あの日本高野連が世論に折れてしまった-。

 球界関係者が騒然としたのは2月20日のことでした。スポーツ界の枠組みを超え、広く世間の関心を集めた「高知商ダンス問題」に関して、日本高野連は野球部長の処分を「不措置」としたのです。

 そもそも、「高知商ダンス問題」とはなんだったのでしょうか。

・合わせて読みたい→
高野連こそ教育に良くない?? 野球部員の友情出演が商業目的だと処罰された悲しい話(https://cocokara-next.com/stress/friendship-starring-commercial-purposes/)


 話は昨年12月にさかのぼります。同校のダンス同好会が校外の施設を借りて、発表会を行うことになりました。ホール代のレンタル費用など諸経費もかかるため、高校生らしく最小限の入場料500円を取ることになりました。

 ダンス同好会は昨夏の甲子園大会で野球部を必死に応援してくれました。今度は俺たちが恩返しする番だ。すでに野球部を引退した3年生部員は、発表会に花を添えようと友情出演を決めます。ユニホームを着て、盛り上げた。ほっこりする、青春のいい話です。地元メディアが好意的に取り上げると、読者からの反響も上々だったといいます。

 めでたしめでたし

 フツーの感覚だと、そんなところでしょう。

 だが、そうはいかなかった。高野連はこれを問題視します。500円の入場料を徴収するイベントに参加したのは、学生野球憲章で禁じられている「商業的利用に当たる」と判断。ダンス同好会の顧問も務めていた野球部長は謹慎処分が相当であると、日本学生野球協会審査室に上申したのです。

 高野連が取った非常識の行動は世間の反発を大きく招きます。

500円なんて施設のレンタル代で消えるだろう。商業的利用って、高野連は野球部員が私腹を肥やしているとでも言いたいのか」

「憲章に抵触すると言っても、穏便に注意すればいいだけの話。『謹慎処分』とか何様のつもりか」

「そもそも甲子園大会でボロ儲けしてんのは高野連ではないのか。整合性がとれない」

 そして大物たちの「参戦」によって、無謬性の権化ともいえる高野連は、軌道修正を余儀なくされます。元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏、スポーツ庁の鈴木大地長官の二人です。

 川淵氏は「500円取ったぐらいで、制裁する権利があるのか」と激怒。鈴木長官も「個人的にはもう少し寛容になってもいい」と語り、高野連の対応に疑問を投げかけました。

 それにしてもなぜ、高野連はこれらの声に屈してしまったのでしょうか。関係者は「3月の選抜大会から入場料が値上げされるということも、背景の一つにあるのでは」と推察します。

 中央特別自由席500増の2500円となり、一、三塁特別自由席は大人が500円増の2000円になるなど、かなりのアップ率になります。ここで「断固処分する」という対応をしてしまうと、「商業的に利用しているのは高野連ではないのか」との声が高まることは確実でしょうから。

 しかし、「一昔前の高野連ならテコでも動かなかった案件」(関係者)との声も聞こえます。「高野連の常識は世間の非常識」であることが可視化され、広く議論されることを招いてしまった今回の案件。高野連にとっては「SNS対策」も今後の大きなテーマと言えるかもしれません。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

高知商ダンス問題はまさかの「不措置」に 高野連が世間の常識に敗北するまで