Dropbox Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 五十嵐 光喜)は本日、複数のチーム管理を可能とする「マルチチーム管理機能」を提供開始することを発表します。

チームの円滑な作業と連携をサポートするために誕生した「Dropbox Business」ですが、お客様のビジネスの成長につれ、チームの構成が複雑化した結果、その対処に苦慮するようになってきたという声を多く耳にするようになりました。そこで私たちは、「Dropbox Business」 の大企業向け製品であるEnterpriseを利用している比較的大きな組織のために、一元管理を可能にするツールを開発することにしました。その第一歩として、このたび、「マルチチーム管理」機能の提供を開始します。これは、管理者が複数いる Dropbox Business チームを簡単に把握し管理できるようにするための新しい機能です。

小規模なスタートアップでは、全員が組織の役割を超えて、協力しながら業務に取り組んでいるため、Dropbox で会社全体を 1 つのチームとして管理するのは自然なことです。ところが企業規模が拡大してくると、それぞれの部署が独立して機能し始めるようになります。こうなってくると、部署単位でチームを作り、各チームを連携させるという構成がより実務に即した形となります。同時に、会社が各チーム内の動きをしっかりと把握できるセキュリティ対策も重要です。「マルチチーム管理機能」は、実際に多くのお客様が直面しているこうした課題に対処します。

また、この機能により、Dropbox Business チームの管理者権限を、チーム外の人にも付与できるようになります。たとえば、営業、マーケティング、財務の各部門が、別々の Dropbox Business アカウントを設定しているとしましょう。この場合、各チームの管理者は、管理者権限を会社の IT チームに与えることができます。権限を得た IT チームは、これら 3 つの Business アカウントのすべてでアクティビティを追跡できるようになります。また、「マルチチーム管理者」は個々のアカウントの設定を変更することもできます。

マルチチーム管理機能」を活用すると、複雑な作業をシンプルにできます。別のチームへのアクセス権が付与されたマルチチーム管理者は、管理しているすべてのアカウントを自由に切り替えられるので、ログアウトログインの操作を繰り返す必要はありません。各チーム管理者が管理権限を保持したまま、会社側でも各アカウントアクティビティを確認できるので、Dropbox Business の拡張や管理がこれまでよりも容易になります。

アクセス許可リクエスト画面
管理コンソール画面
マルチチーム管理機能」は、先行アクセスプログラムをご利用の Dropbox Business Enterprise プランのお客様を対象に、本日より提供を開始します。Enterprise プランの方であれば、機能を有効化したのち各チームから権限を与えられることで、マルチチーム管理者になることができます。管理コンソールからお試しください。

以上

Dropbox について

Dropbox は世界をリードするコラボレーションラットフォームです。小規模なビジネスから大企業まで、あらゆる規模の組織で人々のワークスタイルに変革をもたらします。Dropbox の製品は世界中の創造力を解き放ち、スマートな働き方を支援するために開発され、現在 180 カ国以上で 5 億人を超える方々に愛用されています。米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、世界各地 12 カ所にオフィスを構えています。Dropbox の使命と製品については、https://www.dropbox.com/ja/business をご覧ください。

配信元企業:Dropbox Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