将棋の名人挑戦権をかけて1年間戦ってきたリーグ戦、第77期A級順位戦の最終9回戦が3月1日に行われる。A級順位戦の最終戦は「将棋界の一番長い日」と呼ばれて注目され、数多くのドラマが生まれてきた。対局が将棋会館で行われるときは、控室が人でごった返して、足の踏み場を探すのも難しくなる。例年、2月下旬から3月上旬に行われるにもかかわらず、あまりの熱気に控室に冷房を入れることも珍しくない。

トップ棋士の名誉と誇りをかけた戦い

 A級順位戦の最終戦が、なぜこれだけ注目されるか。それは歴史と伝統のある名人戦の挑戦者争いに加え、その地位を保つための残留争いも熾烈だから。トップ棋士の名誉と誇りをかけた戦いの中で、悲喜こもごも交錯する一日といえる。A級に在籍していないと、どれだけ実績や力があろうと名人に挑戦できない。

 昔は密室の中で対局が行われた。ファンは将棋会館の大盤解説会以外にリアルタイムで観戦することができない。そのため、全国各地から主催紙や将棋会館に結果を尋ねる電話が多数かかるのが常だった。まれに対局者の家族から戦況を気にする電話がかかってきたこともあったという。現在はネットで観戦できる。時代が変わったものだ。

「落ちると思うと萎縮する」と大山名人

 昭和将棋界の巨人だった大山康晴十五世名人は、「A級から降級したら引退」と噂された。1989年度の第48期A級最終戦は、桐山清澄九段と3勝5敗同士の対戦。敗者は陥落の可能性が高かった(実際、敗者が陥落だった)が、当時の大山は公式戦7連敗中だったにもかかわらず「落ちると思うと萎縮する。勝てばA級に上がれると思うようにした」という。伸び伸び指して桐山を圧倒。大山が勝つと、大盤解説会で拍手が沸き起こり、感極まってハンカチを目に当てる人もいたという。

 その2年後には、大山は68歳の高齢ながら挑戦争いに加わり、最終戦も勝って4者プレーオフに持ち込んでいる。現在48歳の羽生善治九段が20年後にも挑戦争いしていると考えたら、そのすごみがお分かりいただけるだろうか。大山は最晩年まで一流棋士としての活躍を見せたのだった。

「将棋界で一番長い日」の定着

 ところで、A級順位戦最終戦が「一番長い日」と呼ばれたのはいつからだろう。「将棋マガジン1980年6月号で川口篤氏(故・河口俊彦八段のペンネーム)が「将棋歳時記の中でもっとも長い日」と書いている。ただし、これは同日に行われた他の順位戦の対局も含めたもので、A級順位戦だけを示したものではない。

 筆者が調べた範囲では、対局の様子を特集した1982年3月16日毎日新聞夕刊「“将棋指し”の一番長い日」が初出のようである。翌年の1983年3月15日毎日新聞夕刊には「将棋界“A級棋士”の一年で最も長い一日」と記されている。余談だが、1983年のときは特別に大盤解説会が開かれ、超満員の大入りになった。ファンの注目度が高まり、好評だったことからA級最終戦の解説会が定着。現在では最終戦だけでなく、その手前(ラス前と呼ばれる)の対局でも大盤解説会が開かれている。

 話を戻し、「一番長い日」について、専門誌も見たが「棋士の一番長い日」「将棋連盟一番長い日」「大みそか」などと表現が一定しない。「将棋界で一番長い日」というフレーズは、1997年3月に初めて放送されたNHKのBS中継のタイトルに使われたことで定着したと考えられる。前年に羽生七冠王の誕生、将棋を取り上げた朝ドラ『ふたりっ子』が放送されるなど、世間の注目度が高まっていたころだった。密室での戦いが公開され、迫力ある対局が全国各地で観戦できるようになったことは好評を博した。

谷川名人戦登場をかけて和服で対局

 1997年は、7年ぶりの名人戦登場を目指す谷川浩司竜王(当時)だけでなく、対戦相手の米長邦雄九段までも和服で対局した。タイトル戦以外では異例の光景だ。現在、棋界に深く浸透している「自分にたいした影響はなくとも、相手に重要な意味のある勝負に全力を尽くす」という「米長哲学」の表れだった。

 また、小説や映画『聖の青春』で知られる村山聖八段がA級から陥落。結果的にこの日が村山にとって、A級順位戦での最後の対局となった。なお、当時の名人やA級棋士で、現在もA級に在籍しているのは、羽生と佐藤康光九段のみである。

