延期、再交渉、再度の国民投票、それとも・・・。

JBpressですべての写真や図表を見る

 ブレグジットまでおよそ1か月。「合意なき離脱」への懸念高まるなか、テリーザ・メイ首相が、26日、議会で初めて「延期」の可能性に言及した。

 まず、離脱協定案の新たな採決を3月12日までに行い、否決された場合、13日に「合意なき離脱」の是非を採決、議会が「回避」を望めば14日に「短期間に限定」した「延期」について採決、その「短期間」の期限は6月末にするというものである。

 20日には「離脱」方針を批判し、党の分裂もあらわに保守党から3人の議員が離党。

 25日には、EUのドナルド・トゥスク大統領が「延期が合理的」との考えを表明したものの、メイ首相はあくまでも予定通り離脱を目指す意思を示していた。

 様々な報道からも、社会の分断が見て取れる。

 相手が残留派か離脱派かによって距離を考えながら接していると話す市民がいる。

 移民との仕事の競合への不満や、エスタブリッシュメントへの不信を語り、離脱を強く支持する者の姿勢は変わらない。

 北アイルランドでは、離脱してアイルランド共和国との国境が「復活」すれば、北アイルランド紛争の「和平」に影響するのでは、と不安を隠せない住民の姿もある。

 1970年代から90年代にかけ、頻繁にテロ、銃撃にさらされていた北アイルランド

 ステレオタイプな説明では、紛争は「Irish vs. British」「カトリックvs.プロテスタント」の構図となるが、カトリックがよく口にする「2級市民扱い」という表現が、市民レベルでの問題を如実に物語っている。

 アイルランド島にある国境の問題「Irish Border Question」はいまや一番の焦点。

 EU単一市場が保たれるか否かを巡り、厳格な管理を有する「Hard Border」を回避し、何らかの「Backstop」を設けることが議論されている。

 日本でも、世界にまで影響を及ぼしかねない経済的リスクがたびたび論じられているが、国境「復活」が北アイルランドカトリックの孤立を招き「紛争」が再燃する、との懸念があることも忘れるわけにはいかない。

 「北アイルランド」は「アルスター(Ulster)」とも呼ばれる。

 しかし、地理的な意味での「アルスター」には、英国の「北アイルランド」とともに、国境で接するアイルランド共和国の3州(county)も含まれる。

 そこに国境線が引かれたのは、独立戦争後、英連邦下自治領(Dominion)という「半独立国」アイルランド自由国が成立する過程でのこと。

 世は二分され、内戦が勃発するが、「分断」が決まり、それから100年近く、アイルランド島は「国境」で2つに分かれているのである。

 イングランドによるアイルランド支配の歴史は12世紀に始まる。

 16世紀、宗教改革を行ったヘンリー8世がカトリックを弾圧、17世紀には「反革命勢力」掃討の名のもと、オリヴァー・クロムウェルの「遠征」でアイルランド人が大量虐殺され、土地の収奪も進んだ。

 そして、イングランドスコットランドの特権的プロテスタントが支配する構造でのカトリック差別が恒常化するのである。

 1801年併合、「グレートブリテンおよびアイルランド連合王国」という英国の一部となり、1829年、約束されながら実現が遅れていた「カトリック解放令」がようやく成立した。

 しかし、小作権や地代を巡る土地問題と自治要求は、「Irish Question」と呼ばれ、19世紀から20世紀初めにかけての英国政治の重要課題だった。

 そして、アイルランド共和国と分かれ英国に残った北アイルランドでも、プロテスタント居住地域に議員を多数割り振るなど、選挙制度や治安体制が差別を「守って」きたのである。

 プロテスタントに比べ、良い仕事が少なく、給与も安いカトリックの市民たちは、1960年代、米国での公民権運動の高まりに刺激されるように、差別撤廃への要求を強めていった。

 しかし、1972年ロンドンデリーでデモ中の市民が英軍に銃撃を受け多数死亡した「血の日曜日事件」に象徴される弾圧で対立は激化。

 英軍、王立アルスター警察隊(RUC)、カトリック系のIRA暫定派、プロテスタント系のアルスター義勇軍(UVF)など様々な組織、グループが交錯、銃撃やテロが日常の地域と化した。

 そして彼ら自身、「The Troubles」と呼ぶ、西欧先進国英国での「内戦」は、多くの犠牲者を出してしまうのである。

 1998年4月、「ベルファスト合意(「Good Friday Agreement」とも呼ばれる)」、5月には北アイルランドアイルランド共和国で国民投票が行われ圧倒的多数が支持、「包括的和平合意」はようやく成された。

