おなじみ週プレ怪談メンバーと天木じゅんちゃん。季節外れの陽気となった歌舞伎町も、相次ぐ怪談ですぐさま極寒に
おなじみ週プレ怪談メンバーと天木じゅんちゃん。季節外れの陽気となった歌舞伎町も、相次ぐ怪談ですぐさま極寒に

2月23日、東京・新宿『週プレ酒場』にて、「実話怪談イベント『週プレ怪談・極寒』」が開催された。

昨年8月にスタートし、今回で3回目となった「週プレ怪談」。毎回チケットは即完売という、週プレ酒場きっての大人気イベントだ。

今回は、声優ならではのイケメンボイスから怪談を繰り出す浅沼晋太郎、プロ怪談師・村上ロック、実話系怪談を得意とする住倉カオスレギュラー3名に加え、週プレ本誌でもおなじみの怖い話大好きグラドル・天木じゅんが参戦。寒い冬をさらに寒くする、背筋首筋氷点下イベントの模様をリポート!

* * *

「週プレ怪談・極寒」の先鋒は、浅沼晋太郎氏をして"怪談モンスター"と言わしめる村上ロック氏。人が何かを望むとき、その願いを聞いているのは本当に"神様"なのか?

――初詣に足を運んだことのある日本人ならば誰もがぞっとするオープニング怪談『捧げもの』で、早くも会場の気温は急転直下。また「怪談イベントに機材トラブルはつきもの」と浅沼氏が言うとおり、オープニングから複数の音響機材が原因不明トラブルに見舞われたことも恐怖に拍車をかける。

『捧げもの』を聞いた浅沼氏は、「お参りのときのタブーって諸説ありますよね。『よい神様は日中にしか神社にいないから、夜お参りに行くのはやめたほうがいい』とか。たぶん神様もシフト制なんだと思います」と自説を披露。「じゃあ初詣のときって、神様が深夜残業してくれてるってこと?」「けっこう融通がきくんですね」とはしゃぐ天木じゅんちゃんと村上氏に、さすがの住倉カオス氏も「バチが当たりそうだ......」と苦笑せざるをえない様子。ちなみに人それぞれ合う神社・合わない神社があるそうで、一度相性を調べてみるのがオススメとのこと。

イベント冒頭から怪談師の面目躍如たる活躍の村上氏だったが、じゅんちゃんが「こんな素敵な怪談を聞いたのは初めて」と目を輝かせると、「今のもう一回言ってもらってもいいですか?」とメロメロに。怖い話だけでなく、オカルト超常現象も大好きというじゅんちゃんは、現役バスガイドの母親が体験した心霊体験を披露。「お母さんの霊感が強くて」という天木家の秘めたる怪談ポテンシャルを存分に見せつけた。

怪談にちなんだ数多くの神社豆知識を披露してくれた浅沼氏。明日から使える参拝ライフハックである
怪談にちなんだ数多くの神社豆知識を披露してくれた浅沼氏。明日から使える参拝ライフハックである

とある古民家にまつわる怪奇譚(かいきたん)を語ったのは、「この日のためにヤバい話を各所で聞き回ってきた」という取材熱心な浅沼氏。声優としても活躍する同氏ならでは臨場感に富んだ語り口にじゅんちゃんが思わず絶叫し、村上氏が「(今の悲鳴で)心臓が止まるかと思った」と胸を押さえる一幕も。

怪談の随所でガチの悲鳴を上げ、オーディエンスをいい感じにビクつかせた天木じゅんちゃん
怪談の随所でガチの悲鳴を上げ、オーディエンスをいい感じにビクつかせた天木じゅんちゃん

また「ランダムに選ばれたお題に沿って"即興怪談"を披露する」という恒例企画「フリースタイル"怪談"ジョン」では、「お墓」「女の子」といったベタなお題はもちろん、「おばさん」「後輩」といった難題も登場。お題「スマホ」では、浅沼氏がライブ配信中の怪奇現象、住倉氏がテレビ通話にまつわる怪談を披露するなど、怪談界にもIT化の波が到来しているのだということを実感させられた。

"怪談プロデューサー"として数多くの恐怖系・心霊系DVDを手がける住倉氏は、某事件現場の取材で体験した恐怖エピソードを披露。実際のロケ中に撮られたという写真を交えた生々しいトークは、オーディエンスはもちろん週プレ怪談メンバー一同も顔面蒼白になるほど

心霊スポットには『負のエネルギー』が蔓延(まんえん)しているから、無意識のうちに影響を受けちゃう。皆さんも興味本位で足を運ばないほうがいい」とクギを刺す住倉氏に、村上氏も「なるほど。罵詈(ばり)雑言が書いてあるネット掲示板とか見てると、自然と性格が攻撃的になっちゃうのと同じですね」と納得の様子。

住倉カオス氏の生々しい実話怪談を聞いた人はもれなく「これ、冗談抜きでヤバい話なのでは......?」と戦慄を覚えたことだろう
住倉カオス氏の生々しい実話怪談を聞いた人はもれなく「これ、冗談抜きでヤバい話なのでは......?」と戦慄を覚えたことだろう

そして本イベント最後の怪談は、オープニングを務めた村上氏による、某県の某集落にまつわる"とっておきのヤバい話"。村上氏いわく「その土地の名を口にすることすら許されない」ため話の内容をつまびらかにすることはできないが、日本社会の根幹を揺るがしかねないスケールの怪談に、さしもの浅沼氏も「今聞いたことは忘れて早く帰りましょう」と冷や汗をぬぐう。

かくして今回も暗澹(あんたん)たる空気のうちに幕を閉じた、恐怖特濃3時間半の「実話怪談イベント『週プレ怪談』」。なお本イベントの次回、第4回は2019年5月の開催が予定されている。

天木じゅんAMAKI JUN
1995年10月16日生まれ、兵庫県出身。身長148cm、B95 W59 H93。主演映画「ほっぷすてっぷじゃんぷッ!2」DVD3月2日発売予定。グラビアだけでなく女優業など幅広く活躍中! 公式Twitter【@jun_amaki】公式Instagram【@jun.amaki

浅沼晋太郎ASAUMA SHINTAR
作家・演出家・声優・コピーライターとして活動中。怪談に造詣が深く、ホラー劇『ILL』を作・演出。声優としての代表作は『ZEGAPAIN主人公のソゴル・キョウ、『東京喰種』の西尾錦、『ダイヤのA』倉持洋一など

村上ロックMURAKAMI ROCK
怪談師。新宿・歌舞伎町にある怪談BARスリラーナイト」にて、日々、怪談ライブを行なう。3月24日 (日)毘沙門天善國寺(東京・神楽坂)にて開催される「化け猫怪談会」に出演予定。『怪奇蒐集者 村上ロック』がAmazonプライム・ビデオにて配信中

住倉カオスUMIKURA KAOSU
超常現象研究家であり猥談家。怪談プロデューサー。多くの怪談イベントを企画、運営する。男の墓場プロダクションの撮影監督。『住倉カオスの怪談 語ルシス』がAmazonプライム・ビデオにて配信中。

取材・文/結城紫雄 撮影/榊 智朗

おなじみ”週プレ怪談メンバー”と天木じゅんちゃん。季節外れの陽気となった歌舞伎町も、相次ぐ怪談ですぐさま”極寒”に