エス・アンド・アイ(S&I、藤田和夫社長)は、IBM Watsonを活用した会議支援サービス「AI Minutes for Enterprise(AI Minutes)」用のiPhoneアプリ「AI Conference」の提供を2月26日に開始した。

オリジナルで読む



 AI Minutesは、「Watson Speech to Text」を用いて会議内容をリアルタイムテキスト化し、議事録の作成、内容共有の精度と生産性向上をサポートする。また、テキストを別の言語に翻訳する「Watson Language Translator」を搭載しており、英語、北京語スペイン語などを含む多言語での会議でも相手の発言が参加者それぞれの設定言語でリアルタイムテキスト表示されるため、ボーダレスなコミュニケーションを実現する。

 今回提供するAI Conferenceは、AI Minutesで作成された「会議」への参加や会話内容のテキスト表示・閲覧を、iPhoneからリアルタイムに利用できるアプリケーション。任意の会議を選択し参加、利用を開始すると、やり取りを発話者ごとのチャット形式で表示する。また、会議への参加が遅れた場合なども、テキスト化されたそれまでの会話をスクロールで戻って確認、把握できるため、スムーズに会議に参加することが可能。さらに、テキスト入力モードで会議に参加することもできるため、音声での会話が困難な状況や周囲の雑音が大きい場所でも便利に使うことができる。

 また、テキスト化された内容を「吹き出し」単位もしくは「会議」単位でコピーすることができ、メールメモ帳アプリを使って簡単に編集可能。テキスト化された情報の2次利用により、モバイル環境での効率的な働き方を実現する。

 S&Iでは、AI MinutesとAI Conferenceの提供を通じて、音声認識分野のモバイル環境でのAI活用によって、居場所や言語に依存しないコミュニケーションを実現し、企業の働き方改革促進を支援していく考え。

画面イメージ