2019年3月1日、中国で空前のヒット作となっているSF映画「流浪地球」が、封切りを迎えた香港では映画館がガラ空き状態に。意外な冷遇ぶりが話題になっている。
中国人が地球を救う」という壮大なテーマを描く「流浪地球」は、中国初の本格SF映画として先月、旧正月に合わせて封切られ爆発的なヒットを記録。現在の興行収入は44億円(約734億円)を突破し、中国の映画市場における興収ランキングで歴代2位につけている。
香港では中国から遅れること23日、先月28日に封切られた「流浪地球」だが、市場の思いがけない冷ややかな反応が話題だ。現在、約50カ所の映画館で上映中だが、メーンシアターの1つ、旺角(モンコック)の映画館では約300席のうち、初回に入った観客数はわずか7人。西九龍の映画館でも全176席のうち155席が空席で、まさにガラ空き状態となっている。
中国で爆発的にヒットしながら、香港で冷遇されるというのは、これまでにも見られる反応だった。香港の映画評論家は「流浪地球」への無関心ぶりについて、SF映画というジャンルが問題だと語る。香港で根強く愛されているのは、おバカなコメディー映画か、あるいはおなじみの香港スターが出演するポリスアクションといったハードボイルド系のもの。香港人の好みに合わないというのが、空席を量産する最も大きな理由のようだ。(Mathilda



その他の写真
1日、中国で空前のヒット作となっているSF映画「流浪地球」が、封切りを迎えた香港では映画館がガラ空き状態に。意外な冷遇ぶりが話題になっている。