2月28日(木)に、タカアンドトシがMCを務める「世界の年収400マン 年収400万円で手に入る!世界の豪邸SP」(夜7:00-8:54、日本テレビ系)が放送。日本のサラリーマンの平均年収とされる400万円で、海外に移住するとどんな暮らしができるのかを調査するシリーズの第5弾だ。

【写真を見る】トシの見事なツッコミの瞬間

今回、3児の父親・杉村太蔵が、女性と子どもに優しい国だというスウェーデンを現地調査。消費税は25%、所得税率も世界最高レベルの高さの国で暮らす日本人女性を取材し、「世界一女性に優しい」と言われる理由を探る。

また、人気の移住先・マレーシアを、雛形あきこ天野浩成夫妻が訪問。2人は国際結婚をした日本人マレーシア人の夫婦の自宅を訪ね、滝のある庭、マッサージルーム、スパルームなど、部屋の数が多過ぎて「情報量多い」と天野が混乱するほどの豪邸を紹介する。

さらに、世界中から移住者が集まる国・コスタリカや、“第2のドバイ”と呼ばれる石油の国・アゼルバイジャンなどが登場。年収400万円でできる、さまざまな暮らしぶりが明らかになる。収録を終え、MCを務めるタカアンドトシインタビューに応じた。

■ 「欧米か!」とツッコんでいたけれど…タカアンドトシインタビュー

――今回もさまざまな国が登場しましたが、収録を終えた感想をお願いします。

トシ:今回もビックリの連続でした。すごくいいなと思う反面、もうちょっと日本もなんとかならないかなという嘆きの気持ちも出てきたり。海外、いつか行けたらいいですね。

タカ:第5弾にもなるのに、まだまだあるんだなと驚きました。見ているうちに、どんどんへこむというか。なんで日本人で生まれたんだろうと…

トシ:なんでだよ!

タカ:今度は逆に、年収400万ではどうにもならない物価の国などを見せてほしいですね。

トシ:いやいや、そんなの見せられてもよ!(笑)

――雛形あきこさん、天野浩成さん、杉村太蔵さんのロケVTRをご覧になっていかがでしたか?

タカ:雛形さんの相方さんですか?

トシ:旦那さんね!

タカ:最近よく出ていらっしゃいますよね。いいコンビネーションで、勢いがあって、(急成長中の)アゼルバイジャンかなと思いましたけどね。杉村太蔵さんも、芸人でもやりたがらないようなボケを、恥ずかしがらずにやってくれたところも助かったな、と思いました。

トシ:誰目線だよ!

――今回登場した国の中で、印象的だった国はどこでしょうか?

タカ:日本にすぐ帰れるということを考えると、日本から近いところがいいですよね。マレーシアとかかなぁ。

トシ:コスタリカはノーマークでした。暖かくて環境もいいし、行ってみたいですね。でも教育の面を考えると、スウェーデンが天国ですね! 大学までの学費が全部タダって。子ども3人の教育費を計算するととんでもない額なんですが、その心配が全くないのがいいなぁ、と思いました。

――これまで「欧米か!」とおっしゃってきましたが…。

トシ:「欧米か!」が、「欧米ですけど、何か?」っていう気持ちですね(笑)

タカ:こいつが一番欧米じゃん、っていうことですよ。僕は欧米っぽいことやって怒られる方だったので、「お前日本人だろ!」と言ってた侍のような男が今やもう…。

トシ:いや、欧米はいいですよ。

タカ:あのときは頭が固かったのか!(笑) 欧米の良さを知らなかったから!

トシ:知ったら欧米はいいよ~。捨てたもんじゃないですよ。怒ることじゃなかった(笑)

――最後に、番組の見どころをお願いします。

タカ:見どころは、ギャル曽根がVTRが流れるたびに食材の安さについてコメントしていて、その主婦目線のキャラをやり遂げたところですね。

トシ:ピンポイントすぎるだろ!

タカ:あ~、ちゃんと仕事してるなって。「ホウレンソウが11円!」とか。

トシ:そういう目で見るなー! 恥ずかしいだろ、ギャル曽根が!

――トシさんお願いします。

トシ:さまざまな国のいいところがたくさん出てきますので、これを機に移住を考える方も増えるんじゃないでしょうか。日本にあまりなじみのない国も出てきますので、注目してほしいです。

400万円でこんなに世界が違うんだということが分かります。ぜひ、ご家族そろって見ていただきたいです。(ザテレビジョン

タカアンドトシがMCの「世界の年収400マン―」第5弾が2月28日(木)に放送