原曲です。

「星条旗よ永遠なれ」との混同に、ご注意を!

ところで、たまにアメリカ国歌を「星条旗よ永遠なれ」だと勘違いしている人を見かけます。この2つは全く別の曲で、「永遠なれ」は行進曲。とはいえ、法的にも正式に認められています。どちらも「旗」なのは、偶然でしょうか。

参考『国のうた』弓狩 匡純、『世界の国歌』国歌研究会、世界の国家・行進曲world-anthem.com