兵庫県“湯村温泉”でたっぷりの湯けむりと松葉蟹(まつばがに)を堪能して1泊。翌日は日本海沿いに鳥取県に移動し、ラジウム含有量が世界一と名高い“三朝温泉”で名旅館で部屋と湯の往復を楽しむ。最後の観光は国宝でもある「三徳山三佛寺投入堂(みとくさんさんぶつじなげいれどう)」へ。ここまでできる2泊3日の温泉三昧。

◆◆◆

の真ん中に湯けむりが漂う湯村温泉

 温泉がもっとも恋しくなるのは、吐く息が白くなる季節。温泉街に湯けむりが漂う風景は見るだけで温まるし、私などはつい湯けむりの中に顔を沈めたくなる。乾燥した空気に晒(さら)されつづけた肌に、湯気が染み入るようで気持ちいい

 そんな効果を1番体験できるのが兵庫県北部に位置する湯村温泉だ。温泉街の真ん中に川が流れ、その川沿いに98度の高温の温泉が湧き出る源泉「荒湯(あらゆ)」がある。そこにたなびく湯気が、実に理想的な湯けむりなのだ。

 お湯は重曹が含まれていて、少しトロッとしている。ここでは食材を茹(ゆ)でることができて、山菜やタケノコなら灰汁(あく)が抜けて味がまろやかに、野菜は色鮮やかに茹で上がる。

 この風景を活かしたドラマが「夢千代日記」(1981年NHK)。広島の原爆で胎内被爆した女性が温泉地で芸者の置き屋を営む話で、この湯村温泉で撮影された。夢千代の薄幸さが儚く消え散る湯気と重なる。

 宿泊するのは、このドラマの撮影中に主演の吉永小百合さんや樹木希林さんが泊まった旅館「朝野家」。ご主人の朝野泰昌さんによれば、「樹木さんは荒湯の湯気のような女優さんでした。ふぁ~として暖かくて、荒湯のような熱さを内側に持った人でした」。

 朝野家では冬の時期、地元で朝獲れたばかりの松葉蟹(まつばがに)を焼いていただける。寒い夜には布団に「温泉ゆたんぽ」を入れてもらえるサービスがあって嬉しい。

ラジウム含有量が世界一と名高い三朝温泉

 翌朝は、日本海沿いを移動して鳥取県に入る。古事記に出てくる因幡(いなば)のしろうさぎを祀る白兎(はくと)神社を参拝。鳥取砂丘を少し散策してから三朝(みささ)温泉へ入る。

 ラジウム含有量が世界一と名高い三朝温泉が湧く三朝町の皆さんは、みな元気で長生き。自然界にある微量のラジウムは気化して、空気中にラドンとして広がる。免疫力や自然治癒力を高めると言われるラドンを吸いながら温泉に入ることで、細胞が刺激され新陳代謝を促す。地元の人は、半身浴で長湯をするのが習わしだ。

 2日目の宿は「旅館大橋」。まずは名物・巌窟(がんくつ)の湯へ。旅館内にある岩風呂の底から温泉が湧いている。

 生き生きとした湯はラジウム効果に加えて、身体に生気を与えてくれる。この旅館の本館や離れ、大広間棟などは、国の登録有形文化財に指定されている(昭和7年建造)。のんびりと旅館内を散策して、湯と部屋の往復を楽しみたい。

 翌日は国宝であり、日本最古の神社本殿形式の建築物と言われる「三徳山三佛寺投入堂(みとくさんさんぶつじなげいれどう)」へ。現地まで登るのは足元が悪く、よほどの健脚でなければ難しいが、見上げるだけでも一見の価値がある。

(山崎 まゆみ/オール讀物 2019年2月号)

98度の温泉が湧き出る湯村温泉の源泉「荒湯」