舞台『氷艶hyoen2019 -月光かりの如く-』が、7月26日(金)から28日(日)まで、神奈川横浜アリーナで開催される。2017年に開催され好評を得た前作『氷艶hyoen2017 -破沙羅-』の第2弾で、『源氏物語』をモチーフにした物語を、フィギュアスケート、舞台、音楽が融合したステージで魅せるというもの。開催に向けた記者発表が2月25日日本テレビで行われ、演出の宮本亜門、主演の髙橋大輔、出演者の荒川静香、福士誠治、柚希礼音が登壇して開催に向けての意気込みを語った。

【チケット情報はこちら】

フィギュアスケートの演出、アリーナ会場での演出は初めてで、「日本文化を世界に発信したい。ジャンルを超えた出演者が化学反応を起こし“こんなショーあった?”と思ってものらえるものになる。演出家としての醍醐味を感じる」と、興奮気味に語る宮本。

高橋大輔は、主人公の光源氏を演じる。「光源氏はイケメンプレイボーイイメージ。僕では顔が濃すぎるんじゃないかと思うけど(笑)、そこは演技でカバーしたい。『源氏物語』という最古の日本文化を西洋のスポーツであるフィギュアスケートで表現することに意義を感じる」と意気込んだ。

同様に2度目の出演となる荒川静香は「演技はダメ、歌もダメ、滑るのは口とスケートだけ」と笑いを交えながら、弘徽殿女御を演じることについて「子どもが0歳なので、これから経験するであろう母親の気持ちを、先に経験できるのは非常に楽しみ」と、自身が子どもを持つ母であることと重ねた。

スケートを滑りながら演技をすることになる元タカラジェンヌ柚希礼音は、「スケートを滑るのは中学生くらい以来。先日試しに滑ったら、あまりに滑れなくて驚いた」。同様に福士誠治も「転んだときの痛さを知ってしまっているから、どう怖さを克服するか」と及び腰だが、「こんなに素晴らしいみなさんとの共演に喜びがある」(柚希)、「未知数なことが多いが、アリーナで演じるのは役者人生でもないこと」(福士)と、出演に意欲を見せた。

他にステファン・ラビエル、鈴木明子などの世界的プロスケーターをはじめ、俳優の西岡德馬や、歌手の平原綾香といった各界を代表する豪華なメンバーが出演。音楽をB’z松本孝弘が担当するほか、ヘアメイクVOGUE JAPANが担当。プロジェクションマッピングも駆使した、前代未聞のステージに期待が高まる。

チケットの一般発売は、4月6日(土)昼12時より。

取材・文:榑林 史章

(画像左から)柚希礼音、荒川静香、宮本亜門、高橋大輔、福士誠治 撮影:吉田孝幸