国民的アニメドラえもん」の世界観を浮世絵で表現した作品はこれまでにもいろいろと紹介してきましたが、今回はちょっと趣向の変わった、ドラえもんを月に見立てた「映画ドラえもん のび太の月面探査記」浮世絵木版画です。

その作品がこちら。

ドラちゃん(笑) 可愛い

この作品は、3月1日(金)に全国上映される「映画ドラえもん のび太の月面探査記」を記念して制作された特別限定デザイン浮世絵木版画。

種類は上の黄色バージョンと、お馴染みのドラえもんの青いカラーリングでの青バージョンが用意されています。

通常の浮世絵は基本的な判型のサイズのもとで作品が作られますが、今回の浮世絵作品は横:約348mm × 縦:約95mmという珍しいサイズで、月の満ちかけをドラえもんで再現しています。

この作品に携わった職人さんは、彫師、摺師ともに伝統的な江戸木版画技術を継承する木版画で、和紙には最高級の越前生漉奉書が使用されています。

これまでとは違ったドラえもん浮世絵ファンにとっては気にならずにはいられない逸品ですね。「映画ドラえもん のび太の月面探査記浮世絵木版画は2月22日(金)から予約がスタートしています。各限定250部の限定商品。

 

COLLAB JAPAN

関連画像