「5.17」決戦へ、キューバ合宿から一時帰国「最高の準備ができていた」

 ボクシングワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でWBA王者・井上尚弥(大橋)と対戦するIBF王者エマニエル・ロドリゲスプエルトリコ)。圧倒的に有利とされるモンスター相手対策でキューバ合宿を一旦終え、「500%で仕上げている」と豪語。打倒井上に並々ならぬ自信を明かしている。米ボクシング専門メディアボクシングシーン.com」が報じている。

 記事によると、キューバで強化合宿を進めていたロドリゲスはこのほど、プエルトリコに一時帰国。グラスゴー決戦までの最終調整に突入するという。

キューバで最高の準備ができていた。プエルトリコでの合宿とは全く違った。ここでの合宿が悪いというわけではないが、もっと直接的な準備になったと思う。全く悔いはない」

 このように語り、手応えを隠さなかった無敗王者。第2次合宿の候補地はキューバの首都ハバナだが、ロサンゼルスラスベガスの可能性もあるという。

 「(井上に)勝つには集中力が必要だ。キューバにいる時には集中できていた。戻るかわからないが、プエルトリコでは絶対にキャンプはしない。国外になる」

状態に自信満々「負けること考えてない」「500%で仕上げている」

 母国から離れて統一戦に向けた準備を整える方針を貫く理由は、昨年のWBSS初戦での薄氷の判定勝ちだった。

「我々はイノウエに負けることを考えてはいないよ。500%で仕上げている。ジェイソン・モロニー戦までの合宿はプエルトリコで行った。最高に集中できた、というわけではなかった」

 昨年10月、米オーランドで行われた初戦でオーストラリアの実力者、モロニーと激突。圧勝が期待されたが、左拳を痛めた影響もあり、中盤以降は劣勢に立たされた。井上がリングサイドで見守る中、判定勝ちとなった悔しさを忘れていない。

 今大会の事実上の決勝と呼ばれる無敗王者同士の統一戦。ロドリゲスが「500%」で完成度で立ちはだかり、最強の“モンスター退治”に打って出る。(THE ANSWER編集部)

井上尚弥(左)とエマニエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】