 しかし、あくまでも「小康状態」にすぎず、今回、ベルファスト合意保全は同意されているとはいっても、脆弱な和平プロセスへの影響を不安視する者は少なくない。

 「北アイルランド紛争では推定3720人が命を落とした。これはその一つを背負い続ける2人の人物にインスパイアされたフィクションである」

 そんな字幕から始まる『レクイエム』(2009/日本劇場未公開)は、紛争の実写映像とともに、主人公アリスターの回想モノローグが続く。

今の私を語るには過去の私を語る必要があるだろう
14歳でタータンギャン15歳アルスター義勇軍(UVF)の一員となった

毎週のように暴動が起き 毎日のように火炎瓶が爆発 それが我が街
テレビをつければ他の町も同じ状況であることが分かった

父親が、兄弟が、友人が殺され
何かしなければならないことは分かっていた・・・

 そして、事実をベースに、1975年、UVFの一員として当時17歳アリスターが19歳のカトリックの青年を殺害した過去が描かれていく。

銃を持ち仲間と合流したアリスターは計画を語る
「初めての殺しだ」

アリスターの銃を見ながら仲間たちは言う「ジェームズ・ボンドだな」

そして向かったカトリック居住地区で覆面をしたアリスターは男を射殺

男の弟ジョーは現場を目撃していた
目を合わせる2人

アリスターは立ち去った・・・

 33年後、テレビカメラを前に2人が再会する「和解」をテーマとした番組の製作現場へと向かうジョーの姿が映し出される。ここからは完全なフィクション

車の後部座席でジョーが苦悩に満ちた表情を浮かべる

「お前が何かしていれば兄さんは殺されなかった。何で助けなかったの」

当時8歳だったジョーは母から責めたてられる記憶にその後33年間ずっと悩まされてきた

「今度は俺がいく番だ 復讐だ」
ジョーナイフを隠し持っていた

しかし「再会」直前、ジョーは会うことを拒絶し去っていく

アリスターも苦しんでいた
無期懲役刑も恩赦により12年で釈放

しかし「少年の顔が毎朝私を待っている。彼はいつも頭の中にいる」と言い「時が癒すなどたわごと。年々ひどくなる」とも語る

アリスターは自らジョーに連絡 会いに行くことを決める・・・

 中年となったアリスターを演じているのはリーアム・ニーソン。

 『シンドラーリスト』(1993)などで知られ、『マイケルコリンズ』(1996)ではアイルランド独立運動の象徴的存在マイケルコリンズを演じた名優だが、その生まれ育ちは、北アイルランド、バリーメナのカトリック家庭。

 一方、ジョー役のジェームズ・ネスビットも同じバリーメナの生まれで、ブローシェインやコールレインなど北アイルランドの地で育ったプロテスタント

 「血の日曜日事件」を描いた『ブラディ・サンデー』(2002/日本劇場未公開)で、公民権運動を推し進める実在のプロテスタント政治家アイヴァンクーパーを演じた演技派である。

 つまり、『レクイエム』では、ともに現実とは逆に、カトリックプロテスタントの立場を入れ替え、演じているのである。

 この作品には宗教の教義についての描写がない。確かに、根幹にカトリックプロテスタントの対立はあるのだが、教義を巡る争いではないのである。

 北アイルランド紛争を背景とした復讐の応酬は、米国産の派手な活劇でも見られる。

 日本では、1992年8月、劇場公開となった、トム・クランシー原作の「ジャックライアンシリーズ映画化第2弾『パトリオットゲーム』(1992)である。

CIAのアナリスト、ジャックライアンは、ロンドンでテロの現場に遭遇、ロイヤルファミリーでもある北アイルランド担当大臣ホームズを助けた

その際ライアンに撃たれた襲撃犯の1人が死んだ

男の兄でもある襲撃犯ミラーは裁判所でライアンに向かい叫ぶ

「ご自慢だろうな 他人事に首を突っ込み 弟を殺しやがって」

ミラーには父親を王立アルスター警察隊(RUC)に殺された過去があった

ホームズ襲撃はIRAが計画したものではなく内部過激派独自の行動だった

移送中逃亡したミラーは個人的復讐心からライアンを狙いその妻子を瀕死の重傷に

怒るライアンCIAに復帰・・・

 「英雄的」活躍を見せるライアンハリソン・フォードが演じヒットしたこの作品には、北アイルランド担当大臣やシン・フェイン党幹部も登場、IRAの武器コネクションとしてのリビアの描写もある。

