写真上はキャンドゥ、下はダイソー(編集部撮影)

ダイソーの「FLUENTLYイラストマーカー」と、セリアの「イラストレーションアルコールマーカー」。いずれもリーズナブルなのに使い勝手も良いということで、SNSで話題となっていました。

そしてついに、キャンドゥでも「アルコールインクマーカー」が発売されました! これまでの100均マーカーとどう違うのか...編集部ではさっそく、試してみました。

ダイソー・セリアはペン先が2種類

本来ならば3社すべて購入...といきたいところでしたが、セリアのマーカーはなんと在庫切れ(2019年2月23日時点)。今後の入荷予定もわからないとのことだったので、ダイソーキャンドゥのみ購入し、セリアツイッターユーザーの声を元に検証してみました。

写真左から、セリアダイソーキャンドゥSeira@BZA2T0pvEWzXsEKさん提供)

まず、明らかに異なるのが「見た目」。ダイソーは太ペンと細ペンがあるためか太くキャンドゥは細く短めです。セリアダイソーと同じくらいの太さ・長さで、太ペンと細ペンがあります。

次に、ダイソーセリアには両キャップカラーの名称が書いてありますが、キャンドゥはマーカーのどの部分にも書いてありません。キャップの色で何色かはわかりますが、名称を判明させたい場合はシールを貼るなど工夫が必要です。

写真左がキャンドゥ、右がダイソー(編集部撮影)

セリアSeira@BZA2T0pvEWzXsEKさん提供)

色の種類、使い勝手にも違いが

続いて「色の種類」と「書き心地・使い心地」をみていきます。

ダイソー

カラー20色グレー系が多い印象です。2色入り100円で、全種そろえると1000円です。

いざ書こうとすると、まずキャップが固いです。全部ではありませんが、カラーによってはかなりの力(20代女性が席を立って本気を出すレベル)を要するものありました。

ペン先は太・細ともに固めです。カラーによって滲みやすさに差があり、裏うつりするものもあるので要注意です。

ペールオレンジレッドオレンジイエローライトグリーングリーンウォータブルーウルトラマリンライトパープルピンクイエローオーカー/ダークブラウンライトクールグレーライトウォームグレーミディアムクールグレーミディアムウォームグレーダーククールグレーダークウォームグレーブラッククリアブレンダー

写真左がダイソー、右がキャンドゥ(編集部撮影)

キャンドゥ

カラー20色、発色が良いです。2色入り100円で、全種そろえると1000円です。

ペン先は筆のようになめらかです。こちらもカラーによって滲みやすさに差があり、裏うつりするものもあります。

ブラッククリアブレンダー/ペールオレンジシルバーグレー/ブリリアントイエローグレーローズウッド/ペールピンクブルーグレーコーラルピンク/スティールブルーローズピンクカーマイン/ブルーレッド/サルビアブルー/ブラウンオリーブグリーン/ターコイズ/イエロー

写真左から、セリアダイソーキャンドゥSeira@BZA2T0pvEWzXsEKさん提供)

セリア

カラー14色パステル系が多い印象です。2色入り100円で、全種そろえると700円です。

ペン先は太ペンが固めダイソーに近い)、細ペンが筆のようになっています。ダイソーセリアの太ペンは、ペン先の角をうまく使えば数パターンの太さを描けます。

カラーレスブレンダー/ダークグレイローズピンクベビーピンクピーチベージュ/ペールオレンジ/アンバー/イエローアップルグリーンシアンスカイブルー/ラベンダー/ワームグレークールグレー

Seira@BZA2T0pvEWzXsEKさん提供)

いかがでしたでしょうか。
2色入りで100円なのでいろんなカラーを試せますよね。どのマーカーを買おうか迷っている方は、参考にしてみてくださいね

※価格はすべて税別。

写真上はキャンドゥ、下はダイソー(編集部撮影)