企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ チームワーク総研は、「仕事の引き継ぎ」に関する意識調査として、ビジネスパーソン400人に関する調査を行いました。
[調査概要]
◆調査対象:24-35歳のビジネスパーソン男女 計400名
◆調査期間:2019年2月9日(土)~11日(月)
◆調査方法:インターネット調査

チームワーク総研サイト 掲載ページ
https://teamwork.cybozu.co.jp/blog/inheriting.html

■引き継ぎの期間は、「1週間以内」が約6割
今の会社で引き継ぎを受けたことがあるかどうかを聞く質問では、「ある」と答えた方が約8割いました。【図1】。

図1
引き継ぎの日数は「一週間以内」「3日以内」と続き、比較的短期間との回答となりました。【図2】。
図2
「引継ぎがスムーズだったか」を尋ねた質問では、7割近くの人が「スムーズだった」と回答し、「スムーズではなかった」とした人は3割強となりました。【図3】
図3
その理由をそれぞれ見ると、「スムーズだった」回答者は「引き継ぎする人がスムーズに引き継いでくれた」や「十分な時間があった」とする一方、「スムーズではなかった」回答者は「十分な時間がなかった」「急で心の準備がなかった」ことを上げています。【図4】【図5】。
図4
図5
どちらも「引き継ぎ時間」が上位ですが、実際には、日数に大きな差はみられず、むしろ「スムーズだった」人の方が「1日以内」が多い結果でした【図6】。
図6
チームの役割分担が明確だと、引き継ぎが「スムーズ
引き継ぎ日数以外の要因を見ていきます。「引き継ぎがスムーズだった」人は、「スムーズではなかった」人に比べ、「職場の風通しよく円満」、「部署やチームの目標が明確」「一人ひとりの役割分担が明確」といった傾向が高くなりました【図7】【図8】。
図7
図8
■「引き継ぎがスムーズだった」人の約8割が「今の職場で働き続けたい」
また、今の職場で働き続けたいかどうかを聞いたところ、「スムーズだった」人は「スムーズではなかった」人に比べ、今の職場で働き続けたい気持ちが強いことがわかりました【図9】。
図9
引き継ぎの際にどんなツールを使ったかを尋ねた質問では、「印刷された紙文書」「口頭」「エクセル」が上位となりました。2013年と比べると全体的に縮小傾向にある中「メール」「紙文書」「ワード」が10%以上減少しています【図10】。
図10
■まとめ
今回の調査では、ビジネスパーソンの引き継ぎの状況を調べました。直近の引き継ぎが「スムーズだった」人は「スムーズではなかった」人に比べ、「今の職場で働き続けたい」意識や、職場自体の人間関係が良好であること、また「部署やチームの目標」や「個人の役割」が明確であることが見えてきました。

年度末、実際に引き継ぎを予定されている方も多い時期かと思いますが、一歩引いて見てみると、日ごろの職場の環境に目を向けられる機会になるかもしれません。

サイボウズ チームワーク総研では、多様な個性を活かしたチームをつくるための研修プログラムを多数用意しています。チームワーク総研では、チームチームワークを考える調査の一環として、様々な調査を引き続き行い発信してまいります。

■サイボウズ チームワーク総研 https://teamwork.cybozu.co.jp/

■調査内容についてのお問い合わせ先
サイボウズ株式会社 チームワーク総研:なかむら、みやけ
TEL: 03-4306-0817(直通) MAIL: teamwork@cybozu.co.jp

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.htmlをご参照ください。

サイボウズからのプレスリリースについて、配信停止をご希望の方はお手数をおかけいたしますが、以下のフォームよりお申込みください。https://info.cybozu.co.jp/corp/prmail/delete/

配信元企業:サイボウズ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