フィリーズでは年平均28億円、13年総額368億円で契約合意

 ナショナルズからFAとなっていたブライス・ハーパー外野手フィリーズと13年総額3億3000万ドル(約367億7000万円)で契約合意に達したと米複数メディアが報じた。米スポーツ史上最高総額の超大型契約だ。

 FA選手の史上最高契約総額はマニー・マチャド内野手パドレスと結んだ10年総額3億ドル(約332億円)だったが、その大型契約はもちろん、2014年オフにジャンカルロ・スタントン外野手が当時所属していたマーリンズと結んだ13年3億2500万ドル(約362億円)をも塗り替えた。

 ハーパーの契約の年平均は2540万ドル(約28億円)。これは8年総額2億6000万ドル(約2875000万円)でロッキーズと契約延長したノーラン・アレナド内野手の年平均3250ドル(約36億円)には届かった。それでも、ハーパーには年平均36億円を軽く超える驚愕のオファーが届いていたという。米紙「ニューヨークポスト」のジョエル・シャーマン記者は、自身のツイッターでこう伝えている。

「オプトアウト条項付きで3億ドル超えのオファー、そして短期契約(3~4年)で年単位で4300万ドル(約48億円)のオファーもハーパーの元に確かに届いていた。しかし、彼は結局フィリーズとの契約を好んだ」

 同記者のツイートによると、ハーパーの代理人を務めるスコット・ボラス氏が「目標としては可能な限り長期の契約を結ぶことだ。ブライスは彼の残りのキャリアを一つの都市で送りたいと思っていた。この状況(時期)で、一人の選手が37、38、39歳までプレーできる年数の契約を(選手が)得るのは容易なことではない」と話したという。

 短い期間ではなく、長くチームに貢献する。ハーパーが新天地に求めた条件は、これだったようだ。(Full-Count編集部)

フィリーズとの契約合意が報じられたブライス・ハーパー【写真:Getty Images】