 しかし、紛争の構図はあまり見えてこず、そこにあるのは個人的復讐の応酬。活劇としては悪くないが、製作当時も人々を苦しめていた現在進行形の紛争の扱いとしては・・・。

 『パトリオットゲーム』は、のちに『タイタニック』(1997)でもムードを盛り上げるジェームズ・ホーナーの「ケルト風」音楽が「アイルランド風味」を醸し出す。

 そして、人気グループClannad(クラナド)の「アイルランド音楽」も聴ける。

 クラナドは、アイルランド島北部、アルスターの一部となるアイルランド共和国3州の1つ、ドニゴール州の出身。

 当時すでに日本でも人気だったエンヤの親族によるファミリーグループで、一時、エンヤ自身も所属していた。

 そんなエンヤの「アイルランド風味」あふれる「Book of Days」がエンドクレジットで流れる「西部劇」も、同じ頃、日本で劇場公開となっていた。

 ロン・ハワードが監督、結婚間もないトム・クルーズニコールキッドマン夫妻が共演した『遥かなる大地へ』(1992)である。

 映画は、冒頭、「1892年 西アイルランド 数世代にわたる苛酷な搾取と貧困に苦しむ小作人たちが、不当な小作料と立ち退き要求に、裕福な地主に反抗を開始した」と時代背景を説明、アイルランドの雄大な大自然が映し出される。

「土地は男の魂だ」
「土地が持てたら天国から心から祝福を送ってやる」

地主に反乱を起こし重傷を負った父はこんな言葉を残し世を去った

棺をかつぎ歩く息子ジョセフたち

しかしそこに賃料の督促状を持ちやって来た男たちが家を燃やしてしまう

復讐に燃え地主の家にやって来たジョセフ
しかしあえなく失敗

幽閉されたジョセフの前に地主の娘シャノンが現れる

家出を計画するシャノンは米国で「160エーカーの土地がただでもらえる」と書かれたチラシを見せ、女一人では米国までの船に乗れないから同行するよう提案される。

初めは拒んだジョセフも結局話に乗ることにする・・・

 19世紀の「Irish Question」の一つ「土地問題」そのものに、抑圧され土地に縛りつけられても働かざるを得なかった農民ジョセフは、こうして、「Irish Immigrant」となり米国へと向かった。

 そして『遥かなる大地へ』は「西部開拓」の物語となる。

2人はボストンに着いた

しかしシャノンがなけなしの財産を奪われ

2人は協力して「土地がもらえる」オクラホマへ行く資金を稼ごうと身を粉にして働いた

賭けボクシングで無敵ぶりを発揮するジョセフの「貯金」は順調だったが

試合に負けると結局、無一文で放り出されてしまう

シャノンが重傷を負った

ジョセフアイルランドで農民の暴動に遭いボストンへと来ていた両親のもとにシャノンを送り届去っていく

8か月後 ジョセフは鉄道工事をしながら生活していた

しかし幌馬車隊を目にすると オクラホマを目指す気持ちが再燃

早い者勝ちで「土地がもらえる」「Land Run(Land Rush)」に参加するため準備を進めるジョセフは、両親とオクラホマにやって来たシャノンの姿を目にする・・・

 生まれ育ったアイルランドで土地も持てず、従属的立場に終始、貧困にあえいでいた農民が、自らの土地をもつ夢を米国で達成しようとする物語は、米国先住民の土地を奪い取るものでもあったことを、大半の「全盛期」の西部劇同様、示すことはない。

 白人目線の20世紀前半の西部劇で数多くの傑作を放った「西部劇の神様」ジョンフォード監督には「アイルランド人気質」の人物がよく登場するが、コンビ作も多い西部劇の大スター「デューク」ジョンウェインともども「Irish」の血が流れていた。

 そして、『遥かなる大地へ』のトム・クルーズニコールキッドマンもロン・ハワードも、『パトリオットゲーム』のハリソン・フォードも、そのキャラクターであるジャックライアンにも「Irish」の血が入っている。

 現在、米国の人口の10%強にあたる3300万人が「Self Identified Irish」との統計もある。

 ただし、多民族国家米国では様々な「血」が交わり、もともと『遥かなる大地へ』のシャノン同様「プロテスタントIrish Immigrant」もいて、歴史的にカトリック差別もある米国で、「Irish American」は、いま、プロテスタントの方がカトリックよりも多いとの統計もある。

 そういった意味では、アイルランド島に住む英国人について、北アイルランドの宗教を加味した「Irish」か「British」かの「identity」を示す英国の国勢調査統計も興味深い。