 NHKのBS放送は2012年まで続き、現在はニコニコ生放送AbemaTVによるネットでの動画配信がなされている。

昨年は史上初の6人プレーオフに

 今期A級順位戦の最終9回戦は、3月1日静岡市「浮月楼」で一斉に行われる。静岡でのA級最終戦開催は、2014年3月に「名人戦第0局」と銘打って行われたのが始まり。今回で2年連続3回目となる。

 昨年は6勝4敗の棋士が6人並び、史上初の6人プレーオフとなった。各対戦の勝敗を単純に50%とした場合、最終戦の結果で6人プレーオフになる可能性は、わずか6.25%(16分の1)の確率だった。何が起きてもおかしくない。それが勝負の世界だ。

有利な豊島だが、最後に難関が控えている

 今期の挑戦争いは7勝1敗の豊島将之二冠、6勝2敗の広瀬章人竜王、羽生善治九段の3人に絞られた。豊島と広瀬は初の名人挑戦を目指す。羽生が挑戦すれば2期連続通算9回目で、名人挑戦の歴代1位の記録となる。また、40代に入ってからは5回目の挑戦となり、これも歴代1位だ。

 豊島の対戦相手は久保利明九段。豊島は2018年度の先手番は21勝4敗と非常に高い勝率を挙げている。ただし、久保との対戦成績は14勝15敗。特に先手番は4勝9敗と苦戦している。昨年の第67期王将戦七番勝負では2勝4敗で敗れた。豊島は有利な立場だが、最後に難関が控えている。豊島が挑戦者になれば、平成生まれで初の名人戦登場となる。

 久保は2月25日に第68期王将戦七番勝負で渡辺明棋王に4連敗して、王将を失冠した直後だ。新しいスタートを切るための戦いになる。

 豊島が敗れた場合、2敗同士の広瀬と羽生による直接対決の勝者とプレーオフとなる。広瀬-羽生戦といえば、昨秋の第31期竜王戦七番勝負の記憶が新しい。過去の対戦成績は羽生18勝、広瀬12勝だが、2018年度は広瀬が竜王戦をはじめ6勝3敗と追い上げている。

残留は三浦と深浦の争い

 残留争いは、降級1枠が0勝8敗の阿久津主税八段に決定。もう1枠は2勝6敗の深浦康市九段と3勝5敗の三浦弘行九段に絞られた。

 三浦は対戦相手の稲葉陽八段にはA級順位戦で2連敗。ただ、A級最終戦に強く、これまで10勝5敗。トップで活躍するには、将棋が強いだけでなく、勝負に強いことも大事な要素になる。その勝負強さで三浦は数々の危機を乗り越えてきた。最終戦に負けていたら結果的に降級だったケースは多い。昨年も渡辺明棋王との直接対決を制して残留を決めた。

 深浦は自身が相手の糸谷哲郎八段に勝っても、三浦が負けないと残留できない厳しい立場にある。それでも、残留の可能性があるのは順位が有利だから。同じ成績の者が多数いた場合、前期順位の上位者が有利になる。プレーオフについても、パラマス方式のトーナメントで行われるため、3者以上の場合は順位の上位が有利だ。それゆえ「順位一つが1勝分の価値」といわれる。稲葉も三浦と同じ3勝5敗だが、三浦や深浦よりも順位が上なので、8位を確保して残留を決めている。順位の優位が生きた例だ。

 深浦と三浦は順位戦で因縁が多い。深浦は三浦と同星でも、昇級を逃したり、A級から陥落したりと順位差に泣かされることが多かった。4勝5敗とほぼ五分の成績でも、残留できなかったことが2回もある。それらは昇級に関係のなかった1994年3月のC級2組順位戦の対局に端を発する。そこで勝った三浦が上位に立ち、結果的に深浦は何回も苦汁を飲まされることとなった。現在は深浦が順位一つ上位だ。それを生かして残留できるかもしれない。

 残る佐藤-阿久津戦は、唯一挑戦と残留にかかわりはない対局。佐藤にとってはまさに「順位」戦だ。勝てば最高4位、敗れると最低7位になる可能性がある。「順位一つが1勝分の価値」であることを考えれば負けられない。

 阿久津は残念ながら、すでに降級が決まっている。A級2期目だが、これまで勝ち星を挙げていないのがつらい。今期は王位戦で挑戦者決定リーグに勝ち進んでいるし、イップスかと思われるが、最後に勝って悪いイメージを払拭したい。

 トップ棋士10人が一堂に会して一斉に戦い、それを観戦できる機会はそう多くない。「将棋界で一番長い日」にご注目いただきたい。

(君島 俊介)

千駄ヶ谷にある将棋会館 ©文藝春秋