友達に電話をしたとき「ちょっと待ってて、折り返し電話するから」と言われ、5分たっても10分たってもかかってこなかったら、イライラしませんか?相手と自分の感覚に違いがあるのですね。

【しつけ】もう「片づけなさい」は要らない!部屋のゴチャゴチャは「貼り紙」で即解決

あなたは子どもにも「ちょっと待ってて」と曖昧な言葉をかけていませんか?

『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の立石美津子が、“子どもにわかりやすい伝え方”についてお話しします。

「ちょっと待ってて!折り返し電話するから」

でも、それこそ、ちょっと待ってください。

「あと、5分以内には折り返し電話するから」とか、「3時までには必ず連絡するから」の方が具体的でわかりやすくありませんか?

実は「ちょっと待ってて」の「ちょっと」は人により時間の感覚が違います。これがトラブルの元になります。

これは親子とて同様です。

  • 「ちゃんとしなさい」
  • 「ちょっと待ってて」
  • 「早くしなさい」

年がら年中、こんな言葉をかけていませんか?それなのに、ちっとも、子どもが親の思う通りに行動してくれないのはどうしてでしょう。

それは、子どもに“具体的にどう行動すればいいのか”が、全く伝わっていないからなんですよ。

大人編 曖昧な伝え方あれこれ

上司の指示

上司が「朝一で資料を出しなさい」と部下に命じました。

部下は翌日9時30分にメールに資料を添付して送りました。でも、上司は「遅いじゃないか。なんで9時に持ってこないんだ」、更に「なぜ紙に印刷をしてこないんだ」と叱りました。

これは発信側と受け止める側の感覚が違うのですね。上司の指示の出し方が曖昧だったのですね。

待ち合わせ時刻

17時をめどに渋谷のハチ公前に集合」と、飲み会の招集がかけられました。

でも、待ち合わせをするときは色んなタイプに分かれます。

  • 10分、15分前など早めに来る人
  • 遅れてくる人
  • 時間通りキッチリ来る人

待ち合わせ時刻に5分でも遅れるとき、電車内から「今、○○駅にいます。なので5分遅れます」と律儀に連絡を入れる人もいます。

でも、「頃」とか「めど」が人による感覚の差を生んでしまうのですね。

待ち合わせ時刻は17時とか18時とかではなく、「17時05分」「18時08分」など細かい設定にすると、よりみんな時刻を守るようになると言われています。これも、より明確になるので、心理的に「その時刻に行かなければ!」と思うのかもしれませんね。

「それ取って」

人は歳を重ねると指示語が多くなるように思います。「それ、あれ、これ」を頻繁に使います。

母と食事中、「それ、とって」と言われたので私は醤油を渡しました。すると「なんで醤油なの、七味が欲しいのよ」と叱られました。だったら「『七味取って』」と言ってよね」と思いました。

料理教室

「塩少々」と言われても料理デビューしたての人はわからないので、「人差し指と親指でつまめる量」とか、「小さじ半分」と言われた方がよくわかります

病院や銀行の順番待ち

銀行の順番待ちや、病院の待ち時間も最近は「只今36番の方、受付中」とか「只今30分待ち、○○の方、診察中」と表示しているところも多くなりましたね。待つ人も「一体いつまで待たされるんだ」とイライラすることもなくなります。

伝わらないしつけの言い換えマニュアル

子どものしつけ編 曖昧な伝え方あれこれ

小学校授業参観に行きました。担任の先生が子ども達に紙テープを配り「ちょうどいい長さに切ってください」と指示していました。

すると3cmくらいに切っていた男子がいました。先生から「それじゃあ短すぎる!」と叱られていました。「先生の指示は曖昧だなあ…5cmとか10cmとか具体的に言えばいいのに」と思いました。

同様のことは親子間でも起こります。子どもに対して「何度注意しても、ちっとも子どもが言うことを聞いてくれない」と嘆いている人は、子どもにあなたがしてほしいことが正確に伝わっていないのかもしれません。

次のように言い換えましょう。

  • ちゃんとしなさい、しっかりしなさい
    →背中を伸ばして座ろうね
  • 早くしなさい
    →8時までにはご飯を食べ終えよう。100数える間に片づけよう(そう言って100、99、98、97…とカウントダウンする)。砂時計が落ちるまでの間に片づけようね。(時計が読めない子どもの場合)
  • 遅刻したらダメ
    →8時05分までには幼稚園の玄関に到着したいから、今すぐ出よう。
  • 順番を守りなさい
    ブランコ太郎君、花子ちゃんの次だよ。3番目だよ。
  • 真面目にしなさい
    →隣の友達とお喋りしたり、笑ったりしたらダメよ。
  • 素直になりなさい
    →自分がいけないことをしたと思ったら「ごめんなさい」と謝ろう。
  • 優しい心、思いやりの気持ちを持ちなさい
    →友達の顔や身体の特徴をネタにしてからかってはいけないよ。チビ、デブと言っては相手がとても嫌な気分になるから口に出してはいけないよ。
  • もう少したくさん食べて
    →このブロッコリーをあと1つは食べようね。
  • 人に迷惑をかけてはいけないよ
    →病院は具合が悪い人がくるところだから、騒いだらいけないんだよ。椅子にお尻を付けて座っていようね。それから声は出さないでね。
  • 靴をきちんと揃えなさい
    →靴をこの足型の上に置いてね。
  • 整理整頓!きちんと片づけて!
    →積木は積木の入れ物に。電車は電車の入れもの、絵本は本棚に戻そうね。(過去記事「【しつけ】もう「片づけなさい」は要らない!部屋のゴチャゴチャは「貼り紙」で即解決」)

こんな風に明確に言ってやったほうが断然、わかりやすいです。

まだ、生まれて数年しか経っていない子どもです。言葉から察するには難しいことがたくさんあります。子どもには行動しやすいように、具体的にどうすればよいのかを伝えるように意識しましょう。