 以下、統計は10年おきなので、最新の2011年データを見ていくと、

 「National Identity」は、「British only」が39.9%、「Irish only」が25.3%。

 それに加え「Northern Irish only」が20.9%。複数回答が可能なため、残りは「Other」と様々な組み合わせだが、6.2%が「British and Northern Irish」と回答している。

 「カトリック」が全人口の40.8%、「プロテスタントなど他のクリスチャン」は41.6%と拮抗している宗教の方から見ると、「カトリック」の53.2%が「Irish only」で、10.3%が「British only」、「Northern Irish only」が26.9%で、複数回答などはどれも少数。

 一方、「プロテスタントなど他のクリスチャン」では68.3%が「British only」、「Irish only」は2.1%、「Northern Irish only」は14.5%で、複数回答では「British and Northern Irish」が11.1%であるのが目立つ。

 複数回答もあるため、より複雑な分析もできるかもしれないが、今回はざっくりと、「カトリックIrish」「プロテスタントはBritish」の傾向はあっても、逆のケースそれなりにある点を確認しておきたい。

 『レクイエム』で、アリスターは、自らの暗黒の過去を顧み、語っている。

「ひとたびテロに手をそめ、組織やグループに加わると心は閉ざされてしまう」

「自分たちのことだけが問題で、カトリックのことなど考えない」

「殺されるのも、苦しむのも、ケアしなきゃならないのも自分たちだけ。カトリックが殺されているなんて頭に入ってこない」

 こうしたグループコミュニティへの帰属に関する問題は、もちろん、紛争に限った話ではなく、いまの内向きになりナショナリズムに翻弄される時代の病巣そのものでもある。

 『レクイエム』では、1975年2008年も、町のプロテスタントカトリックそれぞれの居住地域に、英国旗、アイルランド共和国旗がはためいている。

 いまも、プロテスタントカトリックは分離して住み、子供たちが違う学校に通っている地域は少なくない。

 現在、アイルランドとの間に「Hard border」はないが、北アイルランドの街には、別の「border」「wall」がある。

 「Peace Line」「Peace Wall」と呼ばれる立派な物理的境界たるコンクリートの壁やフェンスである。

 そうした環境で長く暮らしてきた人々の「心の壁」は簡単にはなくならない。

 「時が傷を癒す」と言うのはたやすいが、近親者、知人に、紛争の犠牲者がいて、2009年製作の『レクイエム』の2人同様の心境で暮らしている人々がいまも数多くいるのではないだろうか。

 こうした過去を、そしてさらなる祖先たちの歴史を知らずして、いまを、未来を語ることはできない。

 これからしばらく、英愛関係を中心としたアイルランドの過去を確認していくことにしよう。

(本文おわり、次ページ以降は本文で紹介した映画についての紹介。映画の番号は第1回からの通し番号)

(1398) レクイエム (326) (再)パトリオット・ゲーム (50) (再)遥かなる大地へ

1398.レクイエム Five minutes of heaven 2009年英国・アイルランド映画(日本劇場未公開)

(監督)オリヴァー・ヒルシュピーゲル
(出演)リーアム・ニーソン、ジェームズ・ネスビット

 北アイルランド紛争のさなか、敵対するカトリック青年を殺害したプロテスタントの男と、それを目撃していた被害者の弟の33年後の「再会」を描く『ヒトラー~最期の12日間~』(2004)のヒルシュピーゲル監督によるサンダンス映画祭監督賞脚本賞受賞作。

(再)326パトリオットゲーム Patriot games 1992年米国映画

(監督)フィリップ・ノイス
(出演)ハリソン・フォードショーンビーンリチャード・ハリス
(音楽)ジェームズ・ホーナー

 元CIAアナリストが、たまたま居合わせたロンドンで、襲撃をうけたロイヤルファミリーでもある北アイルランド担当大臣を助けたことから始まる戦いを描くトム・クランシーのベストセラー「ジャックライアンシリーズ」の『レッド・オクトーバーを追え!』(1990)に続く映画化第2弾。

(再)50.遥かなる大地へ Far and away 1992年米国映画

(監督)ロン・ハワード
(出演)トム・クルーズニコールキッドマン
(音楽)ジョン・ウィリアムズ

 19世紀末、米国に「ただで手にはいる土地」を求めやって来たアイルランド人男女を、当時結婚から間もない人気俳優ふたりが演じる『アポロ13』(1995)『ダ・ヴィンチコード』(2006)などのロン・ハワード監督作。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  イタリア人映像作家が残した市民生活のリアリズム

[関連記事]

ファシズムへ突き進んだイタリアの歴史に学ぶ

戦争はこうしてやって来る、巨匠が描く近代史