英国発のフレッシュハンドメイドコスメLUSH(ラッシュ)が2018年4月より開始した、ラッシュの商品開発最前線プロジェクト【Lush Labs(ラッシュ ラボ)】。2019年2月28日(木)より、卵などの動物性ではなく、植物由来のタンパク質を多く含み、穏やかな泡で優しく髪を洗い上げるソリッド(固形)シャンプー4種を、オンラインショップにて数量・期間限定で発売いたします。

本件に関するリリースはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d6160-20190228-9359.pdf

各商品ページ2月28日(木) オンラインサイト公開予定
https://jn.lush.com/content/hair-care

Lush Labs×Solid Shampoo全4種類
今回販売するソリッドシャンプーは、卵などの動物性ではなくアクアファバ※や豆腐などの植物由来のタンパク質を使用した、ヴィーガンの方にもご使用いただけるソリッド(固形)シャンプーです。主成分のアクアファバとその他の原材料を一緒にホイップして作られているため「固形」とはいえ、空気感のある柔らかな質感となっています。また、界面活性剤の含有量が少ない為、その分髪や頭皮に素晴らしい効果をもたらす原材料をより多く配合することが可能となりました。
選りすぐりの原材料の数々を採用した『ソリッドシャンプー』は、様々な髪質やニーズに対応できることはもちろんのこと、固形にすることでゴミとなるプラスチック包装を脱ぎ捨て、裸の状態(ネイキッド)での販売を可能とする、ラッシュの最新のイノベーションアイテムです。

アクアファバ:ゆでたひよこ豆から抽出され、タンパク質を非常に豊富に含んでいます。ヴィーガン料理で
        は卵白の代用品として使用されています。

■使用方法
濡らした髪に直接本品をなじませて洗髪し、よく洗い流してください。

【Lush Labs】とは
ラッシュの商品開発者が化粧品業界の常識を越え、柔軟な想像力でイノベーションかつクリエイティビティ溢れる商品を開発し、数量・期間限定にてオンラインショップのみで販売するプロジェクトです。お客様からいただく商品に対するフィードバックにより、その商品を全店舗で販売することもあれば、意見を反映させて、さらに進化を遂げた姿で販売されることも。ソーシャルメディアなどを通じて届いたお客様からの生の意見を元に、新たなイノベーティブ製品の開発へと繋げています。

ピンクシリカ
¥2,400 (税込)/ 100

健やかな髪でカラーリングを美しくキープ
爽快感のあるスペアミントタイムエキスが健やかに髪を整え、タンパク質が豊富なアクアファバと豆腐が強くしなやかにし、切れ毛や枝毛を防ぎます。さらに、髪を健康にして強度をより高め、櫛通りを良くするスギナ葉エキスとリンシードオイルも配合。また、コールドプレス(低温圧搾法)で抽出したラズベリーシードオイルが潤いを保つことで髪を保護し、紫外線による退色を妨げてカラーリングを保持するサポートをします。

グリーンカフェ
¥2,400 (税込)/ 100

髪と頭皮を健やかに。
抜け毛や薄毛の原因のひとつに、頭皮の環境が乱れていることがあげられます。健やかな髪を育てるには頭皮環境を健やかに整えることが大切です。コーヒーを飲みながらほっと一息つくように、植物の恵みを携えた『 グリーンカフェ 』で悠々とシャンプーを堪能しましょう。 カフェインを含んだ優しい泡でしっかり頭皮をマッサージすることで血行を促進、健やかな髪へと導きます。さらに、ヒカゲノカズラが頭皮の余分な皮脂を吸収しベタつきを抑え、ペパーミントメントールクリスタルが頭皮を清潔に保つことによって、本来の整ったヘアサイクル(毛周期)へと導きます。

ブラックスタッフ
¥2,400 (税込)/ 100

繊細な細い髪にボリューム感を与える。
スタウトビール、酢がキューティクルを補修しツヤ、コシをもたらします。さらに、髪やお肌に水分を引き寄せて質感を柔らかくするトウミツのサポートを得ながら、タンパク質豊富なアクアファバが根元から毛先まで髪を強くしなやかに、炭が頭皮を清潔に保ちます。

パープルフィックス
¥2,400 (税込)/ 100

明るい髪の色を美しくなめらかに。
カモミールとマリーゴールドが柔らかな髪に、レモン果汁が乱れたキューティクルをなめらかに整えて、美しい輝きを与えます。髪の色のくすみが気になる、ブリーチなどをしたブロンドグレイヘアの方にもおすすめです。
タンパク質を豊富に含むアクアファバを加えたエクストラバージンオリーブオイルが髪を強くしなやかにし、切れ毛や枝毛を防ぎます。さらに、髪が本来持つ油分と相性の良いオーガニックホホバオイルが潤いを浸透させます。


配信元企業:株式会社ラッシュジャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