1990年代に社会現象を巻き起こした大人気青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(以下『ビバヒル』)。以前、オリジナルキャストでのリバイバル版製作が企画されていると噂されていたが、ついにそれが実現することが決定した。米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じている。

【関連記事】伝説の青春ドラマ、元祖「ビバヒル」キャストたちは今何してる!?

全6話構成のこのリバイバル版は、オリジナル版と同じ米FOXが製作を手がけ、タイトルも同じ『90210(原題)』と付けられており、今年の夏に放送予定。

現在公表されている出演者は、ジェイソンプリーストリー(ブランドン・ウォルシュ役)、ジェニー・ガース(ケリー・テイラー役)、アイアン・ジーリングスティーブサンダース役)、ブライアンオースティングリーンデビッドシルバー役)、トーリ・スペリング(ドナ・マーティン役)、ガブリエル・カーテリス(アンドレア・ザッカーマン役)の6人だ。

ブレンダ・ウォルシュ役のシャナン・ドハティと、ディラン・マッケイ役のルークペリーの名前はまだ発表されていないが、トーリは「ルークゲスト出演してくれると信じている」と述べていた。ルークは現在、米CWの人気青春サスペンス『リバーデイル』に出演中のため、スケジュールを調整する必要があるようだ。

2017年12月プロデューサーたちとトーリらが、お茶をしている姿が目撃されたことをきっかけにリバイバル版の噂が浮上。ジェニートーリが、リバイバル版について話し合いを進めていることを認めていた。そしてトーリは「私たちみんな、また一緒にドラマを作れることをとてもワクワクしているわ。家族が集まるときのような感じなの」とコメントもしており、製作に前向きなことを示唆していた。

今回のリバイバル版は、オリジナル版と『新ビバリーヒルズ青春白書』も手がけているクリス・アルベルギー二とマイクチェスラーがプロデューサーを務め、出演がすでに決定している6名のキャスト全員も、製作総指揮に名を連ねる。

FOXエンターテイメント社長のマイク・ソーンは、今回の発表を受けて以下のような声明を発表した。「同作は、全世代に多大な影響を与えたドラマです。他のどんな作品にもない斬新なストーリーと語り継がれるキャラクターたち、そんなパワフルな伝説の作品は、弊社のDNAの真髄なのです。そして皆さんが愛してやまないオリジナルキャストを再び集合させられたことを誇りに思います」

リバイバル版の気になる内容だが、趣向を凝らしたもののようだ。ジェイソンブランドンジェニーがケリーなど同役を演じないという。その代わりに、19年の時を経て成長したジェイソンジェニーら彼らが、自分たちのリアルな人生と人間関係にインスパイアされたストーリーになるという。

全世界で旋風を巻き起こした同作が終了してから19年。形は多少違えど、本作を待ちきれないファンは多いだろう。リバイバル版の夏の放送までの間に、オリジナル版を振り返ってみては。作品レビューや見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースチェック!(海外ドラマNAVI

Photo:『ビバリーヒルズ高校白書』
(C)90-91 CBS Paramount International Television