映画『麻雀放浪記2020』の新たな場面写真が公開。出演者のピエール瀧音尾琢真ビジュアル明らかになった。

4月5日から公開される『麻雀放浪記2020』は、戦後復興期のドヤ街を舞台に、賭博麻雀を題材にした阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』が原案。東京オリンピックが中止になり、失業者と老人が溢れる2020年を舞台に、1945年からやってきた主人公・坊や哲らの麻雀での死闘を描く。坊や哲役を斎藤工、監督を白石和彌が務めた。

ピエール瀧音尾琢真が白石監督の作品で共演するのは、『日本で一番悪い奴ら』『サニー/32』『孤狼の血』に続いて4作目。ピエール瀧は坊や哲の運命を揺り動かす元五輪組織委員会長の杜役を演じる。音尾琢真AbemaTVの麻雀番組のプロデューサー役にキャスティングテレビ全自動麻雀卓が無い時代からやってきた坊や哲に立ちはだかり、「脱ぎ脱ぎ女子麻雀番組」を仕掛けるという役どころだ。

あわせて、ベッキー演じるAI搭載アンドロイド・ユキの隣で「スカウター」を装着し、椅子に腰かける杜の姿や、竹中直人演じる芸能プロダクションの社長・クソ丸らと共に前を見つめるプロデューサーの様子などを写した場面写真が公開も公開された。

撮影を振り返ったピエール瀧は「白石さんの演出は『この人ふざけているのか?』思わされる事が多いのですが、今回は確実にふざけてました」、音尾は「監督からシマウマの鳴き声を出してください、などと無茶振りをされましたが、粛々と応えてまいりました」とコメント。また白石監督は「大真面目に奇想天外なコメディを作るに当たり、瀧さんと音尾さんは必要不可欠な方々でした。真摯にくだらないことをしてくれて愛を感じました」と語っている。

ピエール瀧コメント
白石監督の作品にまた出演できて嬉しく思います。
白石さんの演出は「この人ふざけているのか?」と思わされる事が多いのですが、今回は確実にふざけてました。
本編のできが楽しみです。

音尾琢真コメント
白石和彌監督に、今回も出演を熱望したところ、麻雀番組のプロデューサーという栄えある役を頂きました。白石作品への出演は前人未踏の6作品目。いつも感謝しています、ありがとうございます。この場を借りて(笑)
そのせいか、監督からシマウマの鳴き声を出してください、などと無茶振りをされましたが、粛々と応えてまいりました
斎藤工さん、ももさん、竹中直人さんらが積み上げる素晴らしい世界に入れて、感無量です。是非ご覧ください。

■白石和彌監督のコメント
大真面目に奇想天外なコメディを作るに当たり、瀧さんと音尾さんは必要不可欠な方々でした。真摯にくだらないことをしてくれて愛を感じました。いつも出て頂いてありがとうございます

『麻雀放浪記2020』 ©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会